村上友哉(明日、照らす/さよならパリス)

noteは連載的なもの用。 ブログ『硝子戸の中』  http://blog.asst…

村上友哉(明日、照らす/さよならパリス)

noteは連載的なもの用。 ブログ『硝子戸の中』  http://blog.asstellus.com/ 2YOU magazineにてコラム  『セックスとシンボル』連載中。 毎月20日更新  https://2youmagazine.com

最近の記事

Permanent Collection『K』

K

夜の向こうへ 君が消えた
「ありがとう」さえ言えないまま
「今度またね」それきりなら
「ありがとう」って言えばよかった

夜の向こうへ 君が消えた
君以外は いつもの朝
「セブンスターって買えたのかな?」
帰り道でふと思った

離れてしまった体と心臓
血液の流れ 止めてもずっと
僕らは君を歌っている
寂しくなったら今すぐ来いよ
校舎のベンチで僕らは今日も
君との話で笑っている

夜の向こうへ 君が消えた
「ありがとう」さえ言えないまま
「今度またね」 約束した

今度ま

    • Permanent Collection『Sunday』

      Sunday 泣き疲れて ついに眠ったようだった 「夢はきっと 楽しいイベントだったらな」 除光液が 夜を溶かしていく 理由がいつもお金になってきた イメージだって 歪んだ抽象画 爪をかじって 彼女はこう言った 「最後の最後で笑うには賢くなくちゃ」 耐え切れないほど生活感がした日曜 彼女のネイルを誰が剥がしたのか? 1人探して 今も探している 眠る前に 死ぬほど不安になってきた 「夢見るって こんなに難しかったのか」 電気消して 視界澱んでいく 向かい座っ

      • Permanent Collection『クラブ、スペード、ダイヤモンド』

        クラブ、スペード、ダイヤモンド 俯瞰で見えるなら滑稽ね 私とあなたの関係も ボディクリームさえも無意味だね 乾いたことなんてないんだもん 52の 顔と嘘 手札にも 宿る魔法 クラブ、スペード、ダイヤモンド ハアト 隠したポーカーゲームね 「愛してる」はノーカウント マナー違反は次こそ罰金よ 目線すら合わない この距離で 何を言われてたって同じだよ 『危険な情事』さえも甘いよね 私もあなたもピンカートン 52の顔と嘘 テレビから雨の予報 クラブ、スペード、ダイヤモン

        • Permanent Collection「さよなら」を絵に描いたようだ

          「さよなら」を絵に描いたようだ

さっきまで、が嘘みたいな
いきなりの大雨が
「洗濯物 全滅かな」
頼む相手もいないしなあ

ホテル ロビー 土産雑貨
食玩のキーホルダー
「今でもまだ好きなのかなあ」
指で遊び 少し見てた

風の噂で耳にした
今の君の暮らし方
ママを困らすお嬢ちゃん
きっと君に似てるだろうなあ
 【解説】 昔付き合っていた彼女が結婚して、 子供が産まれたという話を人伝に聞き作った曲。 30代になり、 20代のように嫌いになったとか、 付き合うとか別れた、

          Permanent Collection『月と六ペンス』

          月と六ペンス 電線 ぶら下がって 皮肉になっていく 才能 振り絞って 悪態 ついている 日陰に舞う ルーズリーフ 午前3時半 ふと目が覚めて カーテン越しに顔出した 月が眩しくて ただ目を閉じる 駐車場に座って 縁石 見つめてる 言い返せもしないで 舌が乾いていく ホコリが舞う ギターアンプ 午前3時半 ふと目が覚めて カーテン越しに顔出した 月が眩しくて ただ目を閉じる 「六ペンスだってあるだけマシ」 と思っていたい 日陰に咲く ルーズリーフ

          Permanent Collection『月と六ペンス』

          Permanent Collection『花も嵐も』

          花も嵐も お別れがいつもひどく曖昧で 手を振りながら考えてしまう 「これで終わりにしましょう。 じゃあこれで。」の方がマシだよ 致命傷がなく 常にただ重体 死に切れない僕の体は さまよい歩いて また今日も隣 手を繋いで寝た 花も嵐も踏み越えてゆけよ 立ち飲みに通り雨 思い出す 変な癖 知らないことをよく知ってるとこに 異常に心が惹かれてしまう それってつまりは性格不一致 今更なんだよ 遅すぎる春を踏み越えてゆけよ  靴紐に春の風 苦しみは若さゆえ? どうしたらいい

          Permanent Collection『Sarah』

          Sarah

最近、空気がなんだかおかしい
「愛してる」さえも全然響いてない
「その気がないなら今すぐ別れて」
適齢期だから言われた疑問もない

「恋人同士 過ごすのが理想じゃない?」
なんかもう性根が腐ってる
食べたいメニューも まともに決められない
そんな僕だけど リアルに大丈夫?

恋からまだ抜けない気分なんだ
ごめんよサラ、自分で精一杯なんだ

「そんなに言うなら 条件教えて!
高納税者、専業主婦だけ除外。
夢はマイホーム?ローンなしタイプ…
いや、
マイカーさえもい

          Permanent Collection 『あ・い・ら・ぶ・ゆー』

          あ・い・ら・ぶ・ゆー 君が変わった 僕には分かった 「あいらぶゆー」がなぜかひらがな 離れた間 お互い違った 恋のイメージもだいぶ変わった 「愛してる」なんて気軽に言わないでって 感傷的な気分にもなるさ あんな下着はいつから持ってた? 嫌な気分になるから着けるな 修正液で できた白線 白くはあるが厚みができた 「愛してる」なんて気軽に言わないでって 感傷的な気分にもなるさ 「君の素肌にかすかな地層ができている」 冗談だって嫌みになるさ 「過去は過去で今は今」君が笑っ

          Permanent Collection 『あ・い・ら・ぶ・ゆー』

          Permanent Collection『MALL LIKE(Y)』

          MALL LIKE(Y) 玄関先でバイバイ 鍵を掛けるの早いね 余韻が気まずいムード ルール違反だって 昨日の夜の会話 文字起こししてみたんだ 句読点の位置さえも ちゃんと なんだ そうか 君も同じなんだ 関係性はOLが飼うプードル以下か? きっとこんな風に考えていた 「恋のため息、いつかは霧になってしまう。」 「思わせぶり」っていうか こっちのセリフなんだ 車のバックシート倒したの君の方じゃん 別に意味はないんだ 君に会うからじゃなくて たまたま爪を切っていた な

          Permanent Collection『自負と偏見』

          自負と偏見 待ち合わせ カフェテリア ほんと変わらない 笑顔から漂う feel so good コーヒーカップ並ぶ 君と僕は アダルト版トイストーリー2 今もまだ君を探して さまようなんて ガールフレンド 「愛することを知って 孤独になると思った。」 「行き過ぎた自負と偏見。」 君は靴を鳴らして言う 「今じゃもうただのマイフレンド。 昔話しかないわ。」 (それはそうだけど、…勝手。) 薬指 ただ見つめてる 「今もまだ 意気地がないね。 女みたいな…」 後れ毛すらその

          Permanent Collection『自負と偏見』

          Permanent Collection『THE WORLD IS MINE』

          THE WORLD IS MINE 閉店前 滑り込む
誰にも会わない週末スーパーで
おつとめ品 浮かれる僕が嫌い
あの人の顔 思い出す
ぼやけるたびに大人になっていく
さよならだけがほんとに人生か?

どうしようもなく参っている
途方もなく落ち込んでいる
そんな時間も沢山あったけど

だからどうした

「いつか僕が世界を変える」
そんな想いをちゃんと持っていよう
「雨が降って 地面固まる」
そんな今日をちゃんと抱きしめて
そっと眠りにつけ

FMから聴こえてくる
勝ち組が話

          Permanent Collection『THE WORLD IS MINE』

          あなた『xoxo』

          xoxo 勇気が出てくる不思議な魔法の音楽。 甘い匂いのする便箋からこぼれたリズム いろんな人に会いに行ってください。 私にしてくれたみたいにしてあげてください。 君の手を握り返したあの日から 僕等変わったんだ 「あなたの歌声に私を重ねるんだよ。」 あの子がこぼした涙と作ったメロディ 新しい未来が私には見えるよ。 キラキラ輝いて目に浮かぶんだよ。 君の手を握り返したあの日から 僕等変わったんだ ハロー ここにいるよ ハロー ここにいてよ 君の手を握り返した

          あなた『リストとカッター』

          リストとカッター 今日も眠れずに朝がやってくる 胸のモヤモヤが日に日に濃くなってる 無理して笑ってる 誰も気づかずいる 「死ね、バカ女!」と叫んだ甲斐がある 君がくれた物 リストに書き出して 欲しい物は全部返そうと思ったけど それくらいしかもう会う理由がないなんて 今の僕を君はきっと笑うだろう インターネットの君は嫌いだよ 僕を「友達」とみんなに言うからね トップ写真の君 花の髪飾り 僕じゃ撮れない構図と知らない駅 君と行った街をリストに書き出して 二人

          あなた『ハイボールNo.8』

          ハイボールNo.8 0時渋谷区を おのぼりさんが歩いてる 全てが許されそうな ヤバイ空気に飲まれちゃう ジャケットにキスマーク したことは覚えてる? 君は分からないな 表情がドライだから 禁断の果実に触れたい ハイボールの匂いの中 ヘイホーレッツゴー 今すぐ僕の知らないこと 知りたくないかい? 「レイディー、 僕が最後でもいいの?」 聞けるはずもないけれど フロム・エイジ・ブラッド 相性は分かりません 今言えることは受信歴が気持ちです 夜のセンター街は NO.

          あなた『東京サーモグラフィー』

          東京サーモグラフィー ワンルーム埋めるのは グラスの音だけだった 気まずさに思わず 飲み干したレモンソーダ 月明かりの君は 昼間とは他人だった 液体に窒息 僕だけに歌うディーバ それから朝がやってきて 僕等はなんだか遠くなった 会話じゃなく質問 ただ駅まで離れて歩いてる 「冷静になりたい。」 サーモグラフィー使わなくても 君の体温は今日の空よりも青い ガーゼを取り替えて あの子と恋をしようか 都合よき計画 留守電に君のフレーバー 何度も朝がやってきて 僕等は前

          あなた『東京サーモグラフィー』

          あなた『君の不安は僕の憂鬱』

          君の不安は僕の憂鬱 「君の不安は僕の憂鬱。」 そう言ったあなたに心を奪われる 愛しさを言葉にしたい でもそれって多分 50音じゃ足りなくならない? 明日のことさえ分からなくても全然怖くない 「僕の不安は君の憂鬱?」 そう聞かれた私はあなたを抱きしめる 愛しさをメロディにしたい でもそれって多分 6弦じゃ足りなくならない? 明日のことさえ分からなくても全然怖くない 明日のことさえ分からなくても全然怖くない 私、全然怖くない 【解説】 元々、 知人の結婚式

          あなた『君の不安は僕の憂鬱』