見出し画像

「京都ミカ猫。」アルバムリリース!

LINE NEWS VISIONで好評配信されたポエトリーリーディングドラマ『今日、京都とミカと猫。』のオリジナルサウンドトラックが、本日8月7日、リリースとなりました!
Apple Musicをはじめ、Spotifyなど主要音楽サイトにてお楽しみいただけます。

2021年からシリーズ1が、2022年にはシリーズ2が配信されましたが、本年7月31日をもってサービス終了に伴い配信もおしまいに。
これから映像をご覧いただけないことは寂しいですが、ドラマの優しくでもしなやかな雰囲気を、このサントラで少しでも感じていただけるとうれしいです。

草間はSpotifyユーザーなのですが、再生すると歌詞が出せるので、目で読んで耳で聴けるのが良い感じ。

「今日、京都とミカと猫。」について

「声と詩と音のユニット」 Poetic Mica Dropsと、新しい表現に次々と挑戦する映像作家・宮嶋風花がお送りする、前代未聞のポエトリーリーディングドラマ。 声を役者の熊谷弥香、詩を詩人の草間小鳥子、音を音楽家の茂野雅道が担当。

シリーズ1
東京生活に疲れた「ミカ」は、故郷・京都に一人戻ってくる。のら猫との出会いをきっかけに、色んな人・色んな景色・色んなモノと向き合い、成長していく。
シリーズ2
ミカは実家をはなれ、新しい店舗兼住宅に引っ越し、カフェを始めた。そこへ様々な理由があり迷い込んでくる、個性豊かなのら猫(お客さん)達。 ミカはのら猫達と、ご飯を食べたり、会話をしたり、特別な時間を過ごす中で、生きることの新たな魅力を知っていく。

ドラマのストーリーに沿った仕上がりとなっているので、耳で物語を想像する面白さも。
さらに、よりつながりがわかりやすいよう、ドラマにはなかったポエトリーリーディングの新作も収録しました!
もちろん詩は書き下ろし、音楽も新作、朗読も新録でございます。

草間のおすすめは、このドラマが制作されるきっかけとなった「23. のらねこ」と、毎話のエンディングに流れたコミカルな「25. のらねこダンス」、それから、シリーズ2のラストで弥香ちゃんがいっさい瞬きをせず迫真の目力で演じ切った「12.つたえる」!

1〜12トラックがシリーズ2の、13〜25トラックがシリーズ1の音源となっています。

作業用BGMとして流すのもおすすめですが、思わず手が止まる瞬間があるかも笑

「のらねこ」Poetic Mica Drops

ここから先は

91字

のら猫プラン

¥500 / 月
このメンバーシップの詳細

この記事が参加している募集

#猫のいるしあわせ

21,706件

#おすすめ名作ドラマ

2,429件

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?