Project ハタフレ

中小企業に関わる誰もが安心してDXへの一歩を踏み出せる環境を創出・拡大することを目的と…

Project ハタフレ

中小企業に関わる誰もが安心してDXへの一歩を踏み出せる環境を創出・拡大することを目的としたプロジェクトです。プロジェクト認定アドバイザーや賛同企業の全国各地・各業界の活動にスポットを当ててご紹介していきます。(*公式サイト:https://hatafure.com/

最近の記事

【イベントレポート】4月18日Project ハタフレ リリースパーティー〜トークセッション編〜

2024年4月18日に大阪市・中之島フェスティバルタワーにて「Project ハタフレ リリースパーティー」を開催しました。 * Project ハタフレとは? 「Project ハタフレ」は2024年3月25日に始動した中小企業の課題解決を促進するプロジェクトです。 ITに詳しい人もそうでない人も、業界業種、年齢といった属性とは関係なく、中小企業に関わる誰もが安心してDXへの一歩を踏み出せる環境を創出・拡大することを目的に、日本各地で様々な地域・業界課題と正面から向き合

    • 【イベントレポート】4月18日、Project ハタフレ リリースパーティー〜プロジェクト紹介編〜

      2024年4月18日に大阪市・中之島フェスティバルタワーにて「Project ハタフレ リリースパーティー」を開催しました。 * Project ハタフレとは? 「Project ハタフレ」は2024年3月25日に始動した中小企業の課題解決を促進するプロジェクトです。 ITに詳しい人もそうでない人も、業界業種、年齢といった属性とは関係なく、中小企業に関わる誰もが安心してDXへの一歩を踏み出せる環境を創出・拡大することを目的に、日本各地で様々な地域・業界課題と正面から向き合

      • 【イベントレポート】 4月18日@大阪・中之島にて、「Project ハタフレ リリースパーティー」を開催しました!

        2024年4月18日に大阪市・中之島フェスティバルタワーにて「Project ハタフレ リリースパーティー」を開催しました。 * Project ハタフレとは? 「Project ハタフレ」は2024年3月25日に始動した中小企業の課題解決を促進するプロジェクトです。 ITに詳しい人もそうでない人も、業界業種、年齢といった属性とは関係なく、中小企業に関わる誰もが安心してDXへの一歩を踏み出せる環境を創出・拡大することを目的に、日本各地で様々な地域・業界課題と正面から向き合

        • 【インタビュー後編】ケアマネジャーの役割を活かし、誰もが主体的に生きる社会を作りたい

          介護職向けの研修や介護事業所の業務支援などを行うかたわら、介護と仕事の両立を支える人材育成などに取り組む進さん。 インタビュー前編では日頃の取り組み内容や取り組みのきっかけについてお伺いしましたが、後編では、活動を行う中でのやりがいや苦労、業界の未来についてお話を伺いました。 介護業界から利用者、企業、国全体へと幸せが広がっていく​​— 活動をする中でどのようなことにやりがいを感じますか。​​ 進さん:介護業界で働く方も、仕事と介護を両立する方も、企業も、産業ケアマネが

        【イベントレポート】4月18日Project ハタフレ リリースパーティー〜トークセッション編〜

        • 【イベントレポート】4月18日、Project ハタフレ リリースパーティー〜プロジェクト紹介編〜

        • 【イベントレポート】 4月18日@大阪・中之島にて、「Project ハタフレ リリースパーティー」を開催しました!

        • 【インタビュー後編】ケアマネジャーの役割を活かし、誰もが主体的に生きる社会を作りたい

          【インタビュー前編】ケアマネジャーの役割を活かし、誰もが主体的に生きる社会を作りたい

          介護職向けの研修や介護事業所の業務支援などを行うかたわら、介護と仕事の両立を支える人材育成などに取り組む進さん。 「誰もが主役として生きる世界を」と語る進さんに、日頃の活動や今後についてお話を伺いました。 ケアマネジャーは人生の最期に関わるカッコイイ仕事— 進さんのお仕事を教えてください。 進さん:介護職向けの研修や介護事業所のコンサルティング業務などを行っています。研修の講師を務めるだけではなく、研修そのものの企画も手がけています。そのほか仕事と介護の両立を支えるために

          【インタビュー前編】ケアマネジャーの役割を活かし、誰もが主体的に生きる社会を作りたい

          【インタビュー後編】地域の福祉を通じてすべての人が笑顔になる社会へ

          介護事業の運営コンサルティングや地域の人材育成を行うかたわら、介護業界の待遇改善のために政治団体を立ち上げるなど地域福祉のために幅広い活動に取り組む三浦さん。 インタビュー前編では日頃の取り組み内容や活動のモチベーションについてお伺いしましたが、後編では、活動を行う中での苦労や業界の未来についてお話を伺いました。 介護離職0を目指し、中小企業側の想いにも寄り添う— 三浦さんが取り組みを行う中で、苦悩や苦労はありますか。 三浦さん:それぞれの活動で別の苦悩がありますね。例

          【インタビュー後編】地域の福祉を通じてすべての人が笑顔になる社会へ

          【インタビュー前編】地域の福祉を通じてすべての人が笑顔になる社会へ

          介護事業の運営コンサルティングや地域の人材育成を行うかたわら、介護業界の待遇改善のために政治団体を立ち上げるなど、地域福祉のために幅広い活動に取り組む三浦さん。 「皆が笑顔になる社会を作りたい」と語る三浦さんに、日頃の活動や今後についてお話を伺いました。 困っている人のために社会を変えたい— 三浦さんのお仕事を教えてください。 三浦さん:大きく分けて3つの事業を行っています。1つ目は介護事業の運営コンサルティングです。介護事業所の中でも、特に在宅サービスの運営に関する相談

          【インタビュー前編】地域の福祉を通じてすべての人が笑顔になる社会へ

          【インタビュー後編】 アナログな介護業界を大阪・浪速区から変えていく

          ケアマネジャーとしてケアプランセンターを運営するかたわら、介護現場のICT化を進めるため大阪市浪速区独自の医療・介護情報連携システムの啓発などに取り組む五十川さん。 インタビュー前編では日頃の取り組み内容についてお伺いしましたが、後編では、活動を始めたきっかけやモチベーション、業界の未来についてお話を伺いました。 応援を胸に、次は自分が誰かの背中を押したい— このような活動を始めたきっかけはありますか。 五十川さん:最初は(ハタフレ認定アドバイザーの)三浦さんからの「セ

          【インタビュー後編】 アナログな介護業界を大阪・浪速区から変えていく

          【インタビュー前編】 アナログな介護業界を大阪・浪速区から変えていく

          ケアマネジャーとしてケアプランセンターを運営するかたわら、介護現場のICT化を進めるため大阪市浪速区独自の医療・介護情報連携システムの啓発などに取り組む五十川さん。 インタビュー前編では、五十川さんの日頃の活動内容について伺いました。 次世代のため、アナログな介護業界は今こそ変わるべき時— 五十川さんのお仕事を教えてください。 五十川さん:主任介護支援専門員として、地域密着型のケアプランセンターを運営し、公正中立な立場で利用者さんへケアマネジメントを行っています。ほかに

          【インタビュー前編】 アナログな介護業界を大阪・浪速区から変えていく