見出し画像

IT技術者の担当範囲を書いてみた。

お疲れ様です。むぎです。

就活サイトや転職サイトを見ると、IT業界の求人がたくさんあって、どこの何をやっているのかが、いまいちイメージがしづらいと思ったので、システム開発工程と、よくあるIT技術者(職種)の担当範囲を書いてみました。

職種や担当範囲は、会社やプロジェクトによって違いがあるし、全て書きだしたわけではないです。細かくすると有りすぎて語り切れない。。。

なので、一例として、新サービスのシステム化プロジェクトを、ざっくりイメージで書きましたので、参考にしてください。

ところどころ、過不足あると思いますけど、目をつぶってくださいね!

【補足①】

品質管理エンジニアやセキュリティエンジニアなどなどは、SEが兼任している職場ばかりだったので、書けてません。

本当はそれぞれの工程で必要なことを検討すべきなのでしょうが、内包してるイメージになってしまってます。

【補足②】

この開発フローはがちがちのウォーターフォールに見えると思います。なので、古い開発フローに見えると思います。

まあ、その通りではあるのですが、アジャイルでも何でも観点(工程)というのは似ていると思っていて、だれがどこでどの観点を整理するのかが一番重要なのかなと思っています。

言いたいことは、新しい職種や新しい工程でも構いませんが、それが、「だれがどこでどの観点を整理するものなのか」を今一度確認してみると、就職後や転職後にどんな仕事をするのか想像しやすくなると思います。

【補足③】

データアナリスト?AIエンジニア?しらね!!やったことないし😳💦

あと、ここで書いた内容は内資系企業の固有の言い回しかもしれませんね。外資系にはSEなんて職種はないらしいですし。IPAの情報処理資格やスキルマップにも合ってない。

例えば、アプリケーションエンジニアや、システムアーキテクトなど明確な定義がある会社には、「なんぞや?」と思う形なのかもしれませんね。

だからといって、未だに求人内容にSEという言葉が使われ続けている現状もありますので、遭遇した時は目安にしてもらえばいいのかなと思いました。

SE、PGという定義、区分けはナンセンスという方もいらっしゃると思いますが、将来的に曖昧な言葉は無くした方が良いとは思いますけど、それを定義したのは、僕じゃないので、広めた人や、求人かけている企業に文句いってくださいな。

むしろ、Web系とか外資系の、各工程や各職種について、だれか書いてくれたら、比較ができて面白いかもしれません。

【補足④】

マニュアルとか効果測定とか、載せてないのは、ビジネス部門や顧客が行うことが多いかもと思って悩んだまま掲載してしまいました。もちろん、システム側が行うこともあります。

さいごに

就活や転職、がんばってください。

ではでは!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読んで頂いて、ありがとうございました(⋆ᴗ͈ˬᴗ͈)” みなさんに何か得るものがあったら幸いです。

ありがとうございます(⋆ᴗ͈ˬᴗ͈)”
344
反応があるとすごい喜びます。 独立系Sierの中小企業に入社し、金融大手に常駐してシステムのマネジメントや設計、開発、運用、品質管理等々をいろいろやってきました。2018年に転職し、今はとあるユーザ企業の情報システム部に在籍。 Twitterアカウント @MUGI1208

こちらでもピックアップされています

システムエンジニアの生命維持方法
システムエンジニアの生命維持方法
  • 19本

仕事の問題点への対応方法を、今までの経験を踏まえてご紹介します。効率の良い進め方や、職場の生命維持方法など、ぜひ参考にしてください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。