【CD紹介】『TENRAI ー風の詩ー』川端裕美(フルート)
見出し画像

【CD紹介】『TENRAI ー風の詩ー』川端裕美(フルート)

皆さん、こんにちは! 在米24年目、ニューヨーク在住の音楽家・文筆家、伊藤玲阿奈(れおな)です。

今日は、私の親しい友人・フルート奏者の川端裕美さんが2019年6月にStudio N.A.TよりリリースされたCDアルバム、『TENRAI ー風の詩ー』を皆さんにご紹介します。

川端さんは兵庫県尼崎市のご出身で、大阪音楽大学短期大学部やドイツのハンブルクなどで研鑽されました。長らく関西を拠点にご活躍されていますが(下にプロフィール)、特筆すべきことは、イベントの企画・プロデューサーとしても非常に有能な方であるということ。たとえば、講談といった他分野との意欲的なコラボレーションをみずから実現させているのです。

そんな川端さんのアルバム、期待どおり、あらゆる人が楽しめるものになっています。くわえて、このCDには心の緊張をほぐしてくれるような、不思議な魅力にあふれているのです。

タイトルに込められた東洋的なメッセージ

それはアルバム名からすでに暗示されています。この『TENRAI』というタイトルを見たとき、私はそのセンスに感服すると同時に、とても驚きました。

画像1

CDのジャケット

ピンとこない方も多いでしょうから、ちょっと解説しましょう。

「TENRAI」は、もともと漢字で「天籟(てんらい)」と書きます。「籟(らい)」というのは、竹冠(たけかんむり)から分かるように、竹でできた笛のことで、転じて「音楽の調べ」を意味する漢字になりました。つまり、「天籟」とは文字通りには「宇宙の音楽」のことを指します。

そして、この言葉は、古代中国の書『荘子』に「野に咲く花のように自然な、ありのままの自分でいる状態」を意味する用語として登場していらい、禅などの東洋思想で有名になりました。

荘子は、紀元前4世紀ごろの中国の思想家。もうひとりの思想家・老子とともに「頭で考えすぎない、自然に生きる道」を説き、日本では老荘思想道家タオイズムとも)として知られています。この思想は20世紀から西洋でも注目されており、じつは私自身もファンのひとり。別の連載で分かりやすく紹介しているので、ご興味あればどうぞ。また天籟についても、拙著こちらで言及しています。

すなわち『TENRAI』のタイトルからは、「背伸びしない、ありのままで自然な音楽を奏で、皆さんを幸せにしたい」という川端さんの想いが伝わってくるのです。

西洋のクラシック音楽は、作曲家の意図を細部まで反映させる記譜法(楽譜)を発明したり、理論や形式を発展させていたりと、自意識や論理といった、どちらかといえば ”人工的” な思考回路のうえに成り立っています。

しかし、このアルバムはその伝統とは真逆をいくタイトルをかかげており、そのユニークさに私は感服し、驚いたというわけです。

自然きわまりない調べに酔うひととき

アルバムに収録された音楽(全10曲・約65分)へと耳を傾けてみましょう。

すぐに気付く大きな特徴は、ピアノやアンサンブルの伴奏を起用していないこと。

クラシックのフルーティストなら、なにより自分の腕前を披露したいと思うのがアルバムを作るときの心情で、大音量が出せるピアノやオーケストラを伴った、華麗で演奏効果の高い曲ばかりを選びがちです。

対して、川端さんが起用したのは大西洋二朗さんが弾くクラシック・ギターのみ。しかも、単なる伴奏ではありません。あくまでも音楽上で対等な関係として、アルバムを一緒に作りあげています。川端さんのアルバムにもかかわらず、ギターだけの曲も入っているほどです。

しかし、これが『TENRAI』のコンセプトにピッタリはまっています。

優しい音色で共通しつつも、対照的な音の出し方をされるフルートとギター――息によって生まれる柔らかな音の流れと、指でつま弾かれる繊細な音の粒。2人の織りなす調べが、なんと自然きわまりないことか!

そして、ギターだけによる落ち着いた音楽が3回挿入され、これがアルバムに見事なメリハリを与えていることも特筆されねばなりません。

ためしに冒頭の3トラックを聴いてみましょう。

イタリアの昼下がりを連想させる、のどかで心を包み込むようなパガニーニの小品から始まります。それが終わると2曲目はドップラーの幻想曲。これは11分を超える大曲ながら、静かに始まって、徐々に盛り上がっていくようになっています。1曲目は3分半ですから、ここまで聴き手は15分ほど、だんだんに呼吸のエネルギーが増していく川端さんのフルートを主に楽しんでいることになるわけです。

それが3曲目のファリャでは大西さんの弾くギターのみになります。この3分間はというと、指先の繊細なエネルギーの世界。静かな曲調ということもあり、ここでいったん小休憩するような効果をもたらします。

要するに、最初の3曲が流れる18分間のなかで、ひとつの波が形成されているのです。そしてアルバム全体では、ギターのみの小休憩が3度あるので、聴き手は4つの大きな波に乗ることになります。

それはあたかも人間がもっているバイオリズムに沿うような全体設計です。『TENRAI』の面目躍如といえましょう。

『TENRAI ー風の詩ー』プロモーションビデオ

大自然の口笛が聴き手を包み込む

私が個人的に好きなのは ”第3の波” にあたる部分に置かれた、インド古典音楽のシタール奏者・作曲家ラヴィ・シャンカルの『魅惑の夜明け』です。

というのは、クラシックとは対極の思考回路のうえにあるシャンカルの作品を、フルートとギターの為にアレンジしてまでアルバムに組み込んだのは、『TENRAI』の東洋的なメッセージ性をより際立たせているからです。

シャンカルの原曲は、インド音楽における ”夜明けのラーガ” なのでしょう。ラーガとは、かんたんに言えば「音の決まり」。ヒンドゥー教の習慣に即して、時間や用途によって使用する音・旋律について一定の決まりがあります(タイトルから、この原曲は夜明けに演奏されるラーガに基づいていると思われます)。

静かな夜明け。今日も生かされることを神々に、大自然に感謝して奏されるラーガ。それが二人によって西洋楽器で情感たっぷりに再現されます。

時おり挟まれるフルートの不安定なピッチは、音の狂い、つまりミステイクと解釈してはなりません。ドレミ(平均律)はあくまでも近代西洋の音階であって、インド音楽ではドとド♯の間にだって無数の音が存在します。その無限の可能性からくる独特の音程の揺れによって万象を表現するのです。

川端さんはポイントポイントでそれをうまく模倣して、音楽的な彩(いろどり)を与えています。また、川端さんのテクニックは全曲を通じて申し分なく安定しており、自然な感情にしたがって生きる彼女らしい音楽性とともに、このアルバムで表現したかったものを存分に表出しています。

さて、冒頭で「心の緊張をほぐす不思議な魅力」と書きましたが、私はこのCDを就寝や瞑想のためのBGMとしてよくかけます。このアルバムを聴きながら、自分を自然の一部になったような感覚にして心身をつなぎ、休めるのです。

えっ? クラシック演奏家の作品に対してそんな聴き方は失礼? 

いえいえ、川端さんはきっと喜んでくれると確信します。だって、自分のありのままを受け入れてくれる『TENRAI』なのですから! 

このアルバムには大自然がやさしく口笛を吹いているような包容力があり、まさに「風の詩」になっていると言えましょう。

商品購入情報・演奏者プロフィール

『TENRAI ー風の詩ー』 Studio N.A.T   2,970円(税込)

CD購入フォーム(送料無料・直筆サインのオプションあり)

もしくは、次の各ストアでも購入可能。

ストリーミングヤマハAmazon 

CDHMVタワーレコードAmazonムラマツフルート

川端裕美(かわばた ひろみ)
兵庫県尼崎市出身。大阪音楽大学短期大学部を卒業後、ドイツ・ハンブルクにて、NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団の首席フルート奏者ヴォルフガング・リッター氏のマスタークラスで研鑽を積む。フリーランスのフルート奏者として精力的に演奏活動を行うほか、宝塚歌劇団オーケストラやブラスパラダイス大阪の公演でも演奏。また、他ジャンルで活躍するアーティストとのコラボレーション企画など、公演プロデューサーとしても高い評価を得ている。子供からプロ志望者まで、独自のメソッドによる指導歴は20年以上。学校や市民オーケストラでクリニックが常時開催されるほどの人気となっている。21年10月29日、モーツァルトのフルート協奏曲第2番をオーケストラと共演予定。ホームページはこちら
大西洋二朗(おおにし ようじろう)
1983年、奈良県生まれ。13才からギターを始め、川端嘉也、藤井敬吾の各氏に師事。2003年、第30回日本ギターコンクール第3位。2004年3月大阪音楽大学短期大学部卒業。2007年3月同短期大学専攻科修了。2008年8月 独立行政法人大学評価・学位授与機構より学士(芸術学)の学位取得。 関西を中心に、ソロ公演やレッスン、また様々な楽器の伴奏者として幅広い活動を行っている。

<宜しければ、下の💗をポチっ(ログイン不要)、コメントやフォローを! 励みになります!!>

執筆者プロフィール:伊藤玲阿奈 Reona Ito
指揮者・文筆家。ジョージ・ワシントン大学国際関係学部を卒業後、指揮者になることを決意。ジュリアード音楽院・マネス音楽院の夜間課程にて学び、アーロン・コープランド音楽院(オーケストラ指揮科)修士課程卒業。ニューヨークを拠点に、カーネギーホールや国連協会後援による国際平和コンサートなど各地で活動。2014年「アメリカ賞」(プロオーケストラ指揮部門)受賞。武蔵野学院大学スペシャル・アカデミック・フェロー。2020年11月、光文社新書より初の著作『「宇宙の音楽」を聴く』を上梓。タトル・モリエイジェンシーのnoteで『ニューヨークの書斎から』を連載中。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Reona Ito(伊藤玲阿奈)

執筆活動へのサポートを賜ることができましたら幸いです!

スキ!ありがとうございました!
在米24年目、ニューヨーク在住の音楽家(指揮者)・文筆家、伊藤玲阿奈(れおな)のブログです。お気軽にフォローやコメントをどうぞ!初の著作『「宇宙の音楽」を聴く 指揮者の思考法』(光文社新書)が好評発売中