旅する茶室ーー美心禅茶「いつでも心をリセットできる現代の茶器」 #shackmagazine vol.2
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

旅する茶室ーー美心禅茶「いつでも心をリセットできる現代の茶器」 #shackmagazine vol.2

k主宰の川添隆です。 今回は、美心禅茶(ビシンゼンチャ)の旅する茶室を紹介します。

このマガジンでは広義な意味でのD2Cブランド(ユーザーとダイレクトにつながる中小ブランド)の新商品やオススメ商品を紹介いたします。「使い心地が良い、使っていて気持ちがいい(デザインの心地よさも含め)」ようなモノは、結果的に永く使われるのではないか? そういうモノを知る、触れる、買う“キッカケ”ができたらと考えています。
※無論、アフィリエイト目的などではありません。


いつでも心をリセットできる現代の茶器

画像3

<引用:美心Lab

ただでさえ変化が早い世の中の上に、現在はコロナ禍によって日常があわただしくなったり、外出を控えることをストレスに感じて、心が落ち着かない人も多くなったのでは?と思います。イライラしている時や、なんだか落ち着かない時には、フっと一息ついて自分自身をリセットしたいですよね。それには色んな方法がありますが、「お抹茶を点てる」「お抹茶をいただく」のもその1つです。

そこで活躍するのが「旅する茶室」。持ち運びができて、手軽に取り出せて、お抹茶を点てることが可能です。必要な道具が揃って、かつコンパクトな高級桐箱に収納されています。あとはお湯を用意すればよいのです。

画像1

<引用:美心Lab

内容物:清水焼のお茶碗、桐箱、畳マット、茶筌、茶筅くせ直し、一回分ずつ個包装さらた京都・宇治の高級抹茶、京絞り風呂敷


伝統技術の手仕事による国産品を“デザイン”の力で使いやすく

日本国内で手仕事によって作られたモノのみが厳選されています。特に厳選されたモノを紹介します。

主役となるお茶碗は京都・清水焼の伝統工芸師 三代目 陶楽先生によるもの。非常に繊細な模様が丁寧に施されており、何度眺めても味わいを感じることができます。

お抹茶を混ぜるのに必要なのが竹細工の茶筌。これは、500年の歴史を持つ高山茶筌(高山茶筌伝統工芸師 久保恭典先生 作)が選ばれています。奈良・高山地区で一子相伝で受け継がれてきたそうで、一本の竹を裂いて出来上がる茶筌は芸術品とも言えるモノです。

この一式の茶室が旅するために必要な風呂敷。2011年に京都で設立した「たばた絞り」の京絞りです。植物染料を使い、平安の昔から1000年受け継がれた技法で染められています。同じ柄の半手ぬぐいは、お茶碗を拭いたり包んだり、ハンカチとしても活用できます。

それぞれのこだわりの品のデザインもさることながら、特にオールインワンでコンパクトに収納して、気軽に使えるようにした“デザイン”に最大のこだわりを感じます。一見堅苦しさを感じる「お抹茶」を、より身近にするような使い手の気持ちに立ったデザインです。


美心禅茶(ビシンゼンチャ)とは

前進となるTea Ceremony Salon produced by Mikiko Konoが2016年にスタート。代表の河野 美紀子氏がプロデュースしたブランド「美心禅茶」とともに、2019年に美心LAB株式会社を設立。

一般的に想像される「茶道のかたくるしさ」ではなく、現代における日常的な暮らしの中で楽しむ「お抹茶時間」を提案するブランドです。

例えば、コーヒーであれば、インスタントやコンビニコーヒー、自宅でドリップする、カフェで楽しむ、本格的なスペシャルティコーヒーを楽しむなど、時代を経て楽しみ方が多様化してきました。「美心禅茶」を通じて、お抹茶にもその選択肢を提示されていこうとされています。

また、2020年3月より、毎月届くお抹茶サブスクリプションサービスがスタート。

良質なお抹茶を手に入れるための、「買い方・買う場所がわからない」「手軽に買いたい」といったユーザーの悩みを取り除き、日常的な「お抹茶時間」という体験を提供するためのサービスです。


旅する茶室はコチラ

受注生産。お届けはご入金確認後から約2週間の予定。

ちなみにshackでも旅する茶室を愛用しております(現在、shackはしばらくお休み中)。

画像2


原宿キャットストリート裏にある“身軽な実験スペース”「shack」
Twitter:@shack_evanh

shackmag:手ざわり感のあるモノーー広義なD2Cブランドの商品を紹介

shackmag:“新しい”ブランド・場所・課金への挑戦


この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
人を中心としたコトとモノの収集・発信するプロジェクト“shack”です。“手触り感”のあるブランドやモノ・サービスとは何かについて考え、発信していきます。