「お金」「通貨」はどこからやってくるのか?
マネーサプライの発行

「お金」「通貨」はどこからやってくるのか?

ATMから現金を引き出して店頭で物を買う、通販を預金振り込みで利用する、クレジットカードで買い物をして後日口座から引き落とされる……。
私たちはこういった様々な形で、「お金」「通貨」を購買に利用しています。

しかし、我々が利用しているお金(貨幣、money)は、元々はどこからやってきたのでしょうか?

「中央銀行がすべて作ったのだ」あるいは「中央銀行がすべての源である」という主張もありますが、実はそれは大いなる誤解です。
(こうした誤解は、「中央銀行が貨幣を完全にコントロールできる」という誤った結論を導きがちです。)

貨幣がどこからやってくるか、そしてどこへ消えていくのか、……「貨幣のサイクル」について、以下のような章立てで解説していきたいと思います。

①中央銀行が作る貨幣(通貨)の起源と行く末
②市中銀行が作る貨幣の起源と行く末
③中央銀行貨幣(通貨)と市中銀行貨幣の関係

関心のある方は、是非ご購読願いたいと思います。

※※※このコラムは、望月夜の経済学・経済論 第一巻(11記事 ¥2800)、望月夜の貨幣論まとめ(5記事 ¥1000)にも収録されています。※※※

この続きをみるには

この続き: 6,056文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

現実の経済における貨幣・金融の実態についての一連のnoteをまとめました

(「経済学・経済論」の2017年6月~2017年9月の記事をまとめたものです) 財政破綻論批判、自由貿易批判、アベノミクス批判から通貨論(…

または、記事単体で購入する

「お金」「通貨」はどこからやってくるのか?

望月慎(望月夜)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
主に経済政策について執筆していきます。 金融、財政、貿易、公共政策などが関心分野です。 Modern Monetary Theory(MMT)支持者。 経済学・経済論→https://note.mu/motidukinoyoru/m/m90e376619260