見出し画像

いろいろな種類の砂糖(駒場東邦中・化学)

はじめまして、サボと申します。
実質的な初note投稿でござます(*'ω'*)w
投稿ボタンを押して最初に思ったのは、『白い』。。。
あまりになさ過ぎるUIで驚きました(^^;
この白いキャンパスに自分の言葉を描いていく楽しみを味わえたらいいなぁ( ̄人 ̄)ウットリ

私は入試問題(主に中学受験と高校受験)を解いて、その解説をブログにあげている身なので、入試問題を通じて何か語っていけたらなと。

学校の勉強なんて役に立てねぇよ!( `д´)ケッ
と思われる方もいるかもしれませんが、入試問題っていろいろ学べることがあるんですよ!

初回は化学分野から砂糖のお話です。

駒子さんの家で、お母さんが「氷砂糖」を使って梅酒をつくっていました。氷砂糖はキャンディーと同じような大きさのかたまりで、1つもらってなめてみると、あっさりした甘みがしました。お母さんに尋ねると、砂糖にはいろいろな種類があり、私たちが普段、砂糖とよんでいるのは、「上砂糖」という砂糖で、お料理に使っているのも上砂糖であると教えてくれました。氷砂糖はゆっくり溶けていくのでおいしい梅酒をつくれること、コーヒーや紅茶に入れるスティックシュガーは「グラニュー糖」という砂糖であることも教えてくれました。家にある砂糖を調べてみると、上砂糖はふわっとした粉状、グラニュー糖はさらさらした小さい粒状でした。また、茶色の「コーヒーシュガー」もありました。コーヒーシュガーは氷砂糖にカラメル溶液を加えてつくった大きな粒の砂糖でした。(2019年 駒場東邦理科大問2)

学生の頃、料理のしないサボは、砂糖というと紅茶にいれる砂糖を認識していました。コーヒーや紅茶など嗜好品がつまった棚に置いてある透明なビンにつまっていて、フタを空けて、中にある小さな銀色のさじでサラサラした砂糖をリプトンによく入れてました。

でも、棚とは別のところ、塩や胡椒といった調味料があるケースにも白い粉末状のものがありました。それがなんなのかは特に気を留めなかったのですが、大人になって気づきました。それも砂糖だと(*'ω'*)w

なんでキッチンに2つも砂糖があんねん!!

大人であれば、紅茶に入れるグラニュー糖と、料理に使う上白糖(じょうはくとう;問題文でいう上砂糖)は違うものとわかるのですが、子供は聞く機会がないとずっとわからんのですよね。

こっちにも砂糖があると教えてくれたら良かったのに…。

そうしたら、なぜ同じ砂糖なのに異なる種類で売られているのだろうと、日常の生活空間で科学的な疑問点を得ることが出来ますよね。
これって学習で大事なことだと思います( ˘ω˘ )

さて、上白糖とグラニュー糖の違いですが、調べてみても結構わかりにくかったです。。。
原材料は同じなのですが、上白糖はブドウ糖や果糖が若干含まれているようです。食感や味わいがグラニュー糖と異なり、しっとりとした感じになるんだとか…。

ただ、細かく調べてみると、どうやら海外で一般的な砂糖はグラニュー糖で、上白糖がここまで消費されるのは日本独特なんだとか。。
海外の和食料理店では、上白糖をわざわざ日本から輸入しているのでしょうか?

梅酒を缶で買ってしまうサボにとって、梅酒作りに氷砂糖が最適とは初耳なのですが、どうやらゆっくりと糖の濃度を上げていくことで梅の急激な脱水を抑え、表面をシワシワにさせないんだと。
確かに、梅酒に入ってる梅は見た目がツルツル('ω')
シワシワの梅は、なんかヤダ…。

(1)上砂糖やグラニュー糖と比べて、氷砂糖がゆっくり溶けていく理由を砂糖粒子の並び方と関連させて説明しなさい。

氷砂糖の砂糖粒子は規則正しく並んで、まとまっています。
結晶の体積に比べて、水に触れる表面積が少ないので、砂糖がゆっくりと浸透していきます。

(4)ガムシロップとよばれるとろみのある濃い砂糖水溶液があります。30gの砂糖を50mLの水に溶かして砂糖水溶液をつくり、これを加熱して、水を蒸発させ、60%のガムシロップをつくるとき、水を何g蒸発させればよいですか。整数で答えなさい。なお、50mLの水の質量は50gでした。

砂糖は水の温度が高いほどよく溶けます。
冷たいアイスコーヒーでは砂糖がなかなか溶けず、白いツブがじゃりじゃり残ってしまうので、液状のガムシロが使われるわけですね('ω')

設問は難関中とは思えないほど易しい問題で、駒東受験生の大半は正解してくるレベルです(^^;

砂糖の30gの量は変わりません。
これが溶液の60%にあたるので、水は40%。
水の量は、30×40/60=20g
水50mL=50gなので、蒸発すべき量は50-20=30g

キッチンの中にも中学受験に役立つ知識があります。

それではまた('ω')ノ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

新しい書籍を購入して、それをnoteに綴り、皆様に還元していきたいと思います。

4
千葉で家庭教師をしているサボテンです。note初心者(2019/8/6~)でございます。よろしくです~(*'ω'*) ホムペでは入試問題の解説などを書いていますので、入試研究をしたい方はぜひ遊びに来てください。