運動麻痺で分離と筋出力を見分けるための評価のポイント 〜分離が悪いと思っているのは本当に分離が問題?〜
見出し画像

運動麻痺で分離と筋出力を見分けるための評価のポイント 〜分離が悪いと思っているのは本当に分離が問題?〜

本日も臨床BATONにお越しいただきありがとうございます!
第175日目を担当します滋賀県の田舎から大阪の職場へ通っている介護者セラピストのコバです。
介護者の視点から思ったことを臨床で使える形に書いていきたいと思います。

自宅で祖父の介護をしていますが、祖父の脳出血時のリハビリをきっかけに現在は運動麻痺についてブログを書いています。


またコバが書いた運動麻痺についての臨床BATONの記事はこちらから!
#臨床BATON麻痺  (←リンク貼っていますので押していただければページにいきます!)
で検索していただければ出てきますのでもしよければお読みください!


今回は運動麻痺の症状である分離の障害と筋出力の低下の見分け方について考えていきます!

運動麻痺の患者様を見たときにこれって分離が悪いのか、筋出力が低下しているのか迷う場面ってありませんか?

僕が1〜3年目の頃に運動麻痺の患者様を担当したときに、
上肢の挙上をしてもらうと肘も手も曲がってくる場面や足関節背屈をしてもらうと股関節や膝関節まで曲がってしまう場面を見て常に分離が悪いと考えていました。

そんな分離の悪い患者様でも少し手伝うと上肢の挙上ができたり、足関節の背屈ができることがありました。
でも自分でしてもらうとできず、上肢・下肢全体が屈曲してしまう・・・

これは分離が悪いけど潜在能力としてはできるくらいの能力がある!
と考えてアプローチしていました。

で結局のところ分離が悪いの?筋出力が低下しているの?
ってわからなくなっていました。

実は同じ分離の問題と筋出力の問題って見分けがつきにくい場面もあります。
これを見分ける方法を皆さんは臨床の中で自分の答えをお持ちでしょうか?
今回はそれを考えていきます!


この続きをみるには

この続き: 3,060文字 / 画像10枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンでは今まで投稿してきた全ブログ168本が入った詰め合わせパックとなっています。 このblogは、臨床BATONと言って脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている臨床の悩みや発見を読者の皆様と共有し、さらに全国のセラピスト達とバトンを繋いで、一緒に学ぶ成長していくことを目指したblogです。そんな想いをもったメンバーが集まってblogを書いています。

全国展開している脳外臨床研究会に所属するメンバー達が、『臨床で起こる悩み』『臨床での気づき』を読者の皆様と共有し、また知識を繋げていきたい…

今までに投稿してきた臨床BATONブログの中の『運動麻痺』をテーマにしたブログのみを集めたマガジンになっております。 臨床で運動麻痺のある…

または、記事単体で購入する

運動麻痺で分離と筋出力を見分けるための評価のポイント 〜分離が悪いと思っているのは本当に分離が問題?〜

脳外ブログ 臨床BATON

100円

この記事が参加している募集

最近の学び

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
好きありがとうございます\(^o^)/
脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている『臨床の悩みや発見』を『臨床BATON』というテーマで、読者の皆様と共有し、全国のセラピスト達と毎日バトンを繋いで、一緒に学び、成長していくことを目指しています。 そんな熱い想いを持ったメンバーが集まっています😊!