観音美住cannobis

神奈川県西部の真鶴町にある古民家空家で「何かしたい!」という想いから、お片付けからのはじまり。そこから場がどんな風に変容していくのかの記録。
固定された記事

「美しく住まう。」 実験の場

3回の増築を繰り返した約100年の古民家が空き家となっていました。 直観的に「ここで何かしたい。」と感じ、 好奇心が自らをつき動かし、 先ずは家の中の片づけを2019年5月…

500

片付けの終わりと新たな始まり

この家の最後の片付けがついに終わった! 捨て難かったブラウン管のテレビやら 洗濯機やら 残っていた処分品達を回収してもらった! なんてスッキリなこの空間✨ 一年…

場を開きます

あっという間に7月も半ばを過ぎた。 真鶴へ来てから、もう少しで4ヶ月になる。 コロナ禍で世の中の変化に色が付いた様に感じ、変化のスピードが見えやすくなった様に思う…

それは役割からの解放

私の時間と私の空間がある事で 私という存在が再確認出来る様になる。 私はここに存在しているのに、 私の存在を再確認するってなんなんだろうか・・・。 久しぶりに、 …

私の時間と私の空間をつくる必要性

ついつい、外側に目を向けて、 誰かを優先してしまう。 社会のことばかりを考えがちになってしまう。 これは 私の癖でもある。 だから、 自分に尽くす時間を 忘れがちに…

非生産性とか無駄とかが大事という理由

久しぶりに ふらりと ひとり横浜へ行って来た。 新しくなった 横浜駅の駅ビル NEWoManを見てきた。 横浜駅に着いたのが11時過ぎだったので 早目のランチをしようと フロ…