スライド1

サピエンス全史図解(詳説版)

どうも、きょんです。今回は初の本についての図解です。

人類の歴史。宇宙の成り立ちから、シンギュラリティに至る大いなる流れについて記述し、大いにビジネス界をはじめとして幅広く話題になった、「サピエンス全史」。約600ページにも及ぶ大著です。この本を昨年購入し読了して以降、何度も読み返しているのですが、読む度に新しい発見を得られるような深みと重みがあります。

↓サピエンス全史↓

ただ、その内容の深さ、重さのせいなのか、またページ数のせいなのか、なかなか身近に読んでいる人はいないのが現状です。歴史好きの友人なども、その文章量に圧倒され、読むことができていないというから、驚きました。というか、身近な人に読書が習慣な人とか、勉強する人とかがいないんですよね(笑)。

「やはり、敷居が高いのだろうか。それならば!」ということで、いつもの通り図解を試みてみました。しかし、非常に内容が重いものであり、内容を省くべきでないと判断することが多かったため、いつもの通りかなりのボリュームになってしまいました。

いずれ、簡易な理解を促すための「簡易版」を公開予定です※が、この本の良さをまんべんなく感じてほしいという意味で、最初は「詳説版」として公開することにしました。
※先日「サピエンス全史(簡易版)」も公開しました。一番下にリンク貼っているので、よろしければそちらもご覧ください。

自分の理解を整理するためでもあるので、わかり辛いところがあったら恐縮ですが、是非その中身の片鱗に触れることで、人類史の深さ、面白さを知っていただければ、そしてなにより「サピエンス全史」への興味を持って頂ければ幸いです。

ちなみに、この図解は反響が大きく、Twitterのトップトレンド入りを果たしました笑

ぜひお楽しみいただければと思います!

スライドの一番下にPDFファイルへのリンクを貼っておくので、スマホなどで細かい字が見えづらい方はそちらもご利用ください。

以上です。

PDFファイルをダウンロード

全部で35枚のスライドです!お楽しみいただければ嬉しいです。

また、先日「サピエンス全史(簡易版)」を公開したので、そちらもよろしければご覧ください。要点だけをつかめるように内容を絞ってより分かりやすくしてます。

▼サピエンス全史図解(簡易版)

あと、サピエンス全史の続編として、『ホモ・デウス』という本がありますが、その図解もあるので、ぜひご覧ください!

▼ホモ・デウス図解

以上です!

***追記

①スライドに誤りがあったので、編集しなおしました。(22枚目スライド下部分の文章)

②サピエンスと人類についてちゃんと区分されていない表現が見られたので、全体的に書き直しました

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
きょん

サポートいただけると励みになります!いただいたサポートは新しい本を読むために使わせていただきます。ありがとうございます!

この記事を楽しんでいただけたなら本当にうれしいです!
1,440
図解総研所属。複雑な本やテーマを図解してシンプルに分かりやすくして発信したり、その図解を用いて様々な立場の人が対話する場を作ったりしてます。Twitterでも活動中(https://twitter.com/kyon_hcj )。