世代-SeDaI-
"放射線"と"X線"と"レントゲン"
見出し画像

"放射線"と"X線"と"レントゲン"

世代-SeDaI-


新人
「先輩!教えてください!」

先輩「おお、どうしたん?」

新人「“放射線”と“X線”と“レントゲン”って、何が違うんですか?」

先輩「……そんなことも知らんと放射線技師なったん?」

新人「一応、授業では習いましたよ?けど、”同じ意味”って教えてもらっただけで、詳細は聞いてなかったんですよねー」

先輩「確かになあ」

新人「そういう先輩は、この3つの違い、分かるんですか?」

先輩「うっ…(コイツ痛いとこつきよるな)」



Question1.

“放射線” と ”X線” と ”レントゲン”
3つの違いってなに?


先輩「まず、“放射線”っていう大きな分類があって、その中にα線、β線、γ線……っていう、色んな種類の線があるわけよ。その内の一つが”X線”な」

新人「なるほど!」

先輩「で、この”X線”を見つけたのが“レントゲン”って人」

新人「ほうほう」

先輩「……以上や」

新人「ん?じゃあなんで、”レントゲンを撮る”って言うんですか?レントゲンはX線を発見した人の名前だって、先輩言ってたけど…おかしくないですか?」



Question2.

"X線"は放射線の一種。
では、"X線"="レントゲン"とされる理由は?


ベテラン「それはね、名付け親がそれぞれ違うからだよ」

先輩「……?どういうことですか?」

ベテラン「X線という名称は発見者であるレントゲンが名付けたんだけど。レントゲン…正確には“レントゲン線”という名前は、周囲の科学者たちがつけた呼び名なんだ」

新人「へえ~」

ベテラン「X線が発見された直後、まだ“X線”という名称がなかった時期だね。周囲の研究者たちは、発見者に因んだ”レントゲン線”という名称を用いて活発な議論を繰り広げた。でも、レントゲン本人は自分の名前を付けられるのが嫌だったみたい。後に”X線”という新たな名称を発表し、そちらを世間に広めようとした」

新人「なるほど!結果、広まったんですか?」

ベテラン「ちゃんと広まったよ。ただレントゲン線という名称が浸透していたのも事実でね。名前以外の意味で”レントゲン”という言葉が用いられるのは、それが原因さ。……まあ諸説あるだろうし、しがない一説として受け取ってもらえるとありがたいな」

新人「ありがとうございます!勉強になります」

先輩「(……俺も覚えとこ)」


"X線"は発見者、"レントゲン(線)"は周囲の研究者がつけた名称。
それぞれが指す内容はほぼ同じと考えて良い!


この記事が参加している募集

私の仕事

仕事について話そう

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
世代-SeDaI-
清恵会第二医療専門学院を卒業した診療放射線技師たちの同窓会組織です! 職場も性格もバラバラな3名が思ったことを綴っていきます('ω')