見出し画像

古本卸を使う——古本を仕入れる4つの方法(4)

別冊 本の仕入れ方大全 3(4)

古本卸

 最後の四つ目は、古本卸を利用することだ。いわゆる昔ながらの出版業界、古書業界ではそれほど広く知られてはいないかもしれないが、そうしたビジネスに取り組んでいる会社がいくつか存在する。

「古本 卸」などと検索すれば、すぐにいくつかのウェブサイトが見つかる。多くは、新たに古本の売り場を作りたい小売店や、閲覧用の本を置きたい飲食店やマンガ喫茶などに向けて、セットで販売している。主に、古本の買取を大量に行っている会社が運営しているか、そうした会社の在庫を買い取って営業しているようだ。それなりに規模のある古本売り場を、あまり手間をかけずに作りたい場合には、活用できるといえるだろう。

 また、現状ではセットで量り売りのようなものが多いが、いずれ古本を単品で選ぶことができ、相場に対して卸価格で提供するようなサービスが立ち上がる可能性もあるだろう。そうなれば、個性ある本屋を開くための助けになるはずだ。

 以上、本を卸値で仕入れるための方法を、新品は五つ、古本は四つに分類して紹介してきた。この別冊によって、少しは仕入れのハードルが下がることを願う。あとは、自分に合った方法がどれなのか、どのように組み合わせられるのかを、後に続く章を読みながら考えて、決めたら各所に問い合わせるだけだ。ぜひ活用して、自分のイメージに近い本屋を作っていってほしい。

※『これからの本屋読本』P155より転載


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9
ブック・コーディネーター、クリエイティブ・ディレクター。新刊書店「本屋B&B」(東京・下北沢)と出版社「NUMABOOKS」を経営しつつ、「八戸ブックセンター」「神保町ブックセンター」「BIBLIOPHILIC」などの仕事をしています。散歩社取締役、バリューブックス社外取締役も。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。