HOSTEL NINIROOM

京都 岡崎にある築40年の空きビルをリノベーションし、2017年12月に2人の姉妹で立ち上げたホステル。 友達に会いに行き、その友達のなんでもない日常を一緒に楽しむ「旅」。 NINIROOMは、そんな “京都に住む友達の部屋” のように在りたいと思ってます。

HOSTEL NINIROOM

京都 岡崎にある築40年の空きビルをリノベーションし、2017年12月に2人の姉妹で立ち上げたホステル。 友達に会いに行き、その友達のなんでもない日常を一緒に楽しむ「旅」。 NINIROOMは、そんな “京都に住む友達の部屋” のように在りたいと思ってます。

    マガジン

    • Ideaboard®

      • 15本

      Ideaboard®の開発秘話、利用頂いている方へのインタビューを掲載。

      • Ideaboard®

        • 15本

    最近の記事

    固定された記事

    もうひとつ”自分の拠点”を育てる滞在 | 京都ホステル長期滞在

    住んだことのない地域での一時的な生活体験。 一人暮らしでもなく、シェアハウスでもなく、その間のような半共同生活。 私たちは、自分たちの思い出深い旅が「友達が住むまちを訪ねる旅」だったから、それを施設のコンセプト「友達の部屋」に表現した。 でも今、NINIROOMで起こっているのは、もっと能動的に「もうひとつ自分の拠点を育てる」ような滞在。 そこが自分の ” 拠点 ” だったり ” 居場所 ” だと感じるには、とくに人との関わりがとても大きな要素なんじゃないかなと思う。毎

    スキ
    31
      • NINIROOM 4周年を迎えて

        こんにちは。12月に入りぐぐっと寒くなってきましたね。 世界規模のパニックは思ったより長引き、外出自粛、お酒の提供禁止、グループでの食事自粛、時短営業。なんだか映画の世界に生きていたようです。 でも、紅葉は今年もとても美しく、NINIROOM屋上の芝には霜が降り始め、京都の底冷えする冬の足音が今年もちゃんとやってきました。先行きの見えない日々に生きていても、自然の移り変わりが、季節は淡々と巡ってくることを教えてくれてほっとします。 今年は、1週間や1ヶ月単位で滞在する長期

        スキ
        22
        • ”チームNINI” 新メンバーの募集にあたり

          HOSTEL NINIROOMが開業して3年半、チームとしては何人の人と働いてきたんだろう。数えてみると、立ち上げを手伝ってくれた短期の学生アルバイトも含めて全部で13人。 とはいえ開業2年目以降のメンバーは今とほぼ変わらず、昨年のコロナを経て学生アルバイト2名が卒業し、ちょうど次のステップへ進んだところ。 (スタッフの集合写真は昔から多いで有名) 今、チームNINIは私たち姉妹2人と20-30代のスタッフ3名、そこに宿の運営を手伝ってくれる短期ヘルパーが2-3名入れ替わり

          スキ
          23
          • 住み込みヘルパーの「声」集めました。

            NINIROOMには住み込みで働くスタッフがいます。午前中はお掃除やフロント、カフェの業務を。午後3時に上がって、残りの時間は自分の好きなように過ごします。常時3名ほどでこのシフトを回すので、週3〜4日がお休みです。 毎日NINIROOMで寝起きし、次第にこの地域でのゆったりした過ごし方を熟知していく彼ら。ラウンジに集うスタッフやゲストと多くの時間を共有しながら、NINIROOMの空気感を一緒に作り出してくれる、とても大切な存在です。 彼らの体験談を集めました。読んでいる

            スキ
            15

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • Ideaboard®
            ideaboard® 他

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            新しい働き方、新しい生き方 | 京都ホステル長期滞在

            NINIROOMに長期滞在の人が増えて久しいです。 毎日新しいゲストを迎えては見送っていた日常が変わり、見慣れた顔ぶれと毎朝おはようを言い合うのもなかなかいい。 ここにいると、図らずも今の状況に柔軟に対応する人たちの過ごし方、そして新しい生き方のたくさんのお手本を見せてもらっているみたい。 会社の方針で無期限のリモートワークになったのを機に、昨年末から東京を離れてNINIROOMに住んでいる会社員のまりやちゃん。 しょうごくんは、同期と京都でコーヒーブランド COYOT

            スキ
            52

            NINIROOM 3周年企画 | コンセプトルーム「泊まれる #友達の部屋」

            最初のコンセプトイメージは「先輩の部屋」HOSTEL NINIROOMのコンセプト「友達の部屋」について、よく経緯は聞かれるのですが、言葉としては元々「先輩の部屋」っていいよねという話から始まったんです。 先輩の部屋って、おもしろい本が置かれてたり、意外な趣味とか、リネンのセンスとか、みたことないスパイスとか、なんだかすごくわくわくしない?なんか気が合う人たちの溜まり場みたいなイメージもあるよね、とかそんな話をしていたのを覚えてる。最終的には先輩の部屋、ってなんかちょっと偉

            スキ
            12

            レンタルスペース

            カフェラウンジ、キッチン、各客室、屋上などNINIROOMのスペースを様々な用途にご利用いただけます。 これまでにPOP UPカフェ、撮影、ワークショップ、作品展示、マーケティングなどの用途にご利用いただきました。 施設見学や用途についてのご相談も随時受け付けております。お気軽にご相談ください。 利用場所と料金について □1階ラウンジ ソファ席10席、ハイテーブル12席 ※新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、一度に滞在いただける人数を12名として運営をお願いしていま

            スキ
            14

            【団体・長期利用者向け】特別宿泊プランのご案内

            HOSTEL NINIROOMでは、長期滞在または団体でのご利用をお考えの皆さんへ、特別な料金プランをご用意しています。スタッフは全員英語対応可能です。大学ご関係者さまからの紹介で、国外からのお客様のご予約も承ります。1〜2名での長期滞在をご希望の方は下記ウィークリー・マンスリープランをご利用ください。 <長期・団体割プランの対象> ▶︎7泊以上から長期割引を適用します。 ▶︎1グループ8名様以上から団体割引を適用します。 <料金>割引率はシーズンやご希望のプランによって

            スキ
            3

            わかくさカフェ | 少女のための居場所づくり始まりました

            7月から、京都わかくさねっとと一緒に、10代少女の居場所づくりの取り組みを始めました。4月から準備してきて、じわりじわりと動き始めたこの活動。まだ会ったことのない、困っている誰かのために、私たちにできることを模索しています。 1. 京都わかくさねっと/わかくさカフェ とは京都わかくさねっとは、生きづらさを抱える少女たちを支援するために、 2016年7月、更生保護女性連盟が主体となって立ち上げたプロジェクト。一般社団法人として「少女の寄り添い支援」や「児童養護施設でのこども食

            スキ
            39

            オンライン宿泊でもう一度見えてきた ”旅すること” の魅力

            オンライン宿泊 第二回目も楽しく終了。 今回は仙台・東京・京都・和歌山・松山からのご宿泊。全国津々浦々から、ありがとうございました。とても楽しかった。 5月に”オンライン宿泊”なるものを知り、自分たちなりに実践してみて、見えてきたもの。それは、私たちの好きな”旅”ってどんなものだったっけ?という根本的なこと。 旅って、ただ寝泊まりだけじゃない。NINI流オンライン宿泊の最大の特徴は、地域のお店や作り手さんと一緒になって、地域体験をまるごと届けること。これは企画段階からと

            スキ
            17

            第一回オンライン宿泊レポート #NINIのお泊まり宅急便ー京都からおじゃましますー

            NINIROOM初めてのオンライン宿泊が終了! ゲストのみなさんのおかげで、興味深い話題がたっっぷりな楽しい会にしていただき感謝です。ほんとに楽しかった!!! 今回は7名の方にご参加いただいたのですが、「オンライン宿泊???イメージがわかないので少し不安だった」いう声が多かったので第一回目の様子をレポートします!不安を乗り越えて参加してくださった今回の猛者たち!ありがとう! 今回すごく楽しかったので早速次回の日程決めました。 次回は6月20-21日、7月4-5日の開催が決

            スキ
            20

            株式会社NINIのはじまりとこれから

            姉妹で立ち上げた株式会社NINIは、間違いなく、”HOSTEL NINIROOM”という場づくりのプロジェクトをきっかけに生まれた会社です。 ただ、2017年創業時、まだ会社員だった2人で共有していた思いは、 「デザイナーとPRプランナーとして、別のキャリアを積んできた2人で組めば、きっと楽しいことを仕事にできる!!!」 ということでした。 だから、借りられることになった物件がいい感じのレトロなビルでなければ、立地が町中からすこし外れた岡崎でなければ、そしてインバウン

            スキ
            35

            新型肺炎が拡大する中でNINIROOMが取り組んだこと

            今回の新型肺炎/コロナウィルス問題で、私たちはすごく翻弄されてしまっているのですが、この冬自分たちが何を考えて、何をやってみているのかをまとめておこうと思います。 私たちは、以心伝心のような姉妹の二人で、株式会社NINIを始めた日から、それぞれの得意分野を持ち寄って、些細なことも相談しながら進んできました。さらにチームにもとても恵まれて、苦しさも、不安も、おそらく戻って来るだろう穏やかな日々へのモチベーションも、分かち合うことができる人が増えました。でも、同じ宿泊業界で、と

            スキ
            40

            受賞歴

            2020年第8回京都女性起業家賞(アントレプレナー賞)https://www.pref.kyoto.jp/josei/news/press/2020/1/08_finalist.html 2019年 令和元年度「京都らしい宿泊施設表彰」受賞 https://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/page/0000259964.html 京都信用金庫「地域の起業家大賞」 https://www.kyoto-shinkin.co.jp/whatsnew/n1

            スキ
            1

            メディア掲載

            | 2021.7.20 | 読売テレビ 『関西情報ネットten』   NINIROOMが展開した長期滞在プラン「マンスリー/ウィークリープラン」の様子が読売テレビのニューズ番組 『関西情報ネットten』にて紹介されました。新しい働き方や暮らし方を始めた実際の利用者インタビューも取り上げていただきました。 | 2021.4.15 |京都新聞 新型コロナウイルス感染の拡大に伴い宿泊施設が打撃を受ける中、NINIROOMが展開した長期滞在プラン「マンスリー/ウィークリープラン」

            スキ
            1

            丸太町割!ご近所のみなさん、NINIROOMに泊まってみませんか?

            コロナウィルスの拡大に伴って、イベントも旅行も中止、自粛ムード。 私たちも毎日、国内外問わずたくさんのゲストのキャンセル連絡に対応しています。京都への旅行を楽しみにしていたのに残念な気持ちもすごくわかるから辛い。この時期に、飛行機乗って、新幹線乗って、京都観光なんて躊躇しちゃうよね。宿側としては悲しいけど。 そこで! NINIROOM徒歩圏内にいらっしゃるご近所さんへ。 突然の自宅勤務の人、ちょっと明るい気持ちが足りない人、長ーい春休みになったご家族などに向けた”丸太町割宿

            スキ
            50