コーヒー 焙煎士 ますおかゆうすけ/THE MIDFLOW coffee roast

THE MIDFLOW coffee roast代表。大手のコーヒーショップやホテル、…

コーヒー 焙煎士 ますおかゆうすけ/THE MIDFLOW coffee roast

THE MIDFLOW coffee roast代表。大手のコーヒーショップやホテル、コンサルティング会社での勤務を経験。自家焙煎コーヒー豆オンライン販売masuocafeを展開。THE MIDFLOW開業。noteには各国への旅行記などを日々雑感を綴っています。

ストア

  • 商品の画像

    【水出しコーヒー】オリジナルブレンドRED DROP 5パックセット

    水出しコーヒを簡単に作れるディップ(浸漬式)パックです。 1人分1パックを「5パック」のセットにしています。 1パック10gの水出しコーヒー用の粉をパッキングしています。 1パックあたり1杯分(180ml~220ml)の水出しコーヒーを作ることができます。 抽出時間はお好みの濃さにあわせて、8時間〜14時間がおすすめ。 抽出時間が短いとあっさりめ、長いとしっかりめの水出しコーヒーになります。 お湯で抽出するコーヒーとは異なるまろやかでトロッとした飲み口の味わいが楽しめます! 今年の夏も暑くなりそうですが、ぜひ、THE MIDFLOWの水出しコーヒーで、 おいしく楽しく乗り切りきってください!! THE MIDFLOW coffee roastのシグネチャーブレンド(一番おすすめ) 「RED DROP」とは「赤い雫」という意味。 店頭でドリップコーヒーを落としているのを見てくださっているお客様から「コーヒーって"黒"じゃなくて"赤"なんですね」とお声がけをいただくことがあります。 そうなんです。 この「RED DROP」は当店の看板豆「FINE ROBUSTA」を主軸に構成を組んでいます。今年の初めに一緒にベトナムに行ったhanaは、そこでコーヒー豆の素であるコーヒーチェリーを食べました。その経験を持った彼女は帰国してから、FINE ROBUSTAを飲むと「Toiさんの豆って本当にチェリーの味がするんやなぁ!」と、味わいを再発見していました。 酸味のあるコーヒーは苦手です、 とおっしゃるお客様が大多数です。 ですが、ほどよい酸味というのは、おいしいコーヒーにとって必要不可欠の構成要素だと考えています。 「RED DROP」はToiさんのコーヒー豆を中心にベトナムの最高峰のクオリティのコーヒー豆だけで構成しています。 THE MIDFLOWってどんなコーヒーを提供しているの?と聞かれたら、まずRED DROPをオススメしたい。そんな自信のブレンドコーヒーです。
    1,100円
    THE MIDFLOW coffee roast
  • 商品の画像

    【水出しコーヒー】ファインロブスタ(ワイニーナチュラル)5パックセット

    水出しコーヒを簡単に作れるディップ(浸漬式)パックです。 1人分1パックを5パックのセットにしています。 1パック10gの水出しコーヒー用の粉をパッキングしています。 1パックあたり1杯分(180ml~220ml)の水出しコーヒーを作ることができます。 抽出時間はお好みの濃さにあわせて、8時間〜14時間がおすすめ。 抽出時間が短いとあっさりめ、長いとしっかりめの水出しコーヒーになります。 お湯で抽出するコーヒーとは異なるまろやかでトロッとした飲み口の味わいが楽しめます! 今年の夏も暑くなりそうですが、ぜひ、THE MIDFLOWの水出しコーヒーで、 おいしく楽しく乗り切りきってください!! ~ベトナムコーヒーの革命~ ベトナム ランドン省バオロクに位置するFuture Coffee Farm。 ベトナム初の”高品質ロブスタ”の栽培に着手し、それに成功した革命的なコーヒーファームです。 THE MIDFLOW coffee roast店主である益岡は、 2019年11月と2022年6月に、この農園を訪れてきました。 農園主のトイ・グエンさんの想いは熱く、その熱さに呼応するように多くの仲間、チームが、これ以上にないこまやかさで繊細にコーヒー豆栽培に取り組んでいました。 このFuture Coffee Farmのハイクオリティー、ファインロブスタの品質向上への取り組みはまだまだ続いています。 従来のベトナム・ロブスタのイメージを完全に覆す、 シングルオリジン・ストレートでその味わいを楽しめる驚きの美味しさを味わって頂きたいと心から思っています。 濃厚なコクの中に、ワインのような独特の香りをまとい、しっかりとした甘みを持っています。 ドリップコーヒーではもちろんエスプレッソは最高に美味です。 THE MIDFLOW coffee roastでは、こちらのコーヒー豆を100%のエスプレッソを使ったカフェラテが大変好評を頂いています。 他にも、コンデンスミルクを併せて、トラディショナルなベトナムコーヒーとして、お楽しみになるのも最高です。まるでミルクチョコレートのような味わいが感じられることと思います。 コーヒー豆の進化は、まさに光の速さです。 ロブスタへの従来へのイメージを書き換えるのは「今」です。 どうぞ、お試しくださいませ! 【味の評価】            まろやか ★★★★      コク   ★★★★ 酸味   ★★ 苦み   ★★ 香り   ★★★★★ 甘み   ★★★★
    1,100円
    THE MIDFLOW coffee roast

マガジン

  • 商品の画像

    【水出しコーヒー】オリジナルブレンドRED DROP 5パックセット

    水出しコーヒを簡単に作れるディップ(浸漬式)パックです。 1人分1パックを「5パック」のセットにしています。 1パック10gの水出しコーヒー用の粉をパッキングしています。 1パックあたり1杯分(180ml~220ml)の水出しコーヒーを作ることができます。 抽出時間はお好みの濃さにあわせて、8時間〜14時間がおすすめ。 抽出時間が短いとあっさりめ、長いとしっかりめの水出しコーヒーになります。 お湯で抽出するコーヒーとは異なるまろやかでトロッとした飲み口の味わいが楽しめます! 今年の夏も暑くなりそうですが、ぜひ、THE MIDFLOWの水出しコーヒーで、 おいしく楽しく乗り切りきってください!! THE MIDFLOW coffee roastのシグネチャーブレンド(一番おすすめ) 「RED DROP」とは「赤い雫」という意味。 店頭でドリップコーヒーを落としているのを見てくださっているお客様から「コーヒーって"黒"じゃなくて"赤"なんですね」とお声がけをいただくことがあります。 そうなんです。 この「RED DROP」は当店の看板豆「FINE ROBUSTA」を主軸に構成を組んでいます。今年の初めに一緒にベトナムに行ったhanaは、そこでコーヒー豆の素であるコーヒーチェリーを食べました。その経験を持った彼女は帰国してから、FINE ROBUSTAを飲むと「Toiさんの豆って本当にチェリーの味がするんやなぁ!」と、味わいを再発見していました。 酸味のあるコーヒーは苦手です、 とおっしゃるお客様が大多数です。 ですが、ほどよい酸味というのは、おいしいコーヒーにとって必要不可欠の構成要素だと考えています。 「RED DROP」はToiさんのコーヒー豆を中心にベトナムの最高峰のクオリティのコーヒー豆だけで構成しています。 THE MIDFLOWってどんなコーヒーを提供しているの?と聞かれたら、まずRED DROPをオススメしたい。そんな自信のブレンドコーヒーです。
    1,100円
    THE MIDFLOW coffee roast
  • 商品の画像

    【水出しコーヒー】ファインロブスタ(ワイニーナチュラル)5パックセット

    水出しコーヒを簡単に作れるディップ(浸漬式)パックです。 1人分1パックを5パックのセットにしています。 1パック10gの水出しコーヒー用の粉をパッキングしています。 1パックあたり1杯分(180ml~220ml)の水出しコーヒーを作ることができます。 抽出時間はお好みの濃さにあわせて、8時間〜14時間がおすすめ。 抽出時間が短いとあっさりめ、長いとしっかりめの水出しコーヒーになります。 お湯で抽出するコーヒーとは異なるまろやかでトロッとした飲み口の味わいが楽しめます! 今年の夏も暑くなりそうですが、ぜひ、THE MIDFLOWの水出しコーヒーで、 おいしく楽しく乗り切りきってください!! ~ベトナムコーヒーの革命~ ベトナム ランドン省バオロクに位置するFuture Coffee Farm。 ベトナム初の”高品質ロブスタ”の栽培に着手し、それに成功した革命的なコーヒーファームです。 THE MIDFLOW coffee roast店主である益岡は、 2019年11月と2022年6月に、この農園を訪れてきました。 農園主のトイ・グエンさんの想いは熱く、その熱さに呼応するように多くの仲間、チームが、これ以上にないこまやかさで繊細にコーヒー豆栽培に取り組んでいました。 このFuture Coffee Farmのハイクオリティー、ファインロブスタの品質向上への取り組みはまだまだ続いています。 従来のベトナム・ロブスタのイメージを完全に覆す、 シングルオリジン・ストレートでその味わいを楽しめる驚きの美味しさを味わって頂きたいと心から思っています。 濃厚なコクの中に、ワインのような独特の香りをまとい、しっかりとした甘みを持っています。 ドリップコーヒーではもちろんエスプレッソは最高に美味です。 THE MIDFLOW coffee roastでは、こちらのコーヒー豆を100%のエスプレッソを使ったカフェラテが大変好評を頂いています。 他にも、コンデンスミルクを併せて、トラディショナルなベトナムコーヒーとして、お楽しみになるのも最高です。まるでミルクチョコレートのような味わいが感じられることと思います。 コーヒー豆の進化は、まさに光の速さです。 ロブスタへの従来へのイメージを書き換えるのは「今」です。 どうぞ、お試しくださいませ! 【味の評価】            まろやか ★★★★      コク   ★★★★ 酸味   ★★ 苦み   ★★ 香り   ★★★★★ 甘み   ★★★★
    1,100円
    THE MIDFLOW coffee roast
  • 商品の画像

    【オンライン限定】今月のおすすめセット(100g×4種類)

    オンラインショップ限定の今月のおすすめセット! 4種類の銘柄を100gずつセットにしてお届けします! 当店のコーヒー豆が初めての方も、リピーター様も、ぜひご利用ください! 初めてでどの豆が好みに合うかわからないというお客様も いつも決まったお豆をご購入いただいているお客様も 他の銘柄も楽しんでみたい!というときがあれば ぜひごちらのセットを「お試し感覚」でお使いいただければ嬉しいです! 今月のラインナップは フルーティな香りをまといながらもまろやかで飲みやすい「(中深煎)オリジナルブレンド RED DROP」 マンゴーや桃のようなあまーいコーヒーである「(浅煎)Voung Farmロングベリー」 ワインのような香りとコク深さが人気No.1「(中深煎)ファインロブスタ ワイニー・ナチュラル」 伝統あるブラジルの味わいを楽しめる「(中深煎)バウ農園 ブルボン・ナチュラル」 個別でのご購入ですと4,050円のところ、セット価格3,800円でのご提供とさせていただきます。 送料は当店が負担させていただきますので、ぜひお気軽にお試しなどにお使いください!
    3,800円
    THE MIDFLOW coffee roast
  • もっとみる

最近の記事

  • 固定された記事

美味しいコーヒーは、最高の自己投資。

※この文章は、THE MIDFLOW coffee roastを開業する前に、masuocafeというコーヒー豆のオンラインショップを運営していた頃に書いたものです。 こんにちは。 オンライン自家焙煎コーヒーショップ masuocafe  焙煎士のますおかゆうすけです。 今日は、僕がコーヒーの焙煎を始めたキッカケのお話をしたいと思います。 そんなもん興味ないと思われるかもしれませんが(笑)、ちょっと大事なことなので真剣に書きたいと思います。 僕は、「コーヒーのある暮ら

    • 瞬間的な「出来事」が永続的な「思い出」に~香港のセブンイレブンにて。

      香港では「日本人?」と聞かれることが多かった。 香港のセブンイレブンは、日本のセブンイレブンとはその雰囲気が異なり、おばちゃんがやっている「個人商店」のような趣もあった。街歩きに疲れて水分を買いにセブンイレブンに入った時に、僕のこの旅のハイライトと言っていい出来事があった。 海外に行くとその国の貨幣に慣れるのに時間がかかる。だから、往々にしてレジで現金払いをするときには、余計な時間がかかってしまう。当然ながら、香港も電子マネー文化である。日本以上にそうだと思う。だから、僕

      • 香港旅の最中に襲われた心身の不調。そこからの超回復〜劣等感のこと〜

        はじめに 香港の街を訪れていたとき、正直にいうと僕のコンディションはあまりいいものではなかった。 香港の旅の最中に襲われた心身の不調 久しぶりの一人旅に高揚している心とは裏腹に、僕の身体は悲鳴を挙げていたのだと思う。少し前に「走ることでクオリテ高い人生を作る」というnoteを書いて、そのときには心身ともに充実していた状態だったのだけれど、そのあと少しずつ歯車がズレている感覚があった。でも、僕はそれを見ないふりをした。それが香港の街を歩きながら、少しずつ露呈してくるの

        • 香港旅〜おいしいものを求めて、行列嫌いが行列に並んでしまう街

          僕が滞在中の香港は、もうほんとに暑くて暑くてどんどん食欲が減ってしまった。うちの妻のhanaはおいしいものを食べることに命をかけているような人だから、「香港でおいしいものを食べて、どれだけおいしかったか報告しろ!」とよくわからないご指示を頂いていたのだけれど、こう暑くっちゃおいしいそうな麺類を見ても、小籠包見ても、そのたちのぼる湯気を見るだけで「うぅ・・・」となってしまう・・・。 とはいえ、何も食べないわけにはいかない。食事を適当に済ませるのは、せっかく香港旅なのにもったい

        • 固定された記事

        美味しいコーヒーは、最高の自己投資。

        マガジン

        • 香港旅2024
          8本
        • ベトナム旅行2024新春
          7本
        • ベトナム コーヒー農園訪問記2023
          11本
        • ベトナム・コーヒー農園訪問記2022
          3本
        • 日本国内の魅力をめぐる旅
          4本
        • アジア諸国を気ままに歩き回る旅の記録
          4本

        記事

          香港旅 ホテルの掃除のお姉さんとのおしゃべり

          香港で泊まったホテルは、「Ramada Hong Kong」ということころだった。 香港は今まで訪れたどの場所よりもホテル選びに困った場所だった。 まず、値段が高い。他の国で同じクオリティだったら、もう少し安く泊まれるはずだと思えるホテルが軒並み予算オーバーだった。さらに、希望する価格帯のホテルになると、そのレビュー(口コミ)がひどい。もう「これでもか!」というほどの罵詈雑言が書き込んであるものもあれば、負けじとホテル側も反論をしているものもあったりして、もはや喧嘩の様相を

          香港旅 ホテルの掃除のお姉さんとのおしゃべり

          香港旅 いたって普通の場所で起きた悲劇を想う

          なぜ、香港を一人旅の行き先に選んだのか? 今回の文章は、多くの日本人にとってはあまり好かれない内容の文章だと思う。けれど、僕はあえて今回の文章を形にして、表に出したいと思う。世界は情勢変化は凄まじいスピードを出していて、下手をしたらそこから振り落とされてしまうかもしれない。そういった意味で、僕は社会を構成している人間の一人として、自分の立ち位置、あり方を再確認するためにも今回の文章をしっかりしたためておきたいと思い本腰を入れて書いた。 数年前の香港での民主化運動のデモの際

          香港旅 いたって普通の場所で起きた悲劇を想う

          香港旅 やさしい人が多い街、香港

          豚まんを食べ終わると時刻は午前8時を指していた。香港国際空港の到着ロビーは、各国からの旅行客が少しずつ増えてにぎやかになってきている。見た所、中国本土や欧米からの旅行客が多いようだった。日本語はまったく聞こえてこない。その頃になると他の飲食店も開いていて、おかゆのお店や麺のお店が盛況になっていた。日本の醤油とは少し違った異なった匂いがあたりに漂い始めていた。その匂いによって「異国の地」に来ているんだ・・・ということを改めて思った。広東語や英語ばかりが耳に届いてくると、自分は「

          香港旅 知らないおっちゃんと豚まんを食べる充実の始まり

          飛行機に乗り込むなり眠り込んでしまった僕は、香港国際空港に着陸したガタンという機体が揺れる衝撃で目を覚ました。 狭い座席で、姿勢ただしく寝てしまっていたために、身体のあちこちがガチガチに固まってしまっている。首をそっと動かし、飛行機の窓の外を覗き込んでみる。まだ外はほのかに薄暗い。まだ夜は明け切ってないようだった。 時刻午前6時。いよいよ香港国際空港へ降り立つ。 ターミナルに横付けされた機体のドアが開き、多くの乗客が我先にと出入り口へ急ごうとする。僕もまたこのときばかりは

          香港旅 知らないおっちゃんと豚まんを食べる充実の始まり

          5年ぶりの一人旅〜香港旅(序)〜

          2024年4月14日の日曜日の営業を終了してから自宅に戻ると、妻のhanaがイソイソと晩御飯の準備をしてくれていた。時刻はちょうど19時を指している。 「ご飯もうすぐ用意出来るから、もう一回忘れ物ないかチェックしなさーい!」 キッチンからhanaの大きな声が鳴り響く。 自宅の最寄の駅から羽田国際空港への高速バスが出発する時刻まで、あと1時間と少し。僕は、日付の変わった月曜日の深夜2時30分のフライトで、約5年ぶりとなる一人旅に出るのだ。 目的地は「香港」。 2019

          走ることでクオリティ高い人生を作る!

          お店が定休日の月曜日は、朝から"自分のための時間"を意識的に取っています。 まずは、ゆっくりとコーヒーを淹れるところから始まります。定休日は、僕自身が焙煎したコーヒー豆ではなく、他店で買い求めたコーヒーを淹れます。自分の焙煎したコーヒー豆だとどうしても"チェック目線"が入ってしまい、純粋に"楽しむ"ということが出来ないのです。 他店で焙煎されたコーヒーを飲むことは、勉強にもなるし、自分の焙煎の仕方とは違うので新しい自分の好みが広がったりもします。休みの日の早朝コーヒータイ

          走ることでクオリティ高い人生を作る!

          物語とともに孤独をくぐり抜けていく

          早稲田大学にある「国際文学館・村上春樹ライブラリー」にでかけてきました。ここのところ、休みの日には積極的に「外」にでかけるようにしています。 村上春樹さんは、多くの人にとってそうでしょうけど、僕にとってもとても大切な存在です。知り合いとかじゃないけれど。村上春樹ライブラリーはとても居心地の良い場所で、いろんなことを感じることができる空間でした。今回のnoteには、そのときに感じたことをつらつらと書いていきます。 いかに「孤独」と真正面から向き合っていくのか? 生きていく上

          人生を変える方法は、意外とシンプル。久しぶりの海外一人旅に向けて。

          4月に行く「海外一人旅」のホテルの手配が完了した。 完全一人旅なので、可能な限り、渡航費、宿泊費は抑えたいところ。 ハイクオリティなフライトにも、ラグジュアリーなホテルにも、いまのところ興味はない。 航空券は「まぁこんなものだろう」という価格のチケットを手配できたのだけれど、宿泊費に関して言えば、このグレードのホテルにしては「高いなぁ」と感じないではいられなかった。でも、よくよく調べてみるとその場所にとっては、「相場」あるいは「比較的安い」くらいだというレビューが散見された

          人生を変える方法は、意外とシンプル。久しぶりの海外一人旅に向けて。

          日々鍛錬、日々精進〜最高のコーヒー豆と焙煎機

          僕が経営しているTHE MIDFLOW coffee roastは「ファインロブスタ」を主軸においた自家焙煎コーヒーショップです。ファインロブスタとうのは、コーヒー豆の品種であるロブスタ種の中でCQIというコーヒー豆を評価する世界的公式スコア(点数)で80点以上を取っているものをいいます。僕は、2019年に初めてこの「ファインロブスタ」を生産しているベトナムはバオロクのFuture Coffee Farmを訪れたときから、このコーヒー豆が大好きになりました。このコーヒー豆の生

          日々鍛錬、日々精進〜最高のコーヒー豆と焙煎機

          「線」はあとから自然についてくる。だから「点」をつけることを丁寧に。

          昨日の昼過ぎに実家のある岡山に帰ってきて、今日の昼過ぎには東京に戻る。弾丸帰省。 新幹線で岡山に着いてすぐに実家に帰り、母と二人で食事をしてから、父の乗っていたロードバイクに跨って、父のお墓に向かう。僕以外には誰も乗らない父のロードバイクは、少し錆びついてしまっていたけれど、それでも快適に飛ばしてくれた。 お墓に着くと、まさに「心臓破りの坂」が待っている。 我が家のお墓のある場所は、山の中腹点にあるのでどうしてもその坂は避けては通れない。お墓のある場所からの見晴らしは最高

          「線」はあとから自然についてくる。だから「点」をつけることを丁寧に。

          知人のボクシングの試合を観て〜極限の世界

          生まれて初めてボクシングを観戦してきた。 僕が以前に勤めていた会社でアルバイトをしてくれていた「中川公弘くん」が大事な試合のリングに上がるということで、これは絶対観させてもらわねければ!ということで、本人に連絡を取ってチケット買わせてもらった。 中川くんとは彼が20歳くらいのときにアルバイトの面接に来てくれたことによって出会った。面接を担当した僕に当時の彼は「プロボクサーになるのが夢です。」とまっすぐ語ってくれた。僕自身は、ボクシングにはまったく明るくないのだけれど、プロ

          知人のボクシングの試合を観て〜極限の世界

          久しぶりに一人旅に出ることにした~自分自身の幅を広げるために~

          アジアのある国への航空券を手配した。 来月、僕は「一人旅」に出ることにした。 海外旅行ということでは、世界的疫病のために足止めを食らった2020年、2021年を除いては、2022年に1回、2023年に2回、そして今年2024年年明け早々にベトナムに出掛けている。 けれど、純粋な一人旅は、2019年にタイのバンコクを訪れて以来だから、約5年ぶりの海外一人旅ということになる。 前から行ってみたいという気持ちがあった場所なのだけれど、1月のベトナム旅行を終えてから寝ても覚め

          久しぶりに一人旅に出ることにした~自分自身の幅を広げるために~