見出し画像

やりたいことで生きる

キャリアコーチの佐々木恵です。

これまで2回にわたり、”私のこれまでのキャリア①”、”私のこれまでのキャリア②” と私の会社員時代の経験と想いについて書きましたが、今回は独立してからキャリアコーチとして生きていこうと決めるまでの話について書こうと思います。

あえて直球のタイトルにしてみましたが、覚悟を決めるまでに、それはそれは、いろんな葛藤がありました。

私の持論ですが、”どうありたいか”のbeingは誰しも必ず持っているけれど(たとえ言語化されていなかったとしても内には何かしらあるはず。)、具体的に”何をやりたいか”を明確に持っている方って、そう多くないと思います。
私の場合は、「半径3メートルの人生にポジティブなキッカケを与える存在」というbeingは昔から一貫して持っており、そこに関わる仕事をしてきました。じゃあ一人になってみて、自分でゼロから何をしようかと考えると、選択肢はいろいろ出てくるものの、なんだかどれもありきたりな気がしてしまって、コレって一つに決められないんです。私にしかできない、とか、私だからこそできると、いう裏付けや確信がないというか・・。
これをやろう!と思い立っても、「それって食べていけるの?」とか「既にやっている人いっぱいいるのに今さら?」とか、考えているうちに、「もっとやりたいことは他にあるんじゃないのか。」「今じゃないかも・・」という弱気な気持ちが湧いてきて、決断できず、モヤモヤ・・・。

なので独立して最初の数ヶ月は、とりあえずいろんな企業の業務委託の仕事を掛け持ちしつつ、個人のキャリア支援も細々とやりつつ、とにかく自分のやりたいことを見つけようと、せかせか動き回っていました。

でもそんな働き方を5ヶ月ぐらい続けている中で、ある日ふと、

なんか疲れちゃった・・

と思ったのです。

振り返ると、ここ数年常に自分の中に不安や焦りの気持ちがあって、「自分を変えたい」とか「やりたいことがどこかにあるはず」という想いから、いつも外に新しいことを追い求め、行動し続けてきました。
でも、よくよく自分と向き合ってみると、素の私はもっとずっとマイペースだし、自分の半径3メートル以内にしか興味がない人間だった。(でも3メートル以内に対する愛はとてつもなく深い)
なんだか勝手に自分に対する期待値を上げ、理想を外に持ち過ぎていたのではないかと、カッコつけようと必死に頑張っていた自分に気が付きました。でも、素の私はというと、もう正直そんなに頑張りたくないんだよな・・というのが本音だったんです(笑)

だったら、もっと等身大の今の自分でできること、頑張らなくても夢中でできること、つい好奇心でやっちゃうようなことを仕事にするのはどうだろう、と思ったのです。

それは、目の前の人の力になること、人が集まり繋がる場をつくることでした。

具体的に言うと、私は例えどんなに忙しくても、誰かから相談を受けたら時間をつくって話を聴きに行くし、それができる自分でありたい。人が人を呼ぶスナックのような場や、自身や他者との深い繋がりを感じられるような場を主催することも大好きで、気付いたら「次は何しよう?」と考えながら、自然とワクワクしている自分がいる。そして、やるからには期待を超える場にしたいと、参加者の顔を思い浮かべながら、布団に入っても寝るまでずっと考えてしまうぐらいに好き。

それは頑張っているというよりも、勝手に動いている感覚だし、お金になろうがなるまいが、私にとっては普通にナチュラルにできる活動なんです。

そっか。今の自分ができること、ワクワクすることを、自分なりにやり続ければいいんだ。それが私のやりたいことか。と、初めてしっくり腹落ちしました。しかも今までタダでも喜んでやっていたことを、極めることで、今後少しずつでもお金が入ってくるようになるんだったら、長い目で見たらそんなに良いことってないんじゃない⁈と(笑)

結論、ものすごく単純で当たり前のことなんですが、単純に生きる、単純に物事を捉え決めるということが、実際にはこれほど難しいことなのかと、身をもって実感しています。なんとなくですが、特に女性の方がそうなんじゃないかな。

余談ですが、つい2日前に自分が最も大切にしている価値観を言語化するというトレーニングを受けたのですが、そこで明らかになったことは、私のあらゆる行動は、”エンパワメント”(人に勇気を与え、力を引き出し、背中を押すこと)と、”ホスピタリティ”(相手に喜んで欲しいという想いから、自分の最善を尽くすこと)が起点となっていて、その2つは制御不能というか常にスイッチオン!のようです。改めて、納得したし確信。キャリアコーチ(時々スナックのママ)は、私の天職なのだと。

もちろん手段や肩書きは、今後ステージによって変化していく可能性はありますが、根っこの想いや価値観はきっと変わらないから、その時その時自分ができることを、等身大の自分でやり続けてみようと思います。

ということで、2019年。キャリアコーチして出発しました。直近で私がやりたいと思っていることは、”2019年前半やりたいこと” に決意を書きましたので、よろしければこちらも読んでいただけると嬉しいです。

できることから、一歩一歩。楽しみながら前進していきます!

この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
"ありのまましなやかに人生まるごと楽しむ"をビジョンに、"つながり"の力で自分らしく輝く人を増やすため、対話の場やコミュニティを運営している。 京都大学卒、リクルートやスタートアップを経て2018年独立。現在は、DelSole株式会社代表/スナックデルソーレGINZAママ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。