myonter

大衆芸能と「水カステラ」をこよなく愛する兼業主夫です。京都市下京区に住み、大阪府吹田市の小さな女子大に勤務しています。生活信条は「腹八分目」、政治信条は「反排外主義」。主に「落語」についての文章を掲載していきます。
    • 私と落語
      私と落語
      • 9本

      子どもの頃からの落語好き、いまは前期高齢者。うすれいく記憶を辿りながら、これまで出会った落語家との私的な思い出を綴ります。(画像は露の新治・新幸師弟、絶賛応援中)

記憶の中の落語家【8】二代目桂枝雀【*】

 4月から始めたこのシリーズ、「テレワーク」中の気晴らしとして始めたのであるが、いったん区切りを付けることにする。というのも、私の職場(私立女子大学)では6月1日…

記憶の中の落語家(7)三代目桂文我【*】

[画像は、前田憲司『桂文我』(喜迴舎、1995年)より引用)]  私がこの連載で取り上げているのは、原則として自分が生で見た落語家かつ鬼籍に入られた方を対象としてい…

記憶の中の落語家(6)四代目桂文紅【*】

[画像は、四代目桂文我編『桂文紅日記 若き飢エーテルの悩み』(青蛙房、2009年)より]  私が高校落研時代(1970-73)に通っていた道頓堀角座、そこで生で聴いた落語…

記憶の中の落語家(5)二代目露の五郎兵衛【*】

 上方落語四天王を生年順に並べてみると、六代目笑福亭松鶴(1918年8月17日 - 1986年9月5日)・三代目桂米朝(1925年11月6日 - 2015年3月19日)・三代目桂春団治(1930年3…

記憶の中の落語家(4)五代目桂文枝【*】

 私が落語を生で楽しみだしたのは、高校時代の落語研究会の活動(1970年4月〜73年3月)からである。当時関西に定席はなく、せいぜい道頓堀角座で年に数回開催される落語会…

記憶の中の落語家(3)三代目桂春団治【*】

(画像は、『三代目 桂春団治』(弘文出版、1996年3月15日)より)  落語に興味のない方にも知られている落語家の名前、「桂春団治」はその最たるものであろう。映画「…