里場

日記とか色々書いてみようと思いますのでよろしくお願いします。

忘れられないこと  #架空ヶ崎高校卒業文集

2075年 3年C組 湿木 潜  架校での生活を私は一生忘れません。  私は今年、30になります。人生のおよそ半分をこの学校で過ごしてきました。  15歳の初夏、虚像祭で私…

2か月前

誰が為の歴史改変

 高架下での戦い。  その決着は一瞬だった。倉持恵の抜き放った一閃が弾丸を切り裂き、魂魄兵装もろとも敵を両断する。  鮮血が吹き上がる――倉持廻は身構えたが、そう…

2か月前

向日葵畑に潜む

 司は走る。息も切れ切れに、向日葵畑を駆け抜ける。止まるな、と自分を叱咤して。  ――と。月下。背の高い向日葵の間に人が立っていた。  司は足を止める。視線の先に…

2か月前

アポカリプスのニケ

「神よ。なぜ貴方はこのような滅びをお与えに」  スカイツリーの展望デッキにて、信心深い部隊長サマは涙する。実際、俺たちが迎えた終末はあまりに滑稽だった。粗悪なパ…

2か月前

バンブーエルフの森に行ってきた話

☆独自解釈注意☆ この作品はカクヨムでも公開しています。 https://kakuyomu.jp/works/1177354055209456145/episodes/16816452220957792695  令和の世に、竹槍で武装し…

7か月前

おにぎり太郎

この小説はカクヨムにも投稿しています。 (https://kakuyomu.jp/works/16816410413891357677) 小説自体は無料で読めますので、記事を購入する意義は薄いです。 有料部分…

100
1年前