ミチバタ準備室

〜ミチバタ音楽会 再開までのミチノリノート〜 音楽家トクマルシューゴが運営するトノフォ…

ミチバタ準備室

〜ミチバタ音楽会 再開までのミチノリノート〜 音楽家トクマルシューゴが運営するトノフォンと、渋谷東しぜんの国こども園が運営する施設BUTTERの共同企画です。音楽とアートを核に、こどももおとなもおおらかに創作表現を楽しめる場と機会を作り広げていくことを目指しています

マガジン

  • ミチバタ音楽会 絵日記

  • ミチバタムービー

  • ミチバタエッセイ

    ミチバタキッズスタッフや過去の出演者等によるエッセイをアップしていきます!

  • ミチバタキッズ プレイリスト

  • ミチバタ音楽会 再開までのミチノリカレンダー

    ミチバタ音楽会再開までのnote更新や関連イベントの予定を都度書き込んでいきます!

最近の記事

4/3開催予定『ミチバタ音楽会 Vol.8』予約スタート!

昨年延期となった『ミチバタ音楽会 Vol.8』を2021年4月3日に開催する予定となりました! ライブスペースBUTTERの窓は常時解放して、ステージの配置は以前とは異なり逆サイドに設置する予定です。 出入口と受付の位置も真ん中の出店スペースからとなる予定です。 https://note.com/michibata_kidsも合わせてご覧ください。 新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みについては下記を必ずお読みご覧ください。 会場:渋谷BUTTER 日程:4月3日(土)

    • ミチバタ音楽会 絵日記 Vol.7(絵と文:yunniko)

      • 再生

        ミチバタムービー02「藤原くんカフェへ行く」

        BUTTERスタッフの藤原くん、今回はsmall alley cafeを訪れます。店内を通り抜けるとそこは......。次回ミチバタ音楽会の情報もあり。ミチバタ準備室のnoteとあわせてご覧ください!

        • 「BUTTER」をベースに……、さぁて何が出来上がる? ー土屋清香

          娘と私がはじめて「MICHIBATA KIDS」に遊びに行ったのは、かれこれ2年程前のこと。その後すぐに、ご縁あって「渋谷東しぜんの国こども園」に通わせていただくことになり、早いものでこの3月には卒園を迎えようとしています。 「渋谷東しぜんの国こども園」で過ごした2年間のうち、後半の一年はまさかのコロナ禍の中で過ごすことになり、この間「MICHIBATA KIDS」もなんと丸一年お休みに。でも、この一年の間にも「BUTTER」では、少しずつ色々なことが起こり、笑顔の時間が生

        4/3開催予定『ミチバタ音楽会 Vol.8』予約スタート!

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ミチバタ音楽会 絵日記
          ミチバタ準備室
        • ミチバタムービー
          ミチバタ準備室
        • ミチバタエッセイ
          ミチバタ準備室
        • ミチバタキッズ プレイリスト
          ミチバタ準備室
        • ミチバタ音楽会 再開までのミチノリカレンダー
          ミチバタ準備室

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          ミチバタ音楽会 絵日記 Vol.6(絵と文:yunniko)

          ミチバタ音楽会 絵日記 Vol.6(絵と文:yunniko)

          道端と私のあれこれ ー small alley cafe店長:三浦夏海

          こんにちは! ミチバタキッズが開催されるBUTTERのお隣にあるカフェ、small alley cafe店長の三浦です。 先日フジワラさんに、ミチバタキッズの準備室noteに何か寄稿していただけませんかと声をかけてもらいまして、意気揚々と連載する気で文章を書いて提出したのですが、とりあえず1回とのことだったようで。笑 "道端と私のあれこれ Vol.0" だなんてタイトルにつけちゃって連載する気満々だったし、文末なんて"お付き合いのほど宜しくお願い致します!"なんて言ってし

          道端と私のあれこれ ー small alley cafe店長:三浦夏海

          「子どもの歌」 ーHara Kazutoshi

          昨年子どもが生まれてからというもの、自分の子のみならず赤ちゃん全般をかわいく感じるようになった。道で赤ちゃんとすれ違うと自然と目が向いてしまうが、以前の自分にはなかった感覚である。 また、「赤ちゃん的なもの」にも反応するようになった。先日久しぶりに「ダイの大冒険」を読み返していたら、主人公のダイが頭身が低く丸々してて赤ちゃんぽくてかわいい、と感じたが昔読んでいた時には全く思わなかったことだ。 子供が生まれたばかりの頃は、テレビを見ていてダイアンの津田の見た目がなんか赤ちゃんぽ

          「子どもの歌」 ーHara Kazutoshi

          ミチバタ音楽会 絵日記 Vol.5(絵と文:yunniko)

          ミチバタ音楽会 絵日記 Vol.5(絵と文:yunniko)

          MICHIBATA KIDSとミチバタ音楽会と私 ー Hara Kazutoshi

          MICHIBATA KIDSと聞いてまず思い出すのが、映画「大誘拐 RAINBOW KIDS」である。誘拐された老婆が頼りない誘拐犯達の計画を乗っ取り、自分の誘拐を成功させるという傑作クライムコメディであるが、風間トオルの違和感のある関西弁が終始気になる映画だ。 MICHIBATA KIDSも「大誘拐 RAINBOW KIDS」のように「ミチバタ音楽会 MICHIBATA KIDS」みたいにイベントのサブタイトルだと思っていたが、ホームページを見るとMICHIBATA KID

          MICHIBATA KIDSとミチバタ音楽会と私 ー Hara Kazutoshi

          世界のミチバタから その2 UK編 ー安永哲郎

          今回はロンドンの様子を聞いてみます。 2年半前に行った際にはこの街が今のように深刻な事態に陥ることなど予想もできなかったわけですが、その時に出会ったのが台北出身のニッキ・シェンさんと香港出身のクリストファー・チェンさん。ふたりは「BEFORE BREAKFAST」というデザインスタジオをロンドンの北ハイバリーで運営し、主にリソグラフを使ったステーショナリーやペーパープロダクツを制作しています。プリントや製本などほぼすべてのプロセスが手作業で、シンプルで遊び心がありながら、精密

          世界のミチバタから その2 UK編 ー安永哲郎

          ミチバタ音楽会 絵日記 Vol.4(絵と文:yunniko)

          ミチバタ音楽会 絵日記 Vol.4(絵と文:yunniko)

          世界のミチバタから その1 スウェーデン編 ー安永哲郎

          こんな状況なのでイベントとしてのミチバタはしばらく止まってしまったけれど、月に一度はメンバーで話し合いを続けています。 これまでの流れとこれからの予定はトクマルさんが整理してくれた通りですが、今朝も緊急事態宣言の一ヶ月延長が報じられたりなど、ここ最近の様子を見ているだけでもまだまだ出口の見えないトンネルを歩く日々は続きそうな予感です。 もう一年を越えようとしているこの状況下、みなさんはどのように過ごされていますか?こんな時、しばらく会っていない友人・知人から不意の便りが来ると

          世界のミチバタから その1 スウェーデン編 ー安永哲郎

          新年の挨拶 その2 ―トクマルシューゴ

          前回の続きですが、 年始はいろんな音楽作りをしつつ、主に舞台の音楽を作っています。稽古場は緊急事態宣言でさらに時短になり、誰かがちょっとでも体調が悪くなると稽古は一旦中止になりPCR検査となってしまうという、戦々恐々のとんでもない状況が続いています。 仕事柄、ライブハウス、スタジオ、稽古場、撮影現場など密室では、文字通り密になってしまいます。そのなかでも「考え方の違い」は起きていますので、それぞれ異なる対策をしている人や場所が混在しています。 希望的観測を書くと、密室と

          新年の挨拶 その2 ―トクマルシューゴ

          親子でstay home ミチバタキッズプレイリスト

          ミチバタキッズのスタッフ5名がそれぞれ2曲づつ選曲し、このstay home期間中に少しでも楽しく過ごしてもらうための特別プレイリストを作成しました! 親子の好奇心を刺激する、ちょっと変わった、だけど楽しい音楽たち。暖かくしながら、どうぞゆっくりとお楽しみください。

          親子でstay home ミチバタキッズプレイリスト

          ミチバタ音楽会 絵日記 Vol.3(絵と文:yunniko)

          ミチバタ音楽会 絵日記 Vol.3(絵と文:yunniko)

          新年の挨拶 その1 ―トクマルシューゴ

          これを書いているのは2021年1月中旬すなわち新年です。(「2001年宇宙の旅」から20年後の世界!) 「あけましておめでとう」がこんなにもモヤっとした言葉に感じたのは初めてです。 昨年2020年2月、自分が参加予定だったイベントの中止連絡が入りました。新型コロナウイルス感染症による影響で中止となったイベントとしては早い段階のものだったと思います。 3月に入ると、怒涛のようにライブイベント/フェスの中止の連絡が飛び交い、4/7には緊急事態宣言が発出。 4月に開催予定だった、

          新年の挨拶 その1 ―トクマルシューゴ