京都府内の石造物㉑:延命寺五輪塔、層塔

画像7

画像2

名称:延命寺五輪塔、層塔

伝承など:なし

所在地:京都府木津川市山城町椿井


JR奈良線上狛駅から北に数百メートル行った椿井の集落にある延命寺には、鎌倉時代の石造物が二基ある。

そのうち境内の西端に建つ五輪塔は、鎌倉時代後期の作で、同じ木津川市の泉橋寺の五輪塔とよく似ており、同時期に同じ石工集団によって造られたものであろう。

層塔も相輪が欠損しているが、鎌倉時代後期の作である。


なお、JR上狛駅周辺は、山城国一揆の中心となった国人・狛山城守の屋敷跡とされ、現在も上狛環濠集落と呼ばれるこの地域は、周囲を堀で囲まれ中世の面影を残している。

画像7

集落の中にある西福寺は、狛氏の菩提寺であり、境内には狛氏の墓所とされる石塔群(下の写真二枚目)がある。

その中には、戦国時代末期の当主で、織田信長に味方した狛秀綱の墓(下の写真三枚目)もあり、狛秀綱の没年である天正十二年銘を刻む陽刻五輪塔碑である。

画像4

画像5

画像6

相楽郡精華町の稲八間(いなやづま)は、山城国一揆の末期に守護・伊勢氏の支配に最後まで抵抗した国人が立てこもった稲屋妻城(下の写真一枚目が稲屋妻城跡遠景)があり、城跡に近い北稲八間墓地には戦国期の五輪塔群がある。

国一揆との関連は不明であるが、地元では一揆の国人の供養塔とされている。

五輪塔群の中にある地蔵石仏は天文六年銘があり、逆修の主旨が刻まれていることから「逆修の碑」と通称されているが、天文六年は戦国期で国一揆の時期とはかなり隔たりがあり、かつ生前供養の石塔であるから実際には国一揆とは関わりはないものと思われる。

画像11

画像7

画像8

画像9

画像10

#京都 #木津川市 #山城町 #上狛 #椿井 #延命寺 #五輪塔 #層塔 #鎌倉時代 #上狛環濠集落 #西福寺 #狛氏 #狛秀綱 #山城国一揆 #逆修の碑 #稲屋妻城 #北稲八間墓地 #石塔 #歴史 #日本史


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
日本国内の石塔・石造物に関する記事と、歴史ドラマ・映画のレヴューを中心に書いています。

こちらでもピックアップされています

京都府内の石造物
京都府内の石造物
  • 43本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。