おおにわなつお

61歳。元技術者。ITコンサルを経て52歳で会社離脱し零細起業家&ボラ活家として独立。…

おおにわなつお

61歳。元技術者。ITコンサルを経て52歳で会社離脱し零細起業家&ボラ活家として独立。自然環境保全、自然観察、小学校支援の各ボラ、倹約家、DIY/日曜大工、海外旅行好き、株好き、ブロガー、多くのことに取り組んでいる最中。出版物「失敗しない単身赴任マニュアル100(PHP研究所)」

マガジン

  • 備忘録

    気づき、アイデア、感想などの個人的備忘録です

  • 災害時に「食うもの無くなって困った」にならないための準備日記

    そこらへんに生えている雑草か「食える草はこれだぁ」という知識を豊富に持っているヤツが災害に遭っても最後まで生き残る、のではないかな?と信じて行動してみた日記です

  • プチ起業の日記

    零細起業家なので、起業に見えないものまで混じってます

  • ライフハック

    日常生活を通じて集めた生活のちょっとした工夫を書きました

  • 小学校の「総合的な学習」日記

    地元の小学校で行われている4年生「総合的な学習」のお手伝い日記

最近の記事

「生活費に悩む人口層」に国の危険性が潜むのではないか?という仮説

過日、外国勢が仕掛けるかもしれない??「毎日減り続けるマネー」による日本乗っ取り仮説をnoteしましたが、 その後もしつこくこれを考え続けて、ふだんの生活費に悩んでいる人口層が増えることが狙われるターゲットではないか?という考えに行き着きました このはなし、現時点ではバカげた仮説に見えると、私自身も投稿に躊躇するのですが、そう遠くもない将来、自分の子や孫がまだ日本で生活しているだろう頃に、本当にそうなったら多くの日本人はほんとうに困ると思うので、 このnoteを拾い読みし

    • 「毎日手持ち金額の何%かが減り続ける仮想通貨」はマジ心配だ!note

      過日noteした下記の、 noteです ここ(上のnoteリンク先記事)に書いた「半減期通貨」と「循環型マネー」は他に公表されている記事や本に書かれていることです それぞれ上記リンク先記事の中で解説しています 今日のnoteは、そういう「半減期通貨」やら「循環型マネー」を、AIロボットが人間の仕事をほぼ占領してしまった後の世界で、 少子化であっても仕事が無いから収入まったく無い💦貧困社会に日本が陥ったという仮説の中での心配事です そうなったら、必ず日本政府が手を打ってく

      • 人口減少待望論と、ベーシックインカムと、その先の想像note

        以前、私はAIによるロボット化の発展で、きっと人間は一部を除いて政府からベーシックインカムを受けないと生活が破綻してしまうだろうnoteを書きました(下記です) 「X」で最近下記のポストを見ました それは「人口減少は歓迎だ、なぜなら機械が人間の仕事をしてくれるから」というもの これを語った人はアメリカが誇る世界最大の投資運用会社ブラックロックのCEO その人が世界経済フォーラムでこのような発言をしています ちなみに、この映像や記述は別のサイト(下記)でも同じように記事化

        • 野に咲く花を、飾りに使う お菓子づくりのアイデアについて

          自分はふだん実用性を考える個性なので「飾り」にはあまりアタマが向かないのですが、 今回は野に咲く花、これはふつう「雑草」とか言われて見向きされない花を、手作りクッキーの飾りにしたらどうか!?と発想して、実際に試食クッキーを手作りしてくれた人がいましたのでnoteさせていただきました 写真に写るクッキーに乗っている花は、小さい花をつける、ふだん「雑草」と呼ばれる草の花です 野草の中には食べられる植物も、毒性があって食べられない植物もあるので、こうした飾りの花であっても「綺麗

        「生活費に悩む人口層」に国の危険性が潜むのではないか?という仮説

        マガジン

        • 備忘録
          49本
        • 災害時に「食うもの無くなって困った」にならないための準備日記
          4本
        • プチ起業の日記
          155本
        • ライフハック
          27本
        • 小学校の「総合的な学習」日記
          26本
        • ベーシックインカム創造のノート
          20本

        記事

          「自宅を買った」後で気付く失敗談 大小取り混ぜてnote

          「建築協定」がある土地を買ってしまった(後悔 大)「住む人の、自由を奪う、宅地規制」と、一句読めてしまうほど悩まされるのが「建築協定」というもの これにより最低敷地面積の他に、建物の色や屋根の形まで規制をかけている しかも住民が自ら決めた「協定」ですよ方式で規制をかけてしまっている いったいなぜ? 理由はぜんぜん分からない これにより自分の好みの壁の色にしたい!とかいう願望は「ダメです!」になる可能性も でも、壁の色ぐらいなら「ま、いいか」で妥協することもできるでしょう

          「自宅を買った」後で気付く失敗談 大小取り混ぜてnote

          ヒメジョオンが入った かき揚げ、これは味もいいし、しかも材料フリーだわ

          TikTok動画で野草食を閲覧し始めると、次から次へと「そこらへんの草」を料理する動画が現れてくる これはTikTokに限らず、そのように閲覧履歴から次の動画を紹介するプログラムが施されているから、そうなるわけです 最近TikTok動画から新しく知ったことは「へー!雑草と呼ばれる代表格ヒメジョオンは食えるんだぁ」ってこと このTikTok動画を見たのが妻だったので、妻はいままで野草食イヤイヤだったものが急旋回! 夕方、犬の散歩から戻ってきた妻の手には、 なんと一握りのヒメジ

          ヒメジョオンが入った かき揚げ、これは味もいいし、しかも材料フリーだわ

          ヨモギとスギナのミックス茶を作って飲んでみたら、いたって普通なお茶だった件

          ヨモギとスギナのお茶を初めて自分で作ってみたnoteを書きます ヨモギもスギナも、郊外ではどちらも「雑草」としてお馴染みのはずなんだけど、どちらもつまらない雑草だと思っていたら目にも入らないかもしれない そのような方々は、一度「雑草」ではなくて「野草」と思い直し、ヨモギとスギナはお茶として飲めるし栄養もあるんだ!♬と、再認識して欲しいな、と願う 特にヨモギの方は「よもぎ餅」として有名だから日ごろから食品としても多く食べられているんだけど「野原のヨモギを採ってきて食べる」と

          ヨモギとスギナのミックス茶を作って飲んでみたら、いたって普通なお茶だった件

          カラスノエンドウのポークステーキ添え

          妻が不在の三日間を自炊して過ごすことになった 私は日ごろは料理をやらない かつて私の料理を「よくこんなマズいものできるのね!」と感心(悪い意味で)されたので、それ以来私は料理し終わった皿や鍋を洗う担当を妻から仰せつかっている そんな私が久しぶりに料理の腕を振るったのは、自分用のポークステーキ さらにこの日のために仕込んだのは裏庭に勝手に育ったカラスノエンドウ カラスノエンドウという名な通称で、正式にはヤハズエンドウという 小さいながらエンドウマメとほぼほぼ同じ実をつけ、古

          カラスノエンドウのポークステーキ添え

          65歳以降の「介護保険料納入通知書」を見て、その金額に焦ったはなし

          でも自分の場合は大丈夫でした 役所の担当部署に電話で「なんで?」って事情を聞いて胸をなでおろしました 介護保険料の金額を見て焦ったその事情は・・・こうです 私の昨年の収入は、事業は廃業したし、年金も繰り下げたので年収は100万円にも届きません 特別支給の厚生年金を半年ぐらい受けただけです それなのに「10万円に迫るの介護保険料ってどーよ💦」 上の写真の右側に、赤字で「決 定 額」と書いてあり、その下の方に、これまた赤字で「年間保険料額」として合計額が明記されているので、

          65歳以降の「介護保険料納入通知書」を見て、その金額に焦ったはなし

          <ひとり旅>東京 小平市にある「ふれあい下水道館」に立ち寄ってみた

          日本中でただ一か所、誰でも自由にホンモノの下水が流れる「下水道」を直接その目で拝見できる、というから行ってみました その名も「ふれあい下水道館」場所は東京都小平市 西武鉄道 国分寺線の「鷹の台駅」下車で、そこからそぞろ歩きで10分ぐらい(案内には7分と書いてありました) 入場料:タダ 駐車場アリ ちなみに、付近には玉川上水の清流と雑木林が続く散歩道がある癒しの散歩道が続いています まずは「鷹の台駅」へ手っ取り早くは、JR東日本の中央線快速で「国分寺駅」から西武国分寺線に乗

          <ひとり旅>東京 小平市にある「ふれあい下水道館」に立ち寄ってみた

          京都方面から「福井恐竜の森」へ車でコスパ良く行ってみた

          京都から福井県の恐竜博物館まで月曜日に車で行き、翌日帰って来ました それで・・・ 高速道路を使わずに、片道4時間でした かかった交通費はガソリン代の往復分約3千円(軽自動車)だけ もし名神と北陸自動車道を走ったら片道3時間半弱で着くとナビは言っていましたが・・・ 恐竜博物館への道は、無料の自動車専用道路というほぼ高速道路?が2か所もありますひとつめは京都からマキノ辺りまで伸びている「湖西道路」という国道161号線 昔は有料区間がありましたが、今では全線無料で、制限速度7

          京都方面から「福井恐竜の森」へ車でコスパ良く行ってみた

          必要とされるボランティア活動は、たとえ仲間がどんどん減って、自分が最後の一人になってしまっても、実は・・・その先うまく進む可能性がある

          先日、X(旧twitter)を眺めていたら気になるポスト(投稿)を見つけました 限界集落(人口1万人以下規模の住民が住む町のことらしい)では商業貴族が誕生し、ヨソモノが進出して来ない限りその貴族生活はうまく進むというはなしが書いてありました この詳細はX(旧twitter)で「限界集落 商業貴族」を検索するとヒットするポストで読めます 今日の私のnoteは直接このXポスト内容についてではなく、ここから連想される別件について書くことになります 私の連想とは、住民が減って限

          必要とされるボランティア活動は、たとえ仲間がどんどん減って、自分が最後の一人になってしまっても、実は・・・その先うまく進む可能性がある

          春の雑草、タネツケバナを料理に加えてみた件

          「タネツケバナ」は日本中に生える「雑草の代表のひとつ」ですそれを食う以前から雑草を食う「野食」に興味を持っていましたが、妻の「反対!」に遭ってなかなか雑草を食卓にのぼらせることが出来ないでしました ところが年初の大震災ニュースを知って『日本中どこに居ても震災に遭うことは避けられないから、そのとき飢えないように、なんでも食べられるようになっておくことは必要だ』と、考えを新にし、野食に改めて取り組むことにしました 春は食べられる雑草の宝庫な時期です野山には一斉に春の草が芽を出

          春の雑草、タネツケバナを料理に加えてみた件

          ゼロ円DIYへの挑戦、その1年後までに気づいたことメモ

          今日は、以前に投稿した下記記事の続きのnoteですかなり以前から、節約生活に取り組み、ドケチ体験もしてきましたが、安いモノを買う方法では生活の質が落ちてしまうことを実感しました それよりも無駄な出費をしない倹約の方が良いことは分かったのですが、人間たまには『こんなの無駄かもしれないけど、あったらいいな』という欲望にはなかなか勝てません 結局お金を使うハメになります その後買うより作ることを実践していた妻(料理や手芸のことでした)を見習って、家の中の不要品を使って欲しいモノに近

          ゼロ円DIYへの挑戦、その1年後までに気づいたことメモ

          「老後FIRE」は簡単にできる

          FIREは難しいけど「老後FIRE」なら簡単です!という実感をnoteしますFIRE(ファイアー)は、ファイナンシャルインディペンデンス リタイアアーリーという長い言葉の略語で、ざっくり意訳すると、 暮らしのために働かなくてよくなり早期引退する行動、となります 早期引退なので老後に引退すれば、それはもう「早期」ではないから、違うのではないか?という雰囲気もありますが、現代では70歳以降でも働いて稼ぐ人が少なくない世の中で、たとえば65歳で引退してしまうことは比較的早期引退と

          「老後FIRE」は簡単にできる

          防災で用意したもの3つ

          元旦に起きたまさかの能登地震 単なる地方地震ではなくて能登”大震災”だと私は思っています この大震災の前からメジャーなネット記事に、将来必ず来ると言われる南海・東南海地震への備えについての記事がありまして、そこには主に「逃げる」ことが書かれていました 逃げることは最優先なことは言うまでもないけど、揺れが一段落したら災害下でどう生活するかが大きな課題になります 電気やガスや水道はたぶん復旧に日数がかかるでしょう そういう記事を読んで、昨年から我が家で用意し始めた防災のためのモ

          防災で用意したもの3つ