Takashi Endo

バンドとかライブハウスとかレーベルとか。駄文連ねます。http://cxoxt.net

Takashi Endo

バンドとかライブハウスとかレーベルとか。駄文連ねます。http://cxoxt.net

    マガジン

    最近の記事

    20220403 いわきSONIC

    8:30 起床。 ホテルにある大浴場へ向かう。 貸切かと思えば先客あり。 先客はユウくんだった。 追い出せば良かった。 10:00 ロビーに集まりチェックアウト。 ヒデさん昨夜二次会から記憶なし。 そうだろうね。 荷物を積んで一同は一路いわきへ。 三陸道をひたすら南下する。 アツシが遠い遠いとうわ言のように呟く。 呟いても距離は変わんねーよ。 11:30 大船渡あたりの道の駅で休憩を兼ねて食事。 オレは気が狂ったように大きいカキフライ定食を注文。 ご満悦だけどカキフライは

    スキ
    5
      • 20220402 宮古KLUB COUNTER ACTION

        4/1 19:00 予定通りヒデの家に到着。 アツシはまたしても仕事で遅れている模様。 ヒデとあれこれ話す 19:40 アツシ到着。 仕事の疲れで死にそうな顔をしている これから北へ夜走りなんでバカなやつだ。 とりあえず機材を積んで即出発。 21:00 都内某所にてスタッフユウくんをピックアップ。 腹を減らした我らは危うく待ち合わせ場所のマックで買い物してしまいそうになる。 グッと堪えて再び高速へ。 23:00 SAにて食事。 ラーメン+半チャーハン。 実にSAらしいク

        スキ
        6
        • QUARS10周年に寄せて

          皆様のおかげで2022年4月1日を以てQUARSは10周年を迎えました。 老舗も多いこの業界の中ではまだまだひよっこですが、それでも何とか10年持ちました。持たせました。 思い起こせば高校時代、ブッキングの概念もない貸しホールしかなかった沼津にライブハウスが生まれ、状況からやむを得ず撤退してを繰り返す様な難しい土地柄の中で、いつの間にか一番長く続いているお店になりました。 これもひとえに日頃来てくれるお客様や出演してくれる県内県外のアーティストの皆さん、地元の音楽スタジオや楽

          スキ
          22
          • 20220319 長野CLUB JUNK BOX

            7:30起床。 2022年のツアーがやっと始まる。 まん延防止以上が出ている間はライブをやらない、というバンドのライン引きで3/20の八王子は延期になったにも関わらず、その前日の長野県はまん延防止が出ていなかったためこの日が初日になるというよくわからない流れに。 だがずっと行きたかったJUNKBOXに気合も入る。 まずは再開出来た事を喜ぼうと。 9:00 ずっとグーフィーのPAをやってくれているユウ君(from東京)から交通渋滞の知らせ。沼津に着くのが遅れそう、との事。承知

            スキ
            11

          マガジン

          マガジンをすべて見る
          • ツアー日記2022

            • 3本
          • QUARS

            • 1本
          • 音楽など

            • 6本
          • 弾丸雑記

            • 59本
          • 2021

            • 57本
          • 田舎の少年はいかにして沼にハマったか

            • 12本

            静岡県沼津市というゲットーに生まれ育った貴志少年の半生を綴ったノンフィクション。生きるために奪い、殺し、そしていつしか人の心を亡くしてしまった。そんなときに出会ったのがセサミンEXだった。 *NEW ALBUMの販促用に書いている記事です。

          • 熱海日記

            • 3本

            7/3に伊豆山で起きた災害の備忘録と共有のために記します。 なるべく正確性や公平性を保とうと努力はしますが恐らく主観だらけになるかと思います。 ご容赦下さい。

          • LOVE LIVE HOUSE

            • 11本
          • 考えた

            • 9本

            日々考えた事をここに書きます。

          • ここに記す

            • 7本
          • ツアー日記2022

            • 3本
          • QUARS

            • 1本
          • 音楽など

            • 6本
          • 弾丸雑記

            • 59本
          • 2021

            • 57本
          • 田舎の少年はいかにして沼にハマったか

            • 12本

            静岡県沼津市というゲットーに生まれ育った貴志少年の半生を綴ったノンフィクション。生きるために奪い、殺し、そしていつしか人の心を亡くしてしまった。そんなときに出会ったのがセサミンEXだった。 *NEW ALBUMの販促用に書いている記事です。

          • 熱海日記

            • 3本

            7/3に伊豆山で起きた災害の備忘録と共有のために記します。 なるべく正確性や公平性を保とうと努力はしますが恐らく主観だらけになるかと思います。 ご容赦下さい。

          • LOVE LIVE HOUSE

            • 11本
          • 考えた

            • 9本

            日々考えた事をここに書きます。

          • ここに記す

            • 7本

          記事

          記事をすべて見る
            • タンスナンバー

              皆さん、新しいシングル「Resisdance(Like a Sylvester Stewart)」は聴いて頂けましたでしょうか? まだの方が多いかと思います。 何故ならまだ誰にも渡していないからです。 メンバーすら。 今回の音源はパーカッションに松井泉氏を迎えて作成しました。 松井さんはYOGEE NEW WAVESで叩いたりYOUR SONG IS GOODの準構成員だったりなど、パーカッションやドラムや諸々などで多くのセッションに参加しているイケてるパーカッショニスト、イ

              スキ
              4
              • Like a Sylvester Stewart

                テキストは久々の更新です。 去年リリースした新しい音源「...Still Riot Goin' On」、皆さんもう聞いて頂けたでしょうか? 「FUNK」と言えばどんな事を思い浮かべますか?唐突ですが。 皆さんのイメージと言えば「アフロヘアの人が暑苦しい歌を歌っている」だとか「星形サングラスをかけたキラキラの人がノリノリのディスコチューンで身をくねらせている」とか、そんな感じだと思います。 神とも呼ばれる「JAMES BROWN」が発明したと言われるFUNK。 アフリカンミ

                スキ
                20
                • 風呂で考えてたよ

                  統計によると、2020年の日本の交通事故の件数は10万人あたり245.05件。確率にして0.245%となるそうです。 これを365日で割ると 0.245÷365=0.00067% 今日私が事故に遭う確率は約0.00067%となります。 本日2/1の東京のコロナウイルス感染者は14,445名。 東京の人口は2021年7月時点で推計14,049,146名との事。 14,445÷14,049,146=約0.001% 今日私がコロナウイルスにかかる確率は約0.001%となります。

                  スキ
                  23
                  • 2022年始まるよ

                    新年明けましておめでとうございます。 怒涛の2021年を駆け抜けて、いまは正月の行事とともに諸々の残務と格闘しています。 そんな中で迎えた本日1月5日は、我らGOOFY'S HOLIDAYのアルバム「...Still Riot Goin' On"の店頭発売日です。 流通してくれるPCI、ありがとうございます。 取り扱ってくれるCDショップ、ありがとうございます。 元々はツアーの構想が先にあり、そのツアーをやるにあたって音源を作ろう、という流れでした。 リリースの情報を出す

                    スキ
                    28
                    • VOTE FOR YOUR FAVORITES,NOT THE PRICE

                      NEW ALBUM"...Still Riot Goin' ON"も販売開始から一ヶ月が経ちました。 皆様のお手元に届く喜び、噛み締めております。 多くの嬉しい感想も頂いて天にも昇る気持ちですが、よく考えたら悪い感想はわざわざ伝えたりしないもののそこはいい所だけ都合よく受け取っておこうと思っています。 ツアーもいよいよ終盤に差し掛かりました。 こんな時代だからこそ、どうにかライブハウスの力になれないか? 動員も難しい昨今だけど、どうにかみんなの明日の糧の一端を担えないか?

                      スキ
                      23
                      • さらば消費者マインド

                        CDを作った。 今はそれを世に届けるために、あれやこれやと頑張って告知している。 知られなかったら、それは存在しないのと一緒だからだ。 今回のCD、はっきり言って全然今時ではない。 それは重々承知している。 今どきなものを作れるとも思えないし、作ろうとも思わない。 今どきか今どきじゃないか、それは本当にどうでもいいことだ。 興味が持てないのだ。その音楽がカッコいいのか悪いか、にしか。 これはもう治らない。嗜好の話だ。 きっとこのアルバムが世の中のチャートを賑わすこともなけ

                        スキ
                        29
                        • 田舎の少年はいかにして沼にハマったか vol.12

                          【ここまでの記事はこちら】 田舎の少年はいかにして沼にハマったか(まとめ) 【前回までのあらすじ】 新宿駅東南口の「パチスロ グリンピース」でアルバイトをする事になった貴志少年。ギャンブルが身近になった環境から自身もギャンブルにハマってしまう。アルバイト終わりでバイト仲間と飲みに行きそこからキャバクラをハシゴする毎日を過ごし、あっという間に借金まみれになってしまう。働いたところで到底返せはしない借金のためにまたギャンブルをする日々。身も心も腐りかけたその時、少年の元にある男

                          スキ
                          15
                          • 田舎の少年はいかにして沼にハマったか vol.11

                            【ここまでの記事はこちら】 田舎の少年はいかにして沼にハマったか(まとめ) 【前回までのあらすじ】 森の仲間たちとの楽しい宴のあとに迎えた朝はいつもより肌寒かった。着ていた洋服を盗まれたのだ。どうやら着ていた革ジャンが一緒に踊ったウサギさんの父だったようだ。寒さの中で山を降ろうとしていたら正面から誰かが迫ってきた。よく見ると青い目の方々で洋服に「グリーンピース」と書いてある。次々と現れるグリーンピースの方々に囲まれてしまった少年は何事かと尋ねる。よくよく話を聞くと新宿駅東南

                            スキ
                            10
                            • 田舎の少年はいかにして沼にハマったか vol.10

                              【ここまでの記事はこちら】 田舎の少年はいかにして沼にハマったか(まとめ) 【前回までのあらすじ】 女性の叫び声を聞きつけた貴志少年はその声の方に向かうが途中で見かけた滝に見とれてしまう。辺りはいつの間にか暗くなってしまったのでその場で野営をする事にした。満天の星空の下で飲むコーヒーの味は漢のロマンそのものだった。焚き火を見つめながらここまでの人生をゆっくりと反芻する。山あり谷ありだったが、この人生もそんなに悪くないな。そんな事を考えているといつの間にか焚き火の周りに森の仲

                              スキ
                              11
                              • 田舎の少年はいかにして沼にハマったか vol.9

                                【ここまでの記事はこちら】 田舎の少年はいかにして沼にハマったか(まとめ) 【前回までのあらすじ】 謎のモグリ医師「K」の手術を受け奇跡の復活を遂げた貴志少年はさらに寿司を研究した結果、手作りの醤油の魅力にたどり着く。自分の理想の醤油にたどり着くにはまず世界を知る事だと考えた少年はルーマニアに渡った。ルーマニアの中でも奥地と言われる所に何かある気がした少年は現地で買った自転車で山奥に向かう。すると途中で女性の叫び声が聞こえた。急ぎ声のする方向に向かうと道すがら偶然にも滝を発

                                スキ
                                11
                                • 田舎の少年はいかにして沼にハマったか vol.8

                                  【ここまでの記事はこちら】 田舎の少年はいかにして沼にハマったか(まとめ) 【前回までのあらすじ】 寿司職人として新たな道を歩み出し、「小手返し」の男との勝負を終えた貴志少年は無事に銀座に自分の店舗を出店する。 しかし疲れから刺身包丁を落としてしまい足に大怪我を負ってしまう。大きな血管を損傷した少年は失血死の可能性もあると救急車で運ばれる。救急病院で多くの医者に囲まれるも相当難しい手術らしくみんなお手上げの状態。そこに現れた「K」と名乗る大男は自分に手術をさせろという。しか

                                  スキ
                                  11
                                  • 田舎の少年はいかにして沼にハマったか vol.7

                                    【ここまでの記事はこちら】 田舎の少年はいかにして沼にハマったか(まとめ) 【前回までのあらすじ】 インドに向かったはずが山手線に6時間乗っていたことに気付いた貴志少年はこのままでは進まないと一念発起、もう一度御徒町に戻り寿司を食べに行く。そこの大将のスカウトにより見習いの寿司職人としての新たな一歩を歩み出した。持ち前の味覚センスであっという間に期待の寿司職人に登りつめるも少年の味にケチをつける男が。その男は寿司界において禁じ手となった「小手返し」を使う。勝てるのだろうか、

                                    スキ
                                    11