【21’ 新卒座談会】若手エンジニアの今。そして、その先にある未来とは。
見出し画像

【21’ 新卒座談会】若手エンジニアの今。そして、その先にある未来とは。

千株式会社

21'新卒エンジニアメンバー紹介

画像4

2021年4月に新卒エンジニア4名が入社してから3ヶ月が経ちました。
「千を選んだ理由」「入社後に感じていること」「自身の課題やこれからの目標」などをテーマに座談会を行い、活発に意見交換してもらいました。

この記事は転職活動中の経験豊富なエンジニアの方にもおすすめです。記事を読むことで、千にはどんな若手たちがいるのか、イメージを持っていただくことができます。

4人を表す言葉
「ユーモア」「コミュ力」「積極的」「負けず嫌い」

みなさん、最初に自己紹介をお願いします。自分がどんな性格なのかも併せて教えてください。

伊藤:
はいチーズ!事業部のアルバム開発グループの伊藤です。性格・・・、難しいですね、みんなに聞いてみてもいいですか?
坂野:
伊藤くんはユーモアとコミュ力のある人です。自分でもブログやって発信してますし。
伊藤:
そうですね、プログラミングについて、勉強したことや気づいたことを書いてます。でも、コミュ力で言うと中村の方があるんじゃないかなと思います。よく笑ってよく喋ってます(笑)
中村:
私の所属しているものづくり部のSREグループは、チーム全体でまめにコミュニケーションを取っているので、おのずと自分もよく喋ってます。

他己紹介になってきましたがこの流れでいきましょう。中山くんはみんなから見てどうですか?
坂野:
何でもチャレンジして、積極的な性格だと思います。フットサル部、ボードゲーム部、ボルダリング部と3つも部活に入ったり、勉強会にどんどん参加しに行ったり。
中山:
そう言われるのは嬉しいです。寂しがり屋なのかもしれないです。今住んでいる家もシェアハウスですし。でも積極性で言うと、坂野の方がすごいです。いつも芯食った質問をがんがんしています。
坂野:
負けず嫌いなんですよね。周りはみんな年上ですけど、負けたくないっていう気持ちがあります。今は勝てる部分は何も無いですけど、ずっと負けたままは嫌なので、どんどん前に出ていかないといけないと思ってます。

画像2

▲先輩エンジニアとミーティング(中山)

入社を決めたキーワード
「子どもに関わる事業」「保育業界のDXを担う」「成長の機会」

みなさんどうしてエンジニアという職を選んだんですか?
坂野:
大学で数値計算の授業があったのが興味のきっかけです。機械学習やウェブエンジニアのインターンに参加したりする中で、ますます面白い職業だと感じるようになりました。
中村:
私の場合、父親がエンジニアだったので、昔からなんとなく気になっていました。就活のときにじっくり自分は何がしたいのかを考えたときに、ふと思い出し、プログラミングの勉強をし始めました。

そんな中、千を選んだ理由は?
中山:
まずサービスの対象が子どもというところです。学生時代に塾講師や海外の子どもの日本語教師をする中で、子どもに関わる仕事が好きなんだなと気づきました。
中村:
私は社会学部で幼保領域についても学んでいたので、DX化というのは大きな価値があると感じました。社会貢献をエンジニアリングを通じてできるというのが魅力でした。
伊藤:
事業の社会的意義というのもありますし、面接を通じて、今まさに技術力強化に力を入れていると伝えてもらったので、そのフェーズに加わることが自分の成長につながると思いました。
坂野:
私も成長という観点が大きいです。複数のプロダクトで、Web開発、インフラ、機械学習など幅広く関わるチャンスがあったので、いろんな経験を積む機会を得られると思いました。

画像3

▲今読んでいる本(中村)

先輩たちとの差を感じる日々。それでも前を向いて自己研鑽に取り組む。

入社して3ヶ月、どうですか?
中村:
技術面の高さだけでなく、仕事の回し方、提案力とかも、先輩たちすごいな、と思っています。いろんな案がすぐ出てくるし、ここまで考慮して考えてるんだ、と勉強になることが多いです。
中山:
毎日大きな壁を感じて、落ち込むこともあります。でも、自分の課題が見つかってそれでやる気が出たりもします。繰り返しながら成長していこうと思っています。

スキルアップのために何かしていることはありますか?
伊藤:
ブログを書いている以外に、友人と一緒にゲーム開発をしています。参考書で一から調べて、本気で面白いと思うものをつくることでスキルアップを狙っています。
中村:
友達と一緒に、というのはいいやり方ですよね。自分も一人だと頑張りきれないので、最近は「輪読会を一緒にやりませんか?」って先輩にお願いして、分厚い本を一緒に読んでいます。
坂野:
私は週1でQiitaに投稿するというのをやってます。あと、最近読んでいるのが『アルゴリズムパズル』です。プログラマのアルゴリズム的思考を鍛えるための本なんですが、おすすめですよ。

これからどんなエンジニアになりたいですか?
伊藤:
がんがん意見を言えるエンジニアになりたいです。サービスを良くするためには、技術力だけでは駄目だということをこの数ヶ月で強く感じました。周りの先輩方は、他の人には無い視点の意見を出したり、ぶつかりがあっても言いづらい意見を質を高めるために言ったりしているので、自分も見習いたいです。
中村:
今はインフラ関連の業務をしていますが、いろんな課題にアプローチできるエンジニアになりたいです。幅広い技術を学べるチャンスが千にはあると思うので、ステップアップしていけるようになりたいです。

最後に、「これから大事にしていきたいこと」を一言!

画像3

みなさん、ありがとうございました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
また見てください♪
千株式会社
保育・子育てTechの千株式会社。 2019年10月~noteを始めました!今までのブログは「千株式会社ブログ」で検索してみてください!