PERAGARUブログ

株式投資情報サービスPERAGARUの運営者です。 https://peragaru.net/

PERAGARUブログ

株式投資情報サービスPERAGARUの運営者です。 https://peragaru.net/

    最近の記事

    バイク王の2022年度決算をオルタナティブデータで予想してみた

    オルタナティブデータの「即時性」「精度の高さ」は投資判断における大きなアドバンテージとなります。 オルタナティブデータを用いた企業分析レポートサンプルは下記になります。 note記事購入後、PDFファイルでレポートをダウンロードいただけます。 証券コード3377バイク王&カンパニーについて、ボトムアップによる業績予測とオルタナティブデータを用いた業績予測を紹介する。バイク王は1994年にその前身となる会社が創業され、1998年にバイク買い取り専門店の総合コンサルティング事業

    有料
    5,000
      • 4176 ココナラ オルタナティブデータを活用した分析

        オルタナティブデータの「即時性」「精度の高さ」は投資判断における大きなアドバンテージとなります。 今回はまさしくその2点が活かされたデータをご紹介いたします。同データはPERAGARUで機関投資家向けに販売中のデータとなります。 この有料noteでわかること ・マーケットプレイス「ココナラ」内で販売されたサービスの合計金額 ・上記数字を2021年12月から2022年5月まで計測した日次データグラフ *企業分析はこちら➾ https://peragaru.net/6701/

        スキ
        1
        有料
        5,000
        • オルタナティブデータとは その活用方法を解説

          従来、ヘッジファンドや投資銀行といった機関投資家は、投資判断のために財務情報や経済統計などのデータを用いてきた。BloombergやQUICKを利用し開示情報にリアルタイムでアクセスしてきた。これらのデータは伝統的データと呼ばれるが、個人投資家も開示情報であれば無料かつ即時アクセスが可能となったため、開示情報にアクセスできること自体の投資判断における優位性はほとんどなくなっている。 投資情報収集のデジタル化が進展することにより近年台頭してきたのがオルタナティブデータだ。オルタ

          • 4792 山田コンサルティンググループの業績についてポイントまとめてみた

            ✅ 1989年7月、株式会社東京ファイナンシャルプランナーズとして東京都で設立され、ファイナンシャル・プランナーの教育研修およびファイナンシャルプランニングに関するコンサルティングを提供 ✅ 1992年に保険コンサルティング、1997年に経営・財務・資金調達コンサルティング、2001年に株式上場・システム導入コンサルティングを開始する ✅ 筆頭株主は代表取締役及びその近親者等が出資する資産管理会社の株式会社日本マネジメント・アドバイザリー・カンパニーで37.0%を保有、続いて

            スキ
            3

            6494 NFKホールディングスの業績についてポイントまとめてみた

            ✅ 1950年4月、日本加熱材料株式会社として設立され、同年6月に日本ファーネス工業株式会社に商号変更 ✅ 設立当時より燃焼装置や熱設備関連事業を手掛ける ✅ 筆頭株主は株式会社船橋カントリー倶楽部で18.9%を保有する。その他、株式会社トーテム、東拓観光有限会社など ✅ 代表取締役の持田晋氏は1982年中央大学理工学部を卒業し、同社へ入社→2005年10月技術開発部部長に就任→2019年6月より現職 ✅ 「工業炉燃焼装置関連」と「その他」の2報告セグメント。「工業炉燃焼装置

            2681 ゲオホールディングスの業績についてポイントまとめてみた

            ✅ 1986年6月遠藤結城氏(創業者)が愛知県にビデオレンタル店(ビデオロードショー美里店)を開業 ✅ ビデオ・ゲームソフトのレンタルや新品販売、総合リユース事業などを営む ✅ 筆頭株主は、株式会社城蔵屋が38.18%を保有、次いで、日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)が6.21%、常興薬品株式会社が4.20%を保有している。そのほか、創業者の妻である遠藤素子氏や社長執行役員の遠藤結蔵氏などが並ぶ ✅ 社長執行役員の遠藤結蔵氏は早稲田大学を卒業後、同社に入社→200

            7600 日本エム・ディ・エムの業績についてポイントまとめてみた

            ✅ 1973年5月、医療関連商品の販売を目的として株式会社ホスピタルサービス設立 ✅ 医療機器の開発製造及び輸入販売、全国主要病院及び医師への医療商品の紹介を事業とする ✅ 筆頭株主は、2022年1月まで資本・業務提携契約を締結していた日本特殊陶業株式会社で30.01%保有。次いで、株式会社日本カストディ銀行信託口が15.00%、日本マスタートラスト信託銀行株式会社信託口が10.90%保有 ✅ 社長の大川正男氏は横浜国立大学卒→1982年10月監査法人中央会計事務所入所→20

            1833 奥村組の業績についてポイントまとめてみた

            ✅ 創業者である奥村太平氏が、1907年2月に奈良県にて土木建築請負業を開始したことが同社の起源 ✅ 大阪のシンボルタワーである通天閣の施工を担当したことでも知られる ✅ 現在は土木事業の他、建築・不動産・再生可能エネルギー事業なども手掛けている ✅ 大株主は日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)が12.7%、シルチェスター・インターナショナル・インベスターズ・エルエルピーが11.9%、NORTHERN TRUST CO.(AVFC) RE SILCHESTER IN

            スキ
            2

            9450 ファイバーゲートの業績についてポイントまとめてみた

            ✅ 2000年9月国内、国際電話サービスの加入取次(固定通信事業)を目的に株式会社ハローライン二十一を宮城県に設立 ✅ 通信サービスの提供を主な事業とする ✅ 筆頭株主は、社長の猪又將哲氏が26.11%、同氏の資産管理会社である株式会社MIコーポレーションが23.29%を保有し、合わせて49.40%を保有する。次いで、日本カストディ銀行(信託口)が7.71%、副社長の松本泰三氏が5.35%、日本マスタートラスト信託銀行株式会社(投信口)が5.15%を保有 ✅ 社長の猪又將哲氏

            6184 鎌倉新書の業績についてポイントまとめてみた

            ✅ 1984年4月、東京都において仏壇仏具業界向け書籍の出版を目的に株式会社鎌倉新書として設立 ✅ 2000年、全国の葬儀社検索、葬儀に関する情報サイト「いい葬儀」を開始、2003年、「いいお墓」、「いい仏壇」を開始、2020年、「いい相続」を開始 ✅ 同社は終活領域のプラットフォーム型サービスでトップシェア ✅ 筆頭株主は会長CEOの清水祐孝氏で29.3%を保有する。次いで同氏の関連会社とみられる株式会社かまくらホールディングスが8.25%、日本マスタートラスト信託銀行の信

            スキ
            1

            6737 EIZOの業績についてポイントまとめてみた

            ✅ 1968年3月、羽咋電機株式会社を石川県にて設立 ✅ 高品質な映像機器、システムやサービスをディスプレイソリューションとしてヘルスケア、クリエイティブワーク、アミューズメントなど幅広く提供する会社 ✅ 筆頭株主は日本マスタートラスト信託銀行株式会社の信託口で、12.4%を保有する。続いて株式会社日本カストディ銀行の信託口が9.2%を保有する。ほか、創業家関係の個人・企業などがならぶ。保有比率の高い特定の株主はいない ✅ 社長の実盛祥隆氏は神戸大学法学部卒業後、6981村田

            4242 タカギセイコーの業績についてポイントまとめてみた

            ✅ 1931年4月高木漆器店開業 ✅ 1995年2月の香港現地子会社設立に始まり、中国、タイ、台湾、アメリカなどへパートナシップ等を含めた様々な海外展開をしており、8103明和産業との中国での合弁会社設立などもみられる ✅ 工業用プラスチック成型品や成形用金型を製造する ✅ 筆頭株主は、同社社長 社長執行役員の高木章裕氏で保有割合10.94%。タカギセイコー従業員持株会が5.53%で続き、以降は、9070トナミホールディングス、個人名(高木弘美氏、松木教子氏)、TSK持株会な

            9692 シーイーシーの業績についてポイントまとめてみた

            ✅ 1968年2月株式会社コンピューターエンジニアーズとして東京都に設立し、ソフトウェア開発事業を開始 ✅ 独立系SIとしてICTサービスの提供等を行う ✅ 大株主は、株式会社日本カストディ銀行(信託口)が12.89%、ミツイワ株式会社が12.70%、日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)が6.14%、富士通株式会社が5.31%、BNP PARIBAS SECURITIES SERVICES LUXEMBOURG/JASDEC/FIM/LUXEMBOURG FUNDS

            スキ
            2

            3667 enishの業績についてポイントまとめてみた

            ✅ 2009年2月現株式会社Kiiのアプリケーション開発事業部門、100%子会社として設立された株式会社Synphonieが同社の前身 ✅ ゲームやアプリの企画・開発・運営を行う ✅ 筆頭株主は、同社代表取締役の安徳孝平氏で保有割合7.34%。同社取締役の公文善之氏が7.20%で続き、以降は、個人名(塩見豊海氏)などが並ぶ ✅ 社長の安徳孝平氏は千葉大学卒→1996年4月株式会社イェルネット取締役→1996年6月ピー・アイ・エム株式会社取締役→2000年8月手掛けていたオンラ

            5491 日本金属の業績について考察してみた

            ✅ 1930年11月に東京伸鐵所を創立し、みがき帯鋼の製造を開始 ✅ ステンレス帯鋼の圧延に強みを持つ、圧延専業メーカー ✅ 筆頭株主は日鉄ステンレス株式会社で13.0% 、次いで日本金属取引先持株会が9.8%、日本マスタートラスト信託銀行の信託口が7.2%、伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社が5.7%、その他は、JFE商事株式会社、5998アドバネクス、ASADA株式会社などが並ぶ ✅ 社長の下川康志氏は早稲田大学政治経済学部卒→1980年3月同社に入社→鋼帯事業本部と管理部門に長年に

            スキ
            1

            4427 EduLabの業績についてポイントまとめてみた

            ✅ 2000年4月に株式会社旺文社の支援を受け設立された英語学習ポータルサイト「エヴィダス」を運営する株式会社エヴィダスと、2001年に10月に現在の公益財団法人日本英語検定協会の研究開発メンバーにより設立された株式会社教育測定研究所が2002年5月に合併 ✅ 2015年3月合併後の株式会社教育測定研究所の持ち株会社として、株式会社EduLab設立 ✅  eラーニングやテストの運営・受託事業を行う ✅ 筆頭株主は、創業者で代表取締役の髙村淳一氏で保有割合24.07%、同じく同