海から上ってくる朝陽がスーッと身体に入ってくるような
見出し画像

海から上ってくる朝陽がスーッと身体に入ってくるような

今朝は水平線から登りはじめて太陽が、
海の上で赤い光の線を引いて、
わたしの身体に直接入ってきた。

宝来館に応援宿泊。
釜石市民には「釜石割り」というのがあって
岩手県民には「岩手割り」というのがあって
それだけでもかなり安く泊まれるんだけど、
さらに「いわて応援クーポン」が2000円ついてくる。

ファミリー向けの焼肉チェーン店で焼き肉食べるぐらいの出費で、
宝来館レベルの旅館に泊まることができる。

チェックインの15時に到着して、
そこから2時間仕事。
広いお風呂に入って、自販機で買った缶ビールをキューッとやって、
オンラインミーティングをひとつこなしたあとに、
夕食。

若鶏塩麹焼き〜焼林檎敷
牡蠣の石垣豆腐
じゅん菜梅風味
ほか8種類の前菜、
お造りには鮪、鱈、勘八、牡丹海老、
酢の物はほや胡瓜三杯酢、
煮物は雪駄鰈煮付け
とか。
熱燗と焼酎のお湯割りでのどを潤しながら、ゆっくり食べた。

昨日、「養生」について書いた。
養生とは、心と身体を整えることで、
心地よい、気持ちいい、という感覚になること。
そのためには、3つのことを「ちょっとだけ良くする」。
<睡眠><食事><自然に親しむ>

夕飯を食べながら、ああいい養生になってる、と思った。

部屋に戻ると布団が敷いてあって、
西川の「muatsu」の敷布団と枕、
「理想的な寝姿勢を保ちます」
とパンフレットには書いてある。
掛け布団は同じく西川の羽毛掛け布団。

睡眠も、いい感じ。

いつも通り3時に起きて、
radikoでTBSの「セッション」を聴きながら歯を磨き顔を洗い、
足首回したりの身体のコンディショニング。
スマホのアプリで英語のトレーニングのあと、
ちょこっとお勉強。

4時を過ぎて外が明るくなってきたので、
障子を開けたら、松林の間から朝陽が。
あああああ、と思って、スマホを持って部屋を出て、
階段を降りて玄関ホールから外に出た。

宝来館は海に面している。
玄関から道をはさんで松林、砂浜、海。
海の先にある半島と半島のちょうど真ん中、水平線から太陽が上る。
海の上に赤い線を引いて、
その線の先にわたしが立っている。

しばらく、じっと太陽のあたたかい光を浴びていた。

養生の3つ目、<自然に親しむ>の「太陽の光を浴びる」の真っ最中。

3分ぐらい、太陽を身体の中に取り込んで宝来館に戻ったら、
宿直担当のスタッフが、「お風呂、開けておきました」と。
通常5時から入浴可なんだけど、30分早くお風呂を開けてくれて、
部屋戻ってタオルを持って、お風呂場へ。

宝来館のお風呂には、小さめだけど丸い、ヒノキでつくった香りのいい露天風呂がある。
その露天風呂のお湯に浸かりながら再度、日の出を味わう。

と、エンジン音がしてきて、一艘のボートが海の上を滑っていく。
漁師のマエカワさんだ。
湾内に養殖しているわかめかホタテか、
ウニは火曜日と金曜日が漁の日と聞いているので、
今日はなにを獲りに行っているのか。
地網にはどんな魚がかかっているのか。

いま、6:09。これを書いてる。
このあと、「たまっている本や論文を黙読する」clubhouseに参加して、
50分黙読して、10分の内容シェア。

そのあと、朝ごはん。

宝来館の応援宿泊は3日前に思いついて予約し、
そのあと、「たまっている本や論文を黙読する」で養生を知り、
ワークウェルネス(ワーケーション)しながら、食事、睡眠、陽の光で養生。

偶然が重なって、いい心地になった。

いつもありがとうございます!
むらさん(村田信之)|ワークウェルネス(ワーケーション)実践中
岩手県釜石市に移住して2年目です! 長崎県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、大学院公共経営研究科修了。田原総一朗スタッフを経て、早稲田大学客員准教授をめでたく卒業。20年間、「たくましい知性を鍛える」(大隈塾)「たくましい知性を鍛えるゼミ」(大隈塾ゼミ)を無遅刻無欠勤で担当。