こざるだいすけ

上場企業からスタートアップへ/30代未経験でSaaS業界へ/ourly株式会社という会社でインナーコミュニケーション活性化の支援しています/コーチングもやってます/インナーコミュニケーション活性化とコーチングで楽しく働くを全員に届けるが最終目標

こざるだいすけ

上場企業からスタートアップへ/30代未経験でSaaS業界へ/ourly株式会社という会社でインナーコミュニケーション活性化の支援しています/コーチングもやってます/インナーコミュニケーション活性化とコーチングで楽しく働くを全員に届けるが最終目標

    最近の記事

    【読書記録】エッセンシャル 戦略的ブランド・マネジメント1章

    こんにちは、さるこじといいます。 今、D2Cに関する知識をインプット中なのですが、その中でも中心になりそうな分野である「ブランディング」についてキャッチアップを始めました。 ブランディング分野研究の第一人者、ケビン・レーン・ケラーの著作「戦略的ブランドマネジメント」の要点をまとめた「エッセンシャル 戦略的ブランドマネジメント」を読んでいます。 (エッセンシャルとはいえ450ページくらいありますが…) ボリュームがあるので1章ずつまとめていきます。 第1章 ブランドとブ

      • 【読書記録】水野学のブランディングデザイン講義

        こんにちは、さるこじといいます。 今、D2Cに関する知識をインプット中なのですが、その中でも中心になりそうな分野である「ブランディング」についてキャッチアップを始めました。 ケビン・レーン・ケラーやデービッド・アーカーなど、学者による骨太な「ブランド論」的な所もインプット中ですが、まずは現場最前線で活躍されており、読み物としても面白そうな水野学さんの本から。 水野学さんの慶応義塾大学での講義の一部をまとめた本です。 水野学さんというと、くまもんや茅乃舎のリブランディング

        • 【読書記録】D2C 「世界観」と「テクノロジー」で勝つブランド戦略

          こんにちは、さるこじといいます。 先日「D2C」に関する参考になりそうな本をまとめましたがその一冊目として「D2C 「世界観」と「テクノロジー」で勝つブランド戦略」を読みました。 D2Cの定義、D2Cの特徴・どんなビジネスモデルなのか、海外での事例、今後のD2Cの展望が網羅的に書かれており、D2Cについて学ぶ入り口として非常に参考になると思います。 ただ筆者も書いていることですが、アメリカと日本ではD2Cが 「提供できるメリット」が異なるため、アメリカの事例がそのまま日

          • 【D2C】参考文献一覧作成しました

            こんにちは。 さるこじといいます。 毎月テーマを決めて学んでいるのですが6月は 仕事:D2Cについてお客さんに教えられるくらい詳しくなる 教養:高校までの英文法を復習し、「何故そうなるか」までわかるようにする 趣味:料理のレシピを増やし、栄養バランスの良い献立を立てられるようになる の3テーマ学んでいこうと思います。 もう少し中長期的な目標については追って書きたいと思います。 今日はD2Cを学んでいく前段階として、参考文献の一覧=情報マップを作成しました。 読んだ本リス

            ソフィーナipはなぜ売れているのか|コスメのマーケティング的分析#3

            こんにちは、さるこじといいます。 化粧品開発をサポートしており、年間20製品以上の立ち上げを行っております。 早速ですが私が発売時から注目している花王の「ソフィーナip」を4Pの視点からマーケティング分析をしてみました。 2年前に発売された製品なので今更感はありますが、今でも非常に売れている商品で、製品設計的にもプロモーション的にも面白い製品のため、紹介したいと思います。 Product一番の特徴は「Wセラムシステム」と名付けられた、美容液を2種類組み合わせて使う製品構成

            新規顧客獲得の経路が「展示会」しかない会社が知るべきこと|BtoBマーケ導入の軌跡 #0

            こんにちは、さるこじといいます。 BtoBのビジネスをやっている会社にとって「新規顧客の獲得」は売り上げを拡大していくうえで必ず必要になる一方、既存より手間がかかりすぐに売り上げに貢献しないため、後回しになりがちです。 普段新規開拓は営業に任せっきりで、唯一会社として取り組んでいる新規開拓のための施策が「展示会」という会社も、特に中小企業では多いのではないでしょうか。 もちろん展示会は短期間で大量の見込み顧客にアプローチできるため、 新規獲得の有効な施策の一つです。 しか

            小さい組織の運営には結局何が必要なのか|「東大卒、農家の右腕になる」の読書メモ

            こんにちは、さるこじといいます。 Twitter上で話題になっている書籍 「東大卒、農家の右腕になる」 を読みました。 鬱で休職していた著者の佐川さんが、ふとしたきっかけで「阿部農園」という梨の個人農家に入り、そこで「農家の右腕」として経営改善をしていった記録を本にまとめたもので、「なぜ東大卒が梨農園に入り、何をしたかの物語」と「経営改善の中身の解説」という二部構成になっています。 「経営改善の中身の解説」はビジネスに必要なことが広範囲に網羅されつつも、その中から本当に現

            「言語化する」とはどういうことか|サッカー漫画から学ぶ言語化の意義

            こんにちは、さるこじといいます。 最近ハマっている漫画に「アオアシ」というサッカー漫画があります。 これまであまり題材にならなかった「クラブユース」が舞台のサッカー漫画で、単純にストーリーも面白いのですが、 ・サッカーの理論が細かに描かれている ・マネジメントのあり方が学べる ・部活動とユースの日本サッカーへの影響 など、大人でも楽しめる要素がたくさんあります。 『アオアシ』は、小林有吾による日本の漫画作品。監修はスポーツライターの飯塚健司。Jリーグのユースを扱っている

            どんな仕事にも即効で活きる本5選|在宅期間中にコソ練しよう

            こんにちは、さるこじといいます。 在宅勤務の期間は、自由な時間も多く一から新しいことを始めるのにはうってつけの期間です。 実際私も、 ・朝5時起き ・noteでのアウトプット ・筋トレ をこの在宅勤務の間に習慣化できました。 もし、「4月からずっとダラダラしていて、何もしてないなあ」という方がいれば、ベタですがまずは読書から始めませんか。 ビジネス書を読んでも実際仕事ではあまり使えない、と思っている方も多いかもしれませんが、それは ・読む本 ・読み方 が悪い場合がほとん

            資生堂がTVCMを止めるらしい|TVCMとネット広告についてあらためて考えてみた

            こんにちは、さるこじといいます。 先日、ネットの記事で中々衝撃的な記事がありました。 化粧品大手の資生堂が広告をデジタルにシフトし、TVCMをはじめとする広告への出稿を限りなく0に近づけていくという内容です。 第二四半期の決算報告でさらっと発表されていましたが 個人的にはかなりのインパクトのある内容だと思いました。 ちなみにこの件、Twitter上でもあまり大々的には話題になっていないのですが何故でしょうか… 皆さん「まあ、いつかはこうなるよね」と思っていたからなのでし

            レイングッズの注目ブランドについてマーケティング的に分析してみた|株式会社ワールドパーティーの#マーケティングトレース

            こんにちは、さるこじといいます。 先日、株式会社ワールドパーティーという会社についてマーケティング的に面白い会社だよ、という投稿をしましたが、 今日はより詳しくマーケティングトレースしていきたいと思います。 ※マーケティングトレースとは 外部環境(PEST分析)→STP→4P の順で分析していきます。 株式会社ワールドパーティーの基本情報株式会社ワールドパーティーは、大阪市住吉区我孫子に本拠を置くレイングッズメーカー。 1994年に前身の洋傘加工業であった株式会社中村

            ワールドパーティーという会社が面白い|マーケティング近視眼から抜け出した好例

            こんにちは、さるこじといいます。 突然ですが「株式会社ワールドパーティー」という会社をご存じでしょうか。 【Wpc.】という傘のブランドや 【Kiu】というレインポンチョのブランド などを展開しているレイングッズの企画・販売をしている会社です。 最近では、Amazon、楽天だけではなく、【Adam et lope】などのセレクトショップ、おしゃれ家具屋の【ACTUS】などでも取り扱いがあり、ファッション雑誌でも積極的に広告を出しているので目にされたことがある方も多い

            手作り餃子でPDCA回してたらめちゃめちゃ美味しくなった話|一番小さなPDCAの回し方

            こんにちは、さるこじといいます。 コロナ禍で4月から在宅が基本になった影響で、料理を作る機会がかなり増えました。 妻もフルタイム勤務のため、元々平日朝と土日の夜は私が作っていたのですが、4月からは平日の夜も私が作っています。(あれ、ほとんど全部作ってる…) 特に餃子は2人とも大好物なので週1くらいで作っていたのですが、 餃子作りでPDCA回していたら4月に比べて格段に美味しくなりました。 PDCAを回すといっても、日々の料理であまり手間がかかることはやりたくないので最低

            GUのメイク品は売れるのか?|GUのメイクをマーケティング的に分析してみた

            こんにちは、さるこじといいます。 昨日、GUが新しく発売するコスメブランド「#4me by GU」について、 なぜメイク品を発売したのかについて考察してみました。 今日はより具体的に、マーケティング的な視点から「#4me by GU」を分析し、「#4me by GUは結局売れるのか?売れないのか?」について考えてみました。 PEST分析まずは外部環境の分析です。 外部環境分析によく使われるPEST分析に則って、下記の表にまとめました。 やはり現在はコロナウイルスが、

            GUはなぜメイク品を出したのか|化粧品を作る中の人的分析

            こんにちは、さるこじといいます。 先日GUがメイク品を発売するとニュースがありました。 化粧品の受託製造を行う業界にいる私にとっても非常に興味深いニュースです。 Twitter等を見ても注目度は高く、 ・パッケージの可愛さ ・種類の豊富さ ・そして圧倒的なプチプラ から、欲しい!買う!という方も多いようです。 (ブランド名に#を頭に着けたのはTwitterやインスタで自動的にハッシュタグ化されるのを狙ってなんでしょうか。やはりコスメの認知の中心はインスタですもんね。ググ

            資生堂の「Optune」がサービスを停止した理由を勝手に考えてみた

            こんにちは、さるこじといいます。 資生堂のサブスク化粧品「Optune」がひっそりとサービスを終了していました… ネットで検索しても公式HPにペロッと書いてあるだけで何も情報が出てこない… Twitterで見る感じ、4月ごろには利用者に案内があり、2020/06末で終了だったようです。 個人的にはけっこう注目していて、 ・化粧品のサブスク ・パーソナライズドコスメ ・大手のD2Cへの取り組み など、化粧品業界が今後進んでいくであろう方向の試金石になると思っていたため、こ