魚と旅するマーケット「UMIKARA」

31

「お得」「簡単」「美味しい」ってテンションあがりますよね!

新型コロナウイルスの拡大を防ぐために、少しでも早く収束につなげるために、
いま私たちができることは「ステイホームを頑張る」こと。
けれど、ステイホームを貫くのは、ストレス・負担がかかりますよね。
特に食事。

ニュースをみていても、食事の負担がぐっと増えたという意見が多い。
簡単メシのレシピ本なんかが、飛ぶように売れているとか。

学校が休校となり、朝・昼・夜のしっかりとした食事の支度が必要になっ

もっとみる

加工場だから出来る事

新型コロナウイルスが蔓延し、外出が制限され様々な事が自粛される日々が続いています。

学校も休校が続き、おうちでは3食の食事を準備する日々も続いています。
お魚を扱う加工場として何かお手伝い出来る事がないかな?お魚で食卓を応援させてもらいたいな、そんな想いが出てきました。

加工場の桜干しや一夜干しも焼くだけで、手軽に美味しく食べて貰える自慢の商品だけど、もっと手軽に新鮮なお魚を食べて貰いたいな�

もっとみる
読んで頂いてありがとうございます🎵
1

タマリンド・・・?

今のまちづくりのプロジェクトに関わってから、今までに聞いた事のない食材に出会います。

日々、学びなのですが、「これは何?」「それは何?」「どうやって使うの?」の毎日なのです。

今、お魚を使ったカレーを開発中なのですが、お手本がシンガポールのフィッシュヘッドカレー。
シェフと色々調べてみた中に出てきた「タマリンド」

タマリンドって、何?(笑)

酸味の元みたいです。

ふやかして揉みしだいて、

もっとみる
読んで頂いてありがとうございます🎵
3

旬のヒラメとアカモク!

今日もとれたてのヒラメとアカモクが並んでいます!
ヒラメのお刺身とカルパッチョはもちろんですが、アカモクが人気です!!
人気商品なのでおはやめにどうぞ~☆

チャンス到来!

難しい顔ばかりしている上層部のおじさん達にプレゼンをしてみたところ、難しい顔ばかりしているので、イマイチ手応えも掴めず、どうしたものか・・・と、途方に暮れていたところにチャンス到来です🎵

和田浜の浜茶屋「NEW BEACH TIME」の監修に来られていた、料理開拓人の堀田裕介氏に食べて頂き、アドバイスを頂ける機会が(*´∀`)♪

すり身をミンチカツにしていたので、それを持ってイソイソと準備を

もっとみる
読んで頂いてありがとうございます🎵
6

その想像をこえる魚食を提供するために…

魚料理といえば、刺身や焼き魚(干物ふくむ)、煮付けが中心でしょうか。むしろ、それ以外の魚料理に出会えるケースは少ないです。

なんとなく地味でパッとしない。
美味しいのは美味しいけど映えない。
骨が…

これが、世間一般的な魚料理への評価かと思います。この決してポジティブとは言えない魚料理へのイメージを、どっかーーんと変えられるものを提供していかないと、「魚食離れに歯止めを!」という僕たちのミッシ

もっとみる

YOU CAN FLY!キミは主人公の資質を持っている。

もともと、わたしは魚に対して知識がない・・・というか、あまり興味もなく、食べられる魚って何?と聞かれて、パッと思いつくのは「タイ」「アジ」「サバ」「サンマ」「タラ」「マグロ」あとは「シシャモ」くらいでしょうか。

そんなわたしですが、海辺の町に住むようになり、来年にオープン予定の「UMIKARA」という魚に特化した商業施設のお仕事をさせていただくようになり、そして「シイラ」というお魚に出会います。

もっとみる

へしこ博士の厳しいチェック…その結果は??

年があけると若狭地域の水産加工業者には「恒例」の作業が待っています。
それは「へしこ」漬けです。

へしことは…書き始めると長くなるので詳細は割愛しますが、
日本海の北陸地方を中心に製造されている魚の発酵食品です。

そのへしこは寒い時期に漬け、暑い夏を超えて、美味しく仕上がります。
なかなかの「ストレス」をかけるわけですね!

とはいえ、ストレスをかければいいというわけではありません。
とにかく

もっとみる

想いだけでは届かない

エソを入れてすり身を作るゾ!
意気込んでいたら、なんと(´・ω・`)
エソは高浜では漁師さん達が捨てきちゃうお魚なんだとか∑(°口°๑)

えっ、どうやって手にいれたらいいの?
早速、途方に暮れてしまいます(*´・ω・)

そんな中、エソを捕ってきてくれた漁師さんがいて、親切にわけて下さいました🎵
ありがとうございます(*´∀`)♪

しかし、まだ問題が。
すり身の「行き先」であるゴールを設定し

もっとみる
読んで頂いてありがとうございます🎵
6

ホンモノのヒラメ

ほぼほぼ毎日、漁港にいって魚を仕入れてるわけですが…
まだまだ素人な訳で正直、魚の目利き(どれが美味しそうか)は完璧にはできません。ということで、僕には一緒に仕入れてくれるお師匠さんがいるわけです。通称こっすー。

はもと加工販売所では週末限定で「生魚(刺身やカルパッチョ)」の販売をスタートしてまして、この週末には生魚用に「ヒラメ」を仕入れようとしていました。

ですが、ここで問題発生。
まだまだ

もっとみる