見出し画像

シバタタツヤ写真展[1 to 1]-繋ぐ-

京都で再び写真展の開催が決まりました。
場所は京都府立京都学・歴彩館。会期は10月1日〜31日まで。※休館日は、9日(水)・14日(月・祝)・22日(火・祝)

タイトルは『[1 to 1](ひととひと)-繋ぐ-』

今回の写真展開催にあたり、提案・企画してくださった京都府立京都学・歴彩館の方々には感謝の念に堪えません。本当にありがとうございます。

なぜ僕が笠置のひとたちの写真を撮り続けているのか。
笠置町民のひとりとなって、写真を撮ることの意義。
ひとりひとりと向き合って、写真を残すことの意味。

まだまだ未熟な写真家が何を次世代に繋げていきたいのか。

愛することとは一体何なのか。

ひとりひとりの人生のなかで、誰もが自分自身の世界地図を創っていくように、僕も人生を旅している。どんなに荒れた日も、澄み渡るような青空の日も。

辛い日々も、絶望の1ページも決してなくなりはしないけれど、それでも自分の人生がひとつの物語になったとき、その絶望すらも希望への伏線だって笑うことができたら素敵だ。

いま僕がこうして運と縁に恵まれて「しあわせな人生だ」と誇れるように、諦めさえしなければ必ず希望は訪れる。

僕がこの町に、ひとに、出逢ったように。

だからこそ。
この町に生きるひとたちが、この町を誇りに思えるような瞬間を写し続けていきたい。

ひととひと。
繋いでできた結び目が”絆”なのだとしたら。

絆と絆がつくる結び目こそが”希望”なんじゃないかって。

人生と写真を通して、この世界に希望を残したい。
そのための人生だ。

"Life is HOPE"

シバタタツヤ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
世界がやさしくなりますように!
12
職業は人間。 写真と言葉を通じて、大切な想いを共有していきたい。 https://www.sbttty.com

こちらでもピックアップされています

[1 to 1]- hito to hito -
[1 to 1]- hito to hito -
  • 17本

日本で二番目に人口が少ない町、京都・笠置町。 いまを生きる子どもたちが大人になったとき。 この町に生まれたことを。 この町で生きていることを。 心から誇りに思えたら。 いまより少しだけ素敵な未来がやってくるんじゃないか。 そんな思いを繋いでいきたい。 写真と言葉で紡いでいきたい。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。