進学探究コース4

進学探究コース4

    最近の記事

    異文化との違い

     私たちは、9月28日の探究の時間に二名のブラジルの学生とリモートで交流会をしました。探究活動としても自分自身としても外国の同じ歳の人としっかりとした交流会は初めてでした。とても大人っぽくて最初は年上の人かな?と感じるほどでした。とても緊張していましたがブラジルの学生が積極的に話をしてくれたおかげでとても緊張がほぐれました。  私が交流していてびっくりしたことは、制服があるということです。私の外国の学生のイメージは私服で過ごしてるイメージが大きく制服はあまり着ないと思っていま

    スキ
    4
      • 生きづらさ

         私たちは、「生きづらさ」について鴻巣麻里香さんにお話を頂きました。 鴻巣さんはソーシャルワーカーという仕事をしていて、人助けをしている人です。例えば、学校のカウンセラーや病院、役所などの場所で主に活動しており、鴻巣さんの場合は、カウンセラーや子供食堂、またシェアハウスを提供するなどたくさんの場所で幅広い活動を行っている人です。  今回のテーマ「生きづらさ」とは、何を指すのか?生きづらさは、差別や病気、お金や暴力のことを表します。そして、鴻巣さんの仕事、ソーシャルワーカーの仕

        スキ
        5
        • 人生の選択肢

           今回、お話を聞いてこれからどのような人生の選択、選び方をどの方向に行けばいいのかすごく心強かった。  今回、お話しいただいたには、榊さんという方で、たくさんのことに自ら挑戦しワークショップを展開するなど市や町を盛り上げているを方です。仕事には二つの稼ぎ方があり、一つは個人商店などでの販売、二つ目は人からもらうものです。人からもらう稼ぎ方には、サラリーマンとフリーランスの二つに大きく分かれ、榊さんは、フリーランスの仕事の仕方でこなしています。フリーランスとは、いろんな場所で働

          スキ
          7
          • 人生を「濃く」するために

             私は、浪人することはあまり良いイメージは持たない。でも、今日小林さんの話を聞いてとらえ方が変わった。  職業で一番安定するのは、国家公務員だ。仕事はとても忙しいが小林さんは、ほかの人に認めてもらえるようにニーズにこたえたり、上司の指示以上(期待以上)の結果を出すためにがむしゃらに仕事をこなしていた。しかし、移動があり、ゼロからのスタートになった。認められるためにと、しごとに支障が出ないように夜に勉強をした。だが、苦ではなく楽しかったそうです。またこの時、他人からの評価重視か

            スキ
            6

            県立医科大学を見学して

            私は、九月九日に福島県立医科大学の医学科を見た。最初は、校内見学がありとてもわくわくしながら一つ一つまわった。中でも印象的だったのは、ドクター-ヘリです。ちかくでみるととてもかっこよく迫力がありました。ドクターヘリを使うときはおもに救急車では時間がかかる場所であったりけがの重さによって決まるそうです。  医学科の講義は自分たちの想像力が試される授業でした。最初に模造紙・ペン・紙・テープが渡され「医師になるための資質とは何か?」についtr考えました。あえて詳しいことは言われず項

            スキ
            5

            未来洞察の授業を受けて

             夏休みの夏季課外授業で未来について学びました。最初は山本さんの話からでした。発展途上国の沿岸部に暮らす人たちの話を聞きました。収入源がゴミの山から出てくる金属類聞いたときはほんとに驚きました。でも、一番気になったのはごみを大量に捨てていることです。環境にも悪いし人にとっても害が出ると思ったからです。  次に、八幡さんから未来はどうなっているか自分たちで考えてそれを発表することを繰り返して未来はこうなるという自分の予想と農業の重要なポイントを掛け合わせて考えを出しました。今な

            スキ
            4

            6次化商品について

            6次化商品とは何か?私は分からなかった。6次化商品とは地元の食材などを加工し全国に発信することだ。中でも印象深かったものは「機能」というワードだった。機能は3つあり、栄養素による生命維持機能(タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル)による栄養機能、呈味・香理・色素成分やテクスチャーなどの五感による近く応答機能などの感覚機能、生活習慣病等の疾病予防に役立つ保健機能などの生態調節機能だ。  みんなが知っていると思うが商品の裏には栄養表示が書かれている。栄養成分の表示が義務

            スキ
            5

            農福連携について学んだこと

            まず、農福連携って何だろうと思いました。一番に思い浮んだのは肥料について学び流れを知るのかなと思っていました。でも、スライドや資料を通して説明を聞いていると野菜や果物を加工して作るものでした。試しにとまわしていただいた今のご時世必要となっているマスクに吹きかけるスプレーでした。植物を使ったスプレーはとてもさわやかでマスクを着けていることを感じさせませんでした。 そして、一人一つ配られたごまドレッシングでした。福島県産のえごまを使用したマヨネーズベースのドレッシングでデザインに

            スキ
            5

            上級学校見学で感じたこと

            大学を見学し、大学生を見て初めて感じたことは、自分たちよりも積極的に意見を出し自分たちでさがし研究しているところを見てとてもすごいと感じた。パソコンなどのデータを使って調べたり、地域の人と直接話していけんを聞いたり、自分ではできないようなことが多くありこれからこんなふうになりたいなと思いました。これから、高校の探究活動を通してたくさんの人と関わり学びそして成長していきたい。

            スキ
            5

            【それしかないでしょ】を読んで

            みなさんは物事に対して「概念」というものにとらわれていませんか? 私自身多くの場面でそのように物事をとらえることがあると感じています。 多くの人は主観的に物事をとらえることが多いですがこのお話ではいろんな視点で客観的にとらえ書かれています。 ある一人の女の子が、家族や周りの大人に話しかける。普通の小説などでは、主人公を中心とし主体的な文を書くのに対し、「それしかないでしょ」では主人公中心であるものの主体的ではなく客観的にものごとを見て書いてあったりたくさんの角度から違った考

            スキ
            5

            地球温暖化について

             私は、今も続いている地球温暖化を早く止めるべきだと考える。 外国のヨーロッパでは特に、再生可能エネルギーが普及しており、たくさんの電気がつくりだしている。年々再生可能エネルギーを使って作り出されている割合が多くなってきている。ところで、再生可能エネルギーとはどのようなものか? 再生可能エネルギーとは、主に石油やガスなどを使用せずに風や太陽光、水、波、地熱を使う発電方法で何度でも使用可能で無くならないエネルギーである。現在、世界では石油やガスから再生可能エネルギーに変える

            スキ
            8