見出し画像

【RIC体験記:第2回】 避けてきた出来事にフォーカス

第2回「避けてきた出来事にフォーカス」では、第1回で書いた自分の中の課題に関して、印象に残っている出来事を具体的に書いていく。

わたしが書いたのは、ここ1年に起きた出来事。

A4×1枚のスペースに収まるよう、出来事を整理しながら、自分の気持ちも整理していく。

基本的に、わたしは自分のためにしか生きられない。

今回、書いた出来事は、わたしが自分中心の生き方を貫いたばかりに、大切な人たちを傷つけてしまったというもの。

そして、大切な人たちを簡単に傷つけてしまった事実に、自分自身が打ちひしがれている。

だからといって、自分の生き方を否定しようとは思わないのよね。

一度きりの人生を後悔したくない・・自分の気持ちに正直でありたい・・

そう願って、自分の欲求を積極的に受け入れるよう努め、枠から自分を解放しようと葛藤し続けてきたのが、わたしの人生。

だから、自分の気持ちを偽ることなくいられるのは嬉しいし、誇りすら感じている。

でも、そのせいで、大切な人たちを大切にできなかった。

そして、大切な人たちがいなくなり、自分の思い描いた幸せも手に入らなくなってしまった。

どうなんだろうな・・

自分では自分のことを肯定できているけど、悲しみの量が多すぎると、さすがに息切れしてしまうのかもしれない。

一歩も動けなくなってしまっているのは、そういうことなんだろう。

自分で自分に「大丈夫だよ、在りたい自分に近づいているよ、間違っていないよ」と言い聞かせるのに疲れてしまった。

そんなことを考えながら、2回目の集まりに参加。

表面的な話だけで終わるのは嫌だったので、今回は、他の参加者にも具体的な記述内容を開示することにした。

本気で、現状を打開するきっかけを掴みたい。

で、開示してみてどうだったかと言うと、やっぱり、やり取りが深くなって、そこから見えるものも増えた気がする。

アウトプットして、聞いてもらえる場があるというのは、本当にありがたい。

引き続き、開示する方向でいこう。

第3回:気づきから求めているものを知る」へ続く。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもありがとうございます。励みになります。

まいどおおきに!
10
大学時代、世界を変えられるwebの可能性に魅せられweb制作を始める。学生起業を志すも挫折。フリーランス、会社員、主夫を経て、36歳で会社設立。#灘中 #灘高 #京大 #オヤノミカタ #人と会社のリデザイン #みんなのオンライン教室 #トモさんクラス #出張バーテン #夢を堂々と