新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Withコロナ時代のテクノロジー活用例「サッカーのトレーニングは安全か?」

社会全体がソーシャルディスタンスを確保しながら歩みを進めていかなければならない「Withコロナ」の時代。これまで以上にテクノロジーの有効活用が重要になる。

今回は、テクノロジーを活用して安全なサッカーのトレーニング法を導き出したイングランド・プレミアリーグの事例を紹介したい。

プレミアリーグのトレーニングでは、2メートル以内の接触時間は、平均1.8秒まで短縮

イングランド・プレミアリーグのチームに対し、GPS(全世界的な位置測位システム)を用いた計測デバイスを提供する「STATSports」は、新型コロナウィルス流行以前のトレーニングデータを用いて、プレーヤー同士の接触時間を正確に特定したと発表した。

選手を中心に直径2メートルの円の中に入った人の滞在時間を計測したそうだが、その結果は、なんと1日のトレーニング(おそらく2時間程度だろう)で平均3.3秒しかなかった。

さらに過去のデータを活用し、接触時間が少ないトレーニングメニューを洗い出し、メニューを組み直すことにより、接触時間を1.8秒にまで減らしたという。

※拙い英語力なので、もしも間違いがあったら指摘してください。

各カテゴリーに応じた練習メニューのプロトコル提供に期待

この結果をそのまま地域のスポーツクラブが鵜呑みにして良いかと言うと、当然そうではない。

このデータは、あくまでもイングランド・プレミアリーグというトップレベルで、しかも分別のある大人が実施した結果であり、極端な例で言えば、ゲームをすればすぐに「団子サッカー」になってしまう園児や小学低学年の場合には、別の安心・安全対策が必要となる。

また、日々の練習では、水分補給や、メニューの合間の休憩、コーチが選手に近づいての指示など、接触を伴いそうな危険は多く孕んでいるので、これらにも注意が必要だ。

さすがに計測デバイスをつけて練習できるような裕福な地域スポーツクラブは日本には数少ない。今後は、このような情報をもつクラブ(例えばJリーグの下部組織など)が、データを開示して安全にトレーニングができるルール・プロトコルを作り上げていくような取り組みが起きることを期待したい。


取材・文: 瀬川泰祐(スポーツライター・編集者・プランナー)

ただいま、スポーツを愛する人たちで繋がって、コンテンツ制作をゆる〜く楽しむ仲間を募集しています。6月下旬または7月上旬にサークルメンバーで集まって、第一回目のZoomイベントを開催予定です。詳細は、サークル内の掲示板で近日中に発表したいと思っています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

瀬川泰祐の記事を気にかけていただき、どうもありがとうございます。いただいたサポートは、今後の取材や執筆に活用させていただき、さらによい記事を生み出していけたらと思います。

次も「スキ」をもらえるように頑張ります!
78
東洋経済、ITメディア、OCEANS等で執筆中。HEROs公式スポーツライター、アスリートライブ編集長、ファルカオFC理事。取材テーマは「Beyond Sports」。社会との接点からスポーツの価値を探る。興行ビジネス歴20年。http://segawa.kataru.jp

こちらでもピックアップされています

#スポーツ 記事まとめ
#スポーツ 記事まとめ
  • 3953本

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。

コメント (1)
こんにちは
とても面白い記事ですね!

よかったら私たちのnoteも覗いてみてください^^
20卒の働き方記事書いてます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。