池戸万作@政治経済評論家・経済政策アナリスト

令和初の政治経済評論家です。日本経済復活の会・幹事、消費税増税の「リスク」に関する有識者会議出席、政治家に経済レクも行っています。ここでは経済や選挙などについて記事を書いていきます。 取材、執筆、講演、経済レクのご依頼はコチラまで→mansaku.ikedo@gmail.com

池戸万作@政治経済評論家・経済政策アナリスト

令和初の政治経済評論家です。日本経済復活の会・幹事、消費税増税の「リスク」に関する有識者会議出席、政治家に経済レクも行っています。ここでは経済や選挙などについて記事を書いていきます。 取材、執筆、講演、経済レクのご依頼はコチラまで→mansaku.ikedo@gmail.com

    最近の記事

    政治経済のコメンテーター業として、7月に出演した動画のURLをまとめてみました

    先月の7月には参議院議員選挙もあったせいか、過去最高レベルで様々な動画に出演しました。なので、レギュラーで出演している新経世済民チャンネル以外の出演動画を振り返ってみたいと思います。 ①ニューズ・オプエド安倍晋三元総理 銃撃【特集:どうなる!?今後の日本経済】池戸万作 原野城治 上杉隆 舟橋明慧 https://www.youtube.com/watch?v=ZQ0LsYvGK8U&t=2043s 安倍晋三元首相が亡くなったその日にニューズ・オプエドに初出演しました。本番

    スキ
    7
      • 2022年参議院議員選挙における各党の比例議席獲得予測~2021年衆議院議員総選挙をベースに試算~

         6月に入り、いよいよ参議院議員選挙の投開票まで1ヶ月と迫って来た。今回は参議院議員選挙の中でも、全国比例区にスポットを当てて、定数の50議席が各党にどのように配分されて行くのかを2021年の衆議院議員総選挙での比例票をベースに試算してみた。  また、その議席獲得の順番や、各党があと何票獲得すれば次の議席獲得となるのか、逆に何票減らしてしまうと議席数が落ちることになってしまうのかまで、合わせて試算した。 0.衆議院議員総選挙における各党の比例票数と得票率 まずは、昨年の衆議

        スキ
        12
        有料
        200
        • 山本太郎やれいわ新選組が「嫌いな人」にこそ水道橋博士を支持して欲しい~参議院全国比例区の仕組みを説明する~

           5月26日にお笑い芸人の水道橋博士が、れいわ新選組公認で「参議院全国比例区」から出馬することを表明した。選挙区からの立候補ではなかったので、これにより7月10日投開票予定の参議院議員選挙において、全国どこからでも比例票で「水道橋博士」に投票することが出来るようになった。私が水道橋博士を支持する理由については最後に述べる。  さて、ツイッター等を見ていて、彼を応援する周囲の方々は参議院全国比例区の仕組みをあまり良く理解していないのではないかと感じたので、まずは参議院全国比例区

          スキ
          48
          • 積極財政の政権を実現する方法を選挙結果から考察する~緊縮財政の自民党ではなく、「金を出す自民党」が必要だ~

             今回は日本で積極財政の政権を実現する方法を現行の選挙制度やその結果、傾向を踏まえて考察して行きたい。  端的に言えば、自公政権で積極財政を主張する総理大臣が誕生すれば早い話だが、しかし仮に誕生したところで、自民党内の緊縮財政派の国会議員や財務官僚に邪魔されて、積極財政は骨抜きにされてしまうであろう。なので、私は既存の「自公政権」という枠組みでは、もはや積極財政の政権は見込めないのではないかと考える。  一方で、では野党政権を樹立すれば良いかと言えば、これに関しては絶望的なま

            スキ
            31

            「ベーシックインカムを配ったら働かなくなる」という俗論のウソ~働かなくなるか否かは給付金額で決定される~

             今回は先日公開された加谷珪一氏に反論する動画の中でも少し取り上げた、ベーシックインカムに関する「誤解」について、解いで行こうと思う。  積極財政派の方々であれば、ほとんどの人は消費税廃止には賛成する一方で、毎月一定金額を全国民に給付するという、ベーシックインカムに関しては、かなり反対の声が根強い。私の肌感覚では積極財政派でも7~8割方の人々が反対しているかのような印象を受ける。  代表的な論拠としては、ベーシックインカムを配ったら社会保障費が削減されるとか、竹中平蔵(パソナ

            スキ
            33

            反緊縮保守の政治団体を国政政党にする必勝法~お金と選挙戦略で必ず国政政党化はできる!~

             今回は反緊縮保守の政治団体を如何に国政政党化するかについて述べて行こうと思う。結論を言えば、正しい選挙戦略に基づき、お金の力によって候補者を全国各地に擁立して行けば、国政政党化は十分可能だと考える。その方法をナント!無料で公開して行く。もし宜しければサポートや、私の論文が載っている著作を購入して頂ければ幸いである。  なお、私自身は、外交安全保障はハト派なので、核武装論などタカ派の主張には相容れない部分も多いが、来たる次回の衆議院議員総選挙で、自民党の緊縮財政派を落選させて

            スキ
            31

            山本太郎れいわ新選組代表の参議院議員選挙の選挙区出馬を強く支持する~出馬する選挙区の考察~

             4月15日、れいわ新選組の代表である山本太郎衆議院議員が議員辞職を行った。この議員辞職に対しては世間一般には批判の声もあるが、私は「全く問題ない」と考える。何故ならば、先の衆議院議員選挙では「山本太郎」と書かれた票は1票も入っていない、得票にカウントされないからだ。あくまでも得票に入っているのは東京都内における「れいわ新選組」と書かれた票だけである。  また山本太郎代表が議員辞職しても、その議席は同じれいわ新選組内の候補者であった櫛渕万里候補に譲られるだけであるから、れいわ

            スキ
            57

            日本の国の借金1000兆円は少な過ぎる!~日本の経済学者は他国の債務残高を知らない~

             私は新経世済民新聞チャンネル上で「打倒!緊縮財政」というコーナーを担当しており、毎週木曜日夜8時より、動画を公開している。さすがに、1年4ヶ月もやっていると、緊縮財政派の「手口」も良く分かって来ており、だいたいいくつかのパターンに分類されるものだ。  今週取り上げた、小林慶一郎氏は、現在新型コロナウイルスの分科会のメンバーも務めており、政府の経済財政政策への影響力も大きい人物とも言える。こうした政府の有識者である人物が、「日本の国の借金は多過ぎる」「このまま増え続けると円の

            スキ
            29

            債務対GDP比率など名目GDPを増やせば改善する単純な指標だ

             久しぶりのnoteとなるが、今回は昨今の財政健全化論のバカげた数々の話に対して、正直ムシャクシャして腹が立っていることもあり、記事を書いてみた。これから書く話は、ハッキリ言って小学生でも理解できる話だ。しかし、こんなことも理解出来ないのが、今の日本社会の大人たちなのである。  良く「日本は財政危機だ!」「このままでは財政破綻する!」と言っている人達が持ち出す指標として、「債務対GDP比率」というものがある。具体的には下記のグラフだ。  このグラフを持って、諸外国の中でも

            スキ
            44

            n人区ごとの東京都議会議員選挙2021の展望

             今回は、来たる6月25日(金)公示、7月4日(日)投開票の東京都議会議員選挙について、その選挙区の定数ごとに展望を見て行く記事を執筆しようと思う。  東京都議会議員選挙の大きな特徴としては、最大8人区までの「中選挙区制」がメインになることだ。1人区の小選挙区制も7選挙区はあるが、残りの35選挙区は2人以上が当選する中選挙区制となっている。いわば昔の衆議院選挙や、現在の参議院選挙の東京選挙区などの都市部と同じ選挙制度となっている。  私自身はこの中選挙区制の選挙が大好きで、東

            スキ
            13

            【衆議院総選挙・小選挙区展望】野党浪人生&消費税減税グループの代表を務める馬淵澄夫議員のリベンジなるか?~奈良1区編~

             今回から来たる衆議院総選挙の小選挙区展望を述べて行こうと思います。さすがに、全国289選挙区すべてを展望するのは難しいと思うので、その中でも与野党激戦区や、反緊縮派として注目の小選挙区などをいくつかピックアップして、記事を書いて行こうと思います。  既に動画上の展望では、私が1月から毎週木曜日にレギュラーキャスター(?)を務める【打倒!!緊縮財政】という中で、緊縮財政派・増税派の選挙区を4ヶ所ほど行っていますので、もし宜しければそちらの動画もご覧頂ければ幸いです。(http

            スキ
            9

            【速報】備後地域(広島6区・7区)で宮口治子候補が圧勝した参議院広島選挙区再選挙

             今日は速報で4月25日(日)に投開票が行われた参議院広島選挙区の再選挙について、2年前の参議院の比例区での得票率と比較しながら、再選挙の結果を分析していきたいと思います。今回の再選挙では、果たしてどういった地域で参議院選挙と大きく変化が見られたのでしょうか。  まず、全体的な結果を振り返ってみると、野党統一候補の宮口治子候補が370,860票、得票率にして48.4%を獲得し、見事当選を果たしました。対する破れた与党の自民党公認で公明党推薦の西田英範候補は336,924票、得

            スキ
            12

            若者は自民党、お年寄りは立憲民主党、就職氷河期世代は日本維新の会に投票する割合が多い年代別衆議院選挙の比例区投票先

             久しぶりのnoteへの投稿記事になりますが、今回は朝日新聞が興味深い世論調査(https://www.asahi.com/politics/yoron/shuinsen2021/?iref=com_yorontop)を行っていましたので、それに関する記事を書こうと思います。  この世論調査の中で、私が最も気になった調査は、「仮にいま、衆議院選挙で投票するとしたら、あなたは、比例区では、どの政党に投票したいと思いますか。」という質問内容のものになります。しかも、この調査は年齢

            スキ
            37

            新立憲民主党の衆議院比例ブロック議席獲得予測~参議院選挙の立憲・国民・社民の比例得票数を合算~

             2020年9月15日に、旧立憲民主党と旧国民民主党の大半が合流して、新立憲民主党が誕生しました。さらには、2020年11月14日に社会民主党の臨時党大会が開催され、福島みずほ党首を除く、3人の国会議員は新立憲民主党に合流するようです。また、社民党が比例ブロックで1議席を獲得している九州地域などの地方組織も新立憲民主党に合流する運びのようです。  これらの動きについて、地方組織を重んずる私の政治評論スタンスからすると、新立憲民主党の対応は党勢拡大の点においては正しく、今回の合

            スキ
            27
            有料
            200

            【速報】大阪市廃止住民投票の結果を分析

             久しぶりのnoteの記事になります。最近はツイッターをメインにしつつ、Youtubeの動画を井上智洋先生とスタートとしたこともあって、映像の編集作業の方も行っているため、noteでの文筆は1ヶ月以上空いてしまいました。今後はYoutubeの「反緊縮経世済民チャンネル」(https://www.youtube.com/channel/UCDZtywqseGq8GqNyfojITBA/videos)の方も、是非、ご覧頂ければと思います。noteに書いているような記事を口語でも説

            スキ
            86

            菅義偉自民党の歴史的大勝~来たる衆議院総選挙における各党の得票数予測~

             東京都知事選挙以来、約3か月ぶりの、久しぶりのnoteになります。今回はツイッターの方でつぶやいたツイートの内容を再編集し、noteの記事化にして上げようと思います。今回は、もし早期に解散総選挙が行われた場合の現時点での大まかな各党の得票数(得票率)予測となります。今回の記事は、その得票数予測を政治思想の左右に基づいて、検討して行きたいと思います。  私が何故、政治思想の左右にこだわるかと言うと、やはり有権者の投票行動というのは、政党とそれに基づく政治思想によって、取られて

            スキ
            20