ニジノ絵本屋

ニジノ絵本屋は、2011年に東京都目黒区にオープンした小さな絵本専門店です。 虹のように「読み手」と「作り手」の架け橋になることを目標に、 「店舗販売」「出版」「イベント」の3軸で活動を行なっています。 http://nijinoehonya.com/

ニジノ絵本屋

ニジノ絵本屋は、2011年に東京都目黒区にオープンした小さな絵本専門店です。 虹のように「読み手」と「作り手」の架け橋になることを目標に、 「店舗販売」「出版」「イベント」の3軸で活動を行なっています。 http://nijinoehonya.com/

    マガジン

    • おむすびひろばのスケジュール/ニュース

      • 28本

      こちらのマガジンでは「おむすびひろば」の最新情報が見れます!

    • 絵本『ビーズのおともだち』マガジン

      『ビーズのおともだち』作者であるおおにしわかちゃんと制作チームメンバーに、絵本作家であり、働く女性向けのコラムなどを書いているナカセコエミコさんが聞き手となってこれまでの道のりや絵本制作秘話をインタビューしました。 絵本づくりに携わったそれぞれのオンリーワン・ストーリーをご紹介します。 それ以外にも関係者のインタビューや情報なども発信されます。

    • 絵本『夜のおたんじょう会へ』新装版のこと

      絵本『夜のおたんじょう会へ』新装版が2022年6月10日に発売されます。このnoteは、作者きたによしこの備忘録です。私家版が2014年に出版されてから8年。この絵本がどのようなストーリーを経て、新装版として再出版されたかを、この絵本の作者であるきたによしこがお伝えします。絵本のストーリーとは別の、もうひとつの絵本の物語です。

    • 毎月変わる!絵本の原画展 at ニジノ絵本屋

      東京都目黒区東急東横線「都立大学」駅から徒歩3分の場所にある 小さな絵本専門店の店内にて開催される絵本原画展や、作家さんの作品展のお知らせを発信しています。 ■場所:ニジノ絵本屋 店内  東京都目黒区平町1-23-20

    • 絵本『そしておめでとう』

      • 13本

      卒園の贈り物にぴったりの絵本『そしておめでとう』が2021年1月に発売🌈 企画から発売までのエピソードを、制作メンバーが記事で紹介します。

    最近の記事

    ニジノ絵本屋のどこでもバルーン/バルーンアーティスト佐藤だいすけ

    ニジノ絵本屋のどこでもバルーン『ニジノ絵本屋のどこでもバルーン』は、バルーンアーティスト佐藤だいすけを中心に、さまざまイベントで「絵本×バルーンアート」のワークショップやステージ、アーティストたちとのコラボレーションをおこなっております。 ▼プロフィール 大学時代にバルーンアートに出会う。仲間に恵まれ、2004年から毎年行われているバルーンアートの全国大会であるツイスターズ、その2010年の大会で3人組で作る3on3コンテストにて優勝。 その後、高齢者施設や保育施設を中心に

    スキ
    2
      • おばあちゃんがつくってくれた紫色の帽子

        絵本『ビーズのおともだち』ができるまで_番外編このエピソードはわかちゃんのお母さんにお話を聞きました。この回は、絵本『ビーズのおともだち』の主人公がかぶっている、この紫の帽子のお話です。  わかが病気で入院生活を始めたのは、4歳のときです。幼稚園のお友達は会えなくなるし、家族と離れての生活で、一人で寝るのが寂しい。そんな毎日、相手をしてくれるのは、医療スタッフの方々です。看護師さんは、お着替えを手伝ってくれます。 「これ可愛いお洋服だね!」 「おばあちゃんが、つくってく

        スキ
        5
        • 栃木県の書店さん。うさぎやTSUTAYA栃木城内店さんで絵本展開催中_絵本『夜のおたんじょう会へ』新装版コラムvol.09

          〜作者きたによしこの備忘録〜⑧のつづきです。〈イタリア語訳のこと①〉の続きはまた次回に! 〈絵本店のこと〉栃木県の書店さん。 うさぎやTSUTAYA栃木城内店さんにて、絵本展を開催していただいています。 実は新装版の出版にあたり、このうさぎやTSUTAYAさんが背中を押してくれた…とも言えるんです。 去年1000部の私家版が売り切れて、増刷したいとニジノ絵本屋のいしいあやさんも言ってくださっていましたが、スケジュールに関してはどのように進めていこうかと悩んでいたところもあ

          スキ
          5
          • 編集を担当したニジノ絵本屋いしいあやさんに聞いてみました。

             ニジノ絵本屋の絵本作家であり、働く女性向けのコラムなどを書いているナカセコエミコさん。『ビーズのおともだち』作者であるおおにしわかと制作チームメンバーに、ナカセコさんが聞き手となってこれまでの道のりや絵本制作秘話を伺います。絵本づくりに携わったそれぞれのオンリーワン・ストーリーをご紹介します。 episode4_いしいあや わかちゃんが手作りで制作したオリジナル絵本『ビーズのおともだち』。商業出版をするにあたり、わかちゃんの原案をもとに制作するチームを作り、出版準備を進行

            スキ
            24
            • おばあちゃんがつくってくれた紫色の帽子

              スキ
              5
              • 栃木県の書店さん。うさぎやTSUTAYA栃木城内店さんで絵本展開催中_絵本『夜のおたんじょう会へ』新装版コラムvol.09

                スキ
                5
                • 編集を担当したニジノ絵本屋いしいあやさんに聞いてみました。

                  スキ
                  24

                マガジン

                マガジンをすべて見る
                • おむすびひろばのスケジュール/ニュース

                  • 28本

                  こちらのマガジンでは「おむすびひろば」の最新情報が見れます!

                • 絵本『ビーズのおともだち』マガジン

                  • 10本

                  『ビーズのおともだち』作者であるおおにしわかちゃんと制作チームメンバーに、絵本作家であり、働く女性向けのコラムなどを書いているナカセコエミコさんが聞き手となってこれまでの道のりや絵本制作秘話をインタビューしました。 絵本づくりに携わったそれぞれのオンリーワン・ストーリーをご紹介します。 それ以外にも関係者のインタビューや情報なども発信されます。

                • 絵本『夜のおたんじょう会へ』新装版のこと

                  • 8本

                  絵本『夜のおたんじょう会へ』新装版が2022年6月10日に発売されます。このnoteは、作者きたによしこの備忘録です。私家版が2014年に出版されてから8年。この絵本がどのようなストーリーを経て、新装版として再出版されたかを、この絵本の作者であるきたによしこがお伝えします。絵本のストーリーとは別の、もうひとつの絵本の物語です。

                • 毎月変わる!絵本の原画展 at ニジノ絵本屋

                  • 13本

                  東京都目黒区東急東横線「都立大学」駅から徒歩3分の場所にある 小さな絵本専門店の店内にて開催される絵本原画展や、作家さんの作品展のお知らせを発信しています。 ■場所:ニジノ絵本屋 店内  東京都目黒区平町1-23-20

                • 絵本『そしておめでとう』

                  • 13本

                  卒園の贈り物にぴったりの絵本『そしておめでとう』が2021年1月に発売🌈 企画から発売までのエピソードを、制作メンバーが記事で紹介します。

                • はぐくみ句

                  • 4本

                  林の古い切り株があっと言う間にこびとの台所になったり、おもちゃの木馬がユニコーンになって虹の橋を越えたり… こどもたちが遊びながら囁いたり、つぶやいたりする言葉に、横でせかせか片付ける手をほんの少し止めてじっと耳を澄ましてみる。すると大人の私にも、まだまだ夢の世界へ一瞬で羽ばたける力があることに気付かされたりします。 お話としてまとめるのに尻込みしてしまう人も、気軽に俳句を詠む気分で耳を傾けたら…ほら、お話のアイディアに溢れる小さなつぶやきが今日も沢山!それらに耳を澄ますと、こどもたちに対して心の目が開く気がします。忙しない日々の流れに消えてしまいそうな宝物のあぶくを、そうっと両手で水面からすくい取るような気持ち。書き溜めたら、それはきっと一生の宝物に。今しか書けない「はぐくみ句」を、一緒に書いてみませんか。 ヘッダー画像:Aiko Poole

                • 絵本『種をあつめる少年』

                  • 6本

                  このマガジンは、2022年1月発売予定の絵本『種をあつめる少年』(作:さわのめぐみ(ものがたり食堂)、絵:中村まふね)のことを中心に綴られています。制作秘話から出版前後のこと、2021年11月より更新されていきます。

                • このメディアに出ました!

                  • 3本

                  ニジノ絵本屋のメディア掲載情報をご覧いただけます。 情報は随時更新中です。

                • 絵本『LEMON TIME-檸檬とつなぐ毎日』

                  • 8本

                  ▼絵本『LEMON TIME -檸檬とつなぐ毎日-』のあらすじ 懐かしい場所、大事な人、 たとえ会えなくても、私たちは今、つながっている。 絵本『COFFEE TIME -珈琲とめぐる毎日-』から3年、世界は大きく変わりました。 主人公である働く女性は独立して在宅ワークをするようになり、優しい動物たちには新しい仲間が加わりました。 好きなものに囲まれた暮らしは心地よいけれど、責任ある仕事と一人で向き合う日々はときに孤独。 そんなある日、故郷から山盛りのレモンが届きます。 美しい故郷の海とレモン畑を思い浮かべて。 大事な人たちと今は会えないけれど、心はたしかにつながっている。 そんなふうに感じさせてくれるレモンの時間が、優しい言葉とイラストで描かれています。

                • おむすびひろばのスケジュール/ニュース

                  • 28本

                  こちらのマガジンでは「おむすびひろば」の最新情報が見れます!

                • 絵本『ビーズのおともだち』マガジン

                  • 10本

                  『ビーズのおともだち』作者であるおおにしわかちゃんと制作チームメンバーに、絵本作家であり、働く女性向けのコラムなどを書いているナカセコエミコさんが聞き手となってこれまでの道のりや絵本制作秘話をインタビューしました。 絵本づくりに携わったそれぞれのオンリーワン・ストーリーをご紹介します。 それ以外にも関係者のインタビューや情報なども発信されます。

                • 絵本『夜のおたんじょう会へ』新装版のこと

                  • 8本

                  絵本『夜のおたんじょう会へ』新装版が2022年6月10日に発売されます。このnoteは、作者きたによしこの備忘録です。私家版が2014年に出版されてから8年。この絵本がどのようなストーリーを経て、新装版として再出版されたかを、この絵本の作者であるきたによしこがお伝えします。絵本のストーリーとは別の、もうひとつの絵本の物語です。

                • 毎月変わる!絵本の原画展 at ニジノ絵本屋

                  • 13本

                  東京都目黒区東急東横線「都立大学」駅から徒歩3分の場所にある 小さな絵本専門店の店内にて開催される絵本原画展や、作家さんの作品展のお知らせを発信しています。 ■場所:ニジノ絵本屋 店内  東京都目黒区平町1-23-20

                • 絵本『そしておめでとう』

                  • 13本

                  卒園の贈り物にぴったりの絵本『そしておめでとう』が2021年1月に発売🌈 企画から発売までのエピソードを、制作メンバーが記事で紹介します。

                • はぐくみ句

                  • 4本

                  林の古い切り株があっと言う間にこびとの台所になったり、おもちゃの木馬がユニコーンになって虹の橋を越えたり… こどもたちが遊びながら囁いたり、つぶやいたりする言葉に、横でせかせか片付ける手をほんの少し止めてじっと耳を澄ましてみる。すると大人の私にも、まだまだ夢の世界へ一瞬で羽ばたける力があることに気付かされたりします。 お話としてまとめるのに尻込みしてしまう人も、気軽に俳句を詠む気分で耳を傾けたら…ほら、お話のアイディアに溢れる小さなつぶやきが今日も沢山!それらに耳を澄ますと、こどもたちに対して心の目が開く気がします。忙しない日々の流れに消えてしまいそうな宝物のあぶくを、そうっと両手で水面からすくい取るような気持ち。書き溜めたら、それはきっと一生の宝物に。今しか書けない「はぐくみ句」を、一緒に書いてみませんか。 ヘッダー画像:Aiko Poole

                • 絵本『種をあつめる少年』

                  • 6本

                  このマガジンは、2022年1月発売予定の絵本『種をあつめる少年』(作:さわのめぐみ(ものがたり食堂)、絵:中村まふね)のことを中心に綴られています。制作秘話から出版前後のこと、2021年11月より更新されていきます。

                • このメディアに出ました!

                  • 3本

                  ニジノ絵本屋のメディア掲載情報をご覧いただけます。 情報は随時更新中です。

                • 絵本『LEMON TIME-檸檬とつなぐ毎日』

                  • 8本

                  ▼絵本『LEMON TIME -檸檬とつなぐ毎日-』のあらすじ 懐かしい場所、大事な人、 たとえ会えなくても、私たちは今、つながっている。 絵本『COFFEE TIME -珈琲とめぐる毎日-』から3年、世界は大きく変わりました。 主人公である働く女性は独立して在宅ワークをするようになり、優しい動物たちには新しい仲間が加わりました。 好きなものに囲まれた暮らしは心地よいけれど、責任ある仕事と一人で向き合う日々はときに孤独。 そんなある日、故郷から山盛りのレモンが届きます。 美しい故郷の海とレモン畑を思い浮かべて。 大事な人たちと今は会えないけれど、心はたしかにつながっている。 そんなふうに感じさせてくれるレモンの時間が、優しい言葉とイラストで描かれています。

                記事

                記事をすべて見る
                  • イタリア語の音感って、コロコロしててリズミカル!_絵本『夜のおたんじょう会へ』新装版コラムvol.08

                    〜作者きたによしこの備忘録〜⑦のつづきです。 〈イタリア語訳のこと①〉イタリア語訳のエピソードは長いので2つに分けてます。 『夜のおたんじょう会へ』新装版の最後のページにはイタリア語訳が入っています。 2018年春、ニジノ絵本屋のいしいあやさんはイタリアのミラノにて、絵本イベントを開催しました。 オーガナイザーは、ミラノ在住のアーティストご夫婦。 工藤あゆみさん、工藤ふみたかさん。 工藤あゆみさんは『はかれないものをはかる』(青幻舎)、『キスの練習をしていますまた会える日

                    スキ
                    9
                    • ストーリーを超えた普遍的な生きる喜び_絵本『夜のおたんじょう会へ』新装版コラムvol.07

                      〜作者きたによしこの備忘録〜⑥のつづきです。 〈The Worthless(ザ・ワースレス)のこと〉 新装版の『夜のおたんじょう会へ』は、絵本からインスピレーションを得て、作詞作曲されたコラボ楽曲を聴く事ができる絵本として生まれかわりました。 奥付(絵本の中ページ、中表紙の左横)にある、QRコードを読み取るとThe Worthless(ザ・ワースレス)さん作詞作曲の「はじまりのうた」を聴くことができます。 ニジノ絵本屋さんとコラボしてザ・ワースレスさんは「絵本」のインス

                      スキ
                      7
                      • 「わかちゃんの折り紙」_わかちゃんのお母さんに聞いてみました_その2

                        絵本『ビーズのおともだち』ができるまで_番外編このエピソードはわかちゃんのお母さんにお話を聞きました。この回は、絵本『ビーズのおともだち』にも出てくる、折り紙のお話です。  入院生活は、ベッドの上で長い時間を過ごします。わかは幼稚園のころから、工作が好きでした。折り紙とマスキングテープがあれば、想像力豊かにいろいろなものが作れます。母の日にはカーネーション、こどもの日には鯉のぼり、思い出の作品は山ほどあります。  折り紙を折るという作業は、気持ちを落ち着かせる効果があるの

                        スキ
                        8
                        • The Worthless(ザ・ワースレス)からお祝いのうた!_絵本『夜のおたんじょう会へ』新装版コラムvol.06

                          〜作者きたによしこの備忘録〜⑤のつづきです。 〈お祝いのうたがとどきました!〉 The Worthless(ザ・ワースレス)さんからなんとお祝いのうたがとどきました! 嬉しい… このしあわせを皆さんのお耳にお福わけ。 「きたにさんおめでとぉー」のイントネーションがかわいい…笑 あたんちゃん胸がぽかぽか。 ・・・・・・・・ 賑やかしジャグバンド「ザ・ワースレス」さんは、ニジノ絵本屋さんとコラボして絵本から得たインスピレーションで楽曲制作をされています。 そして今回の『

                          スキ
                          5
                          • 英語訳、最後に追加された「for you」 _絵本『夜のおたんじょう会へ』新装版コラムvol.05

                            〜作者きたによしこの備忘録〜④のつづきです。 〈新装版の英訳のこと〉 私家版を発売して1年くらいたったころ、読者の方からメッセージをいただきました。 『夜のおたんじょう会へ』がとても好きだと言ってくださいました。 その方は翻訳のお仕事をされていました。 絵本の読み聞かせ活動をしているその方は、独自で翻訳した英語バージョンも読み聞かせされていて、『夜のおたんじょう会へ』も英訳して読み聞かせしてくださっていました。 それが今回の英訳に繋がりました。 英語翻訳者の本山ちひろ

                            スキ
                            9
                            • 全国の書店さん&ネット書店さんから注文できます_絵本『夜のおたんじょう会へ』新装版コラムvol.04

                              〜作者きたによしこの備忘録〜③のつづきです。 〈無事絵本が出来上がりました!〉 絵本『夜のおたんじょう会へ』新装版が製本されて出来上がってきました。 新装版のおたんじょうびは5月21日になります。 現在、ニジノ絵本屋さんにて先行予約販売が始まっています。 ▼ニジノ絵本屋 一般発売日は6月10日からになります。全国の書店さんから注文できるようになります。今は予約注文ができる期間です。ぜひ、お近くの書店さんにご注文いただけたら嬉しいです。もちろんAmazonや楽天ブック

                              スキ
                              11
                              • 私家版と新装版のちがいについて_絵本『夜のおたんじょう会へ』新装版コラムvol.03

                                〜作者きたによしこの備忘録〜②のつづきです。 〈これまでの歩み③〉 私家版の『夜のおたんじょう会へ』をお持ちの方、本当にありがとうございます。 初版ならではの雰囲気があると(勝手に)思っているので、もしよかったらこのままお手元に置いてやってください。 もしくは大切な誰かに、受け継いでもらえたら嬉しいです。 新装版はニジノ絵本屋さん仕様になっていろいろと形態が変わります。 お値段も本のサイズも変更になりました。(ひとまわり小さなサイズになりましたが、その分、もっとたくさんの

                                スキ
                                5
                                • 絵本1000冊が自宅に積み上がり不安だった日_絵本『夜のおたんじょう会へ』新装版コラムvol.02

                                  〜作者きたによしこの備忘録〜①のつづきです。 ①はこちらです。↑ 〈これまでの歩み②〉 印刷は、昔勤めていた松山の佐川印刷さんに、ご協力いただきました。 納品後、部屋に段ボールが積み上がったのを見たときは不安になりました。 大きな絵本を1000部も作ってしまって本当に大丈夫かな?と。 最初は友人たちや親戚の方たちが購入してくれました。 そのうち展示会をする機会や出会いも増えて、だんだん絵本を知ってくださる人が増えていきました。 例えば、昔の同級生が買ってくれていて、

                                  スキ
                                  8
                                  • ボローニャで絵本の売り込みをしたあの日のこと_絵本『夜のおたんじょう会へ』新装版コラムvol.01

                                    〜作者きたによしこの備忘録〜しばらくソールドアウトになっていた、絵本『夜のおたんじょう会へ』が、2022年、新装版となって、ニジノ絵本屋さんより、出版される事になりました。 今年になってバタバタと準備してきましたが、6月10日に発売を予定しています! 今までの歩みを絵本『夜のおたんじょう会へ』の作者である、私、きたによしこ本人が、備忘録として記します。 〈これまでの歩み①〉 絵本『夜のおたんじょう会へ』は、2014年秋に私家版として出版しました。 それまでの私は、絵本を

                                    スキ
                                    8
                                    • わかちゃんのお母さんに聞いてみました_その1

                                      絵本『ビーズのおともだち』ができるまで_番外編このエピソードはわかちゃんのお母さんにお話を聞きました。  わかは小さい時から絵を描くことが好きでした。ママとパパと手をつないでニコニコ笑っている家族の絵を、毎日のように描いていました。ある日、わかの絵が4人になりました。  「おねえちゃんになったね。」そう思っていた矢先、わかの病気がわかりました。小児がんです。4歳の幼い子どもにとって長い入院生活でさみしかったはずですが、ベッドの上はいつも、小さな作品に囲まれていました。

                                      スキ
                                      15
                                      • 絵本『ビーズのおともだち』展【4/7~4/25】

                                        2022年4月8日に一般発売する絵本『ビーズのおともだち』(作:おおにしわか/文:大川久乃/絵:のだかおり/装丁:髙橋まりな)の企画展がニジノ 絵本屋店内にて開催されます! 絵本『ビーズのおともだち』って?会期中、絵本のパネル展示のほか、原作者のおおにしわかちゃんを応援してくれるNPOなどのご紹介展示、わかちゃんが入院中に作った作品の展示もあります。さらに、わかちゃんのメッセージムービーや、わかちゃんが歌う絵本の曲も視聴できるなどなど盛りだくさんの企画で4月25日(月)まで

                                        スキ
                                        23
                                        • 絵本作家でイラストレーターの、のだかおりさんに聞いてみました。

                                           ニジノ絵本屋の絵本作家であり、働く女性向けのコラムなどを書いているナカセコエミコさん。『ビーズのおともだち』作者であるおおにしわかと制作チームメンバーに、ナカセコさんが聞き手となってこれまでの道のりや絵本制作秘話を伺います。絵本づくりに携わったそれぞれのオンリーワン・ストーリーをご紹介します。 episode3_のだかおり わかちゃんが手作りで制作したオリジナル絵本『ビーズのおともだち』。商業出版をするにあたり、わかちゃんの原案をもとに絵を描いたのがイラストレーターののだ

                                          スキ
                                          26