光恵 / 絶滅危惧種を編む人

●あみぐるみ作家 / 編み造形師 ●国内外で活動 ●著書「HOPE」紙本&Kindle販売中 ●夢は「旅する編み人」 ●野生動物保護&環境保全の啓発&寄付活動 ●岡山県環境学習指導者 ●岡山観光サポーター ●オランの環境教室 ☞https://linktr.ee/Lumiena

光恵 / 絶滅危惧種を編む人

●あみぐるみ作家 / 編み造形師 ●国内外で活動 ●著書「HOPE」紙本&Kindle販売中 ●夢は「旅する編み人」 ●野生動物保護&環境保全の啓発&寄付活動 ●岡山県環境学習指導者 ●岡山観光サポーター ●オランの環境教室 ☞https://linktr.ee/Lumiena

マガジン

  • 光恵個展 2021

    光恵 あみぐるみの世界  「なぜ編み物で動物を?」展 10月9日㊏~10月31日㊐ 9:00-16:30 会期中無休 観覧無料 セレネ美術館 2階 オープンギャラリー 🆗作品の撮影 🆗SNS投稿 (タグ付けてね🙏) 🆗作品販売 (会場でお尋ね下さい🙏) 🈶コラボカフェメニュー 🈶10/24 ワークショップ 👉https://www.unazuki-selene.com/2021/08/28/4269/ #個展情報 #富山県 #宇奈月温泉 #セレネ美術館

  • 光恵の気まぐれ便り

    LINE公式およびメールマガジンの登録者様にだけお送りしている情報&メッセージです ●LINE公式 →https://line.me/R/ti/p/@398qifks ●メルマガ登録フォーム →http://form.os7.biz/f/65e3ade5/

  • 書籍 HOPE

    自費出版本「HOPE」の制作過程を綴っています。発売は2022年1月に予定。 【本の内容】 あみぐるみのオランのNYフォトストーリー。異なる業界の4人が綴るそれぞれの視点で見た「編み物と地球のこと」。著者対談や編み図も掲載。全64P。日英語併記。

ストア

  • 商品の画像

    【書籍のみ】HOPE ~編み物でちょっと地球にいいことを~

    初の著書本。 自費出版です。 私一人の「妄想」と「思い」だけでスタートした本づくり。 だけど一人じゃ本は作れない。 NYでの撮影も、本の編集も、英語訳も、寄稿者の方々も、誰かが困っている私に縁を繋いでくださいました。 さらに制作中は何度も壁が立ちはだかり、思うように進まず、歩みが止まったのも諦めかけたのも一度ではありません。 しかし完成に至るまで、日本とニューヨークで、本当に多くの方が支えてくださいました。 お力添えくださった方々、そしてこの本をお手元に迎えてくださる方々へ、感謝の気持ちを持って生きていきます。 ■書名 HOPE 編み物でちょっと地球にいいことを。 ■著者名 光恵 ■ページ数 全64P(表紙4P+本文60P) ■本体価格(税込)1900円(2090円) ■内容 オランウータンのあみぐるみ「オラン」のNYフォトストーリーからはじまります。そこで出会った海外の編み物アーティストたちとの心のふれあい。そして彼女たちが考える「編み物でできる地球にちょっといいこと」とは。さらに、野生動物の生態を研究する大学教授、クリエイティブリユースの第一人者、NYから日本文化を世界に発信している起業家、人形文化の発展と作家育成の立役者、異なる業界の4人がそれぞれの視点でみた「編み物と地球のこと」。また、編み物講師の家に生まれた三代目と著者の対談も見どころ。2パターンの編み図も掲載。日本語と英語の2ヶ国語収録。 【発送方法のご注意】 3冊までネコポスで送れます(重さ1kg以内) 4冊までレターパックライトで送れます(重さ4kg以内) 5冊以上はレターパックもしくはクロネコヤマト60サイズ等を選択してください ※400冊限定販売(完売後の再販は現在のところ予定はありません) ※売上げの一部をオランウータンや野生動物のために寄付いたします ※寄付以外の利益は、オランプロジェクトの活動資金にさせて頂きます ※サイン代100円も寄付に加えます ※販売の状況を見て、在庫に変動が出る可能性があります ●Kindle版→https://www.amazon.co.jp/dp/B09ZRPZ7GX/ref=cm_sw_r_tw_dp_7DP45BWR52Z62QPRQ6CV
    2,090円
    編み造形師 光恵
  • 商品の画像

    【書籍+体験】HOPE100冊購入で、オランと日本全国どこへでも参ります

    【「本購入」プラス「体験」の購入で、出版を応援するセット商品です】 HOPE100冊に、光恵のワークショップや講演会等を開催できる権利をつけて提供します。 オランとどこへでも参ります。 あみぐるみワークショップもよし! 今までの経験(制作やコンクール、海外体験)をお話する会もよし! HOPEの制作秘話を語ってもよし! オランとの撮影会が加わってもよし! 時間は90分となります。 毛糸メーカー等 編み物業界の企業様、いかがでしょうか? もちろん個人の方でも大歓迎です。 ※ 交通費、宿泊費は別途必要となります。 ※ 開催日程はご購入後に相談にて決定。 ※ 開催期限は2022年12月までとします。 ※サインは、当日サイン会も合わせて開催し、ご希望の方へ入れさせて頂きます。 ※送料は、差額の足らずを後日お振込み頂くようになります。 ※在庫が100冊を切ってしまった場合、販売中止となります。お早めにご検討ください。 【書籍について】 初の著書本。 自費出版です。 私一人の「妄想」と「思い」だけでスタートした本づくり。 だけど一人じゃ本は作れない。 NYでの撮影も、本の編集も、英語訳も、寄稿者の方々も、誰かが困っている私に縁を繋いでくださいました。 さらに制作中は何度も壁が立ちはだかり、思うように進まず、歩みが止まったのも諦めかけたのも一度ではありません。 しかし完成に至るまで、日本とニューヨークで、本当に多くの方が支えてくださいました。 お力添えくださった方々、そしてこの本をお手元に迎えてくださる方々へ、感謝の気持ちを持って生きていきます。 ■書名 HOPE 編み物でちょっと地球にいいことを。 ■著者名 光恵 ■ページ数 全64P(表紙4P+本文60P) ■本体価格(税込)1900円(2090円) ■内容 オランウータンのあみぐるみ「オラン」のNYフォトストーリーからはじまります。そこで出会った海外の編み物アーティストたちとの心のふれあい。そして彼女たちが考える「編み物でできる地球にちょっといいこと」とは。さらに、野生動物の生態を研究する大学教授、クリエイティブリユースの第一人者、NYから日本文化を世界に発信している起業家、人形文化の発展と作家育成の立役者、異なる業界の4人がそれぞれの視点でみた「編み物と地球のこと」。また、編み物講師の家に生まれた三代目と著者の対談も見どころ。2パターンの編み図も掲載。日本語と英語の2ヶ国語収録。 ※400冊限定販売(完売後の再販は現在のところ予定はありません) ※売上げの一部をオランウータンや野生動物のために寄付いたします ※寄付以外の利益は、オランプロジェクトの活動資金にさせて頂きます ※サイン代100円も寄付に加えます ●Kindle版→https://www.amazon.co.jp/dp/B09ZRPZ7GX/ref=cm_sw_r_tw_dp_7DP45BWR52Z62QPRQ6CV
    250,000円
    編み造形師 光恵
  • 商品の画像

    【書籍のみ】HOPE ~編み物でちょっと地球にいいことを~

    初の著書本。 自費出版です。 私一人の「妄想」と「思い」だけでスタートした本づくり。 だけど一人じゃ本は作れない。 NYでの撮影も、本の編集も、英語訳も、寄稿者の方々も、誰かが困っている私に縁を繋いでくださいました。 さらに制作中は何度も壁が立ちはだかり、思うように進まず、歩みが止まったのも諦めかけたのも一度ではありません。 しかし完成に至るまで、日本とニューヨークで、本当に多くの方が支えてくださいました。 お力添えくださった方々、そしてこの本をお手元に迎えてくださる方々へ、感謝の気持ちを持って生きていきます。 ■書名 HOPE 編み物でちょっと地球にいいことを。 ■著者名 光恵 ■ページ数 全64P(表紙4P+本文60P) ■本体価格(税込)1900円(2090円) ■内容 オランウータンのあみぐるみ「オラン」のNYフォトストーリーからはじまります。そこで出会った海外の編み物アーティストたちとの心のふれあい。そして彼女たちが考える「編み物でできる地球にちょっといいこと」とは。さらに、野生動物の生態を研究する大学教授、クリエイティブリユースの第一人者、NYから日本文化を世界に発信している起業家、人形文化の発展と作家育成の立役者、異なる業界の4人がそれぞれの視点でみた「編み物と地球のこと」。また、編み物講師の家に生まれた三代目と著者の対談も見どころ。2パターンの編み図も掲載。日本語と英語の2ヶ国語収録。 【発送方法のご注意】 3冊までネコポスで送れます(重さ1kg以内) 4冊までレターパックライトで送れます(重さ4kg以内) 5冊以上はレターパックもしくはクロネコヤマト60サイズ等を選択してください ※400冊限定販売(完売後の再販は現在のところ予定はありません) ※売上げの一部をオランウータンや野生動物のために寄付いたします ※寄付以外の利益は、オランプロジェクトの活動資金にさせて頂きます ※サイン代100円も寄付に加えます ※販売の状況を見て、在庫に変動が出る可能性があります ●Kindle版→https://www.amazon.co.jp/dp/B09ZRPZ7GX/ref=cm_sw_r_tw_dp_7DP45BWR52Z62QPRQ6CV
    2,090円
    編み造形師 光恵
  • 商品の画像

    【書籍+体験】HOPE100冊購入で、オランと日本全国どこへでも参ります

    【「本購入」プラス「体験」の購入で、出版を応援するセット商品です】 HOPE100冊に、光恵のワークショップや講演会等を開催できる権利をつけて提供します。 オランとどこへでも参ります。 あみぐるみワークショップもよし! 今までの経験(制作やコンクール、海外体験)をお話する会もよし! HOPEの制作秘話を語ってもよし! オランとの撮影会が加わってもよし! 時間は90分となります。 毛糸メーカー等 編み物業界の企業様、いかがでしょうか? もちろん個人の方でも大歓迎です。 ※ 交通費、宿泊費は別途必要となります。 ※ 開催日程はご購入後に相談にて決定。 ※ 開催期限は2022年12月までとします。 ※サインは、当日サイン会も合わせて開催し、ご希望の方へ入れさせて頂きます。 ※送料は、差額の足らずを後日お振込み頂くようになります。 ※在庫が100冊を切ってしまった場合、販売中止となります。お早めにご検討ください。 【書籍について】 初の著書本。 自費出版です。 私一人の「妄想」と「思い」だけでスタートした本づくり。 だけど一人じゃ本は作れない。 NYでの撮影も、本の編集も、英語訳も、寄稿者の方々も、誰かが困っている私に縁を繋いでくださいました。 さらに制作中は何度も壁が立ちはだかり、思うように進まず、歩みが止まったのも諦めかけたのも一度ではありません。 しかし完成に至るまで、日本とニューヨークで、本当に多くの方が支えてくださいました。 お力添えくださった方々、そしてこの本をお手元に迎えてくださる方々へ、感謝の気持ちを持って生きていきます。 ■書名 HOPE 編み物でちょっと地球にいいことを。 ■著者名 光恵 ■ページ数 全64P(表紙4P+本文60P) ■本体価格(税込)1900円(2090円) ■内容 オランウータンのあみぐるみ「オラン」のNYフォトストーリーからはじまります。そこで出会った海外の編み物アーティストたちとの心のふれあい。そして彼女たちが考える「編み物でできる地球にちょっといいこと」とは。さらに、野生動物の生態を研究する大学教授、クリエイティブリユースの第一人者、NYから日本文化を世界に発信している起業家、人形文化の発展と作家育成の立役者、異なる業界の4人がそれぞれの視点でみた「編み物と地球のこと」。また、編み物講師の家に生まれた三代目と著者の対談も見どころ。2パターンの編み図も掲載。日本語と英語の2ヶ国語収録。 ※400冊限定販売(完売後の再販は現在のところ予定はありません) ※売上げの一部をオランウータンや野生動物のために寄付いたします ※寄付以外の利益は、オランプロジェクトの活動資金にさせて頂きます ※サイン代100円も寄付に加えます ●Kindle版→https://www.amazon.co.jp/dp/B09ZRPZ7GX/ref=cm_sw_r_tw_dp_7DP45BWR52Z62QPRQ6CV
    250,000円
    編み造形師 光恵
  • もっとみる

最近の記事

  • 固定された記事

はじめまして、光恵と申します。

編む人です。 物心ついた時にはすでにかぎ針を握り、祖母や母と編み物に親しんでいた私は、現在あみぐるみ作家・編み造形師と名乗り、世界に向けアーティスト活動をしています。 「あみぐるみ」というのは、毛糸をかぎ針編みの技法を使って立体に編んだ造形物。「AMIGURUMI」と書くと世界共通語、日本発祥の文化(諸説あります)と知って以来、国内はもとより海外でも活動しており10年ほど経ちます。2016年には幸運なことに、ニューヨークで「日本のあみぐるみ」について講演する機会を頂きまし

    • 毎月11日と22日は「編み物PRデー」

      私はまた思いついてしまった。 ひらめきはいつも突然(当たり前)。 …で、その2時間後に実行してみた。 思いついたのは…日々孤独と戦いながら作品を作っている皆さんが、時には(11と22日は)つながり、そして編み物界隈を(この時間帯は)盛り上げられたら、と。 名付けて「編み物PRデー」 ツイッター企画です。 前回の思いつきは…東京2020オリンピックに合わせた「アミリンピック」だった。 (残念ながらパラリンピックの方は、私のスケジュールが合わず) たくさんの方が参加して

      • 毛糸から生まれたアースキーパー、エコを語る。

        私が対談やオンライン出演する時、いつも離れずくっついていたオラン。 そのオランが、ひとりで活躍してくれる日が来ました! 老舗毛糸メーカーのハマナカの可愛いマスコットキャラクター「マナちゃん」「ユウくん」「ちゅうどん」「ヨウちゃん」と対談です。 私はオランプロジェクトを立ち上げた時から、オランが一人立ちして活躍できる場を、ずっとずっと探し求めていました。 今回ハマナカ様には本当に有難い機会を頂戴しました。 【登場人物】 オランくん…動物と自然を愛するアースキーパー マナち

        • あみぐるみ作家が「森をつくる」クラウドファンディングに挑戦!

          こちらの記事は、11月11日からスタートしたクラウドファンディング「オランの森プロジェクト」の内容です。下記がクラファンサイトです。 はじめにオランウータンが絶滅危惧種だということを知っていますか? オランウータンとは、インドネシアのスマトラ島と、インドネシアとマレーシアにまたがるボルネオ(カリマンタン)島の、豊かな熱帯雨林にだけ生息している大型類人猿です。 ボルネオオランウータンは2016年、スマトラオランウータンは2010年に IUCN(国際自然保護連合)のレッドリ

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 光恵個展 2021
          光恵 / 絶滅危惧種を編む人
        • 光恵の気まぐれ便り
          光恵 / 絶滅危惧種を編む人
        • 書籍 HOPE
          光恵 / 絶滅危惧種を編む人

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          私が編み物で絶滅危惧種を編む理由

          取材やメディア出演時に、必ず尋ねられること。 「なぜ絶滅危惧種を編んでいるんですか?」 2021年に開催された、すべて絶滅危惧種作品の個展。 その会場で皆さまにお配りしたものを、ここに記しておきます。 私が 22 歳の時、ある病気にかかっていることがわかりました。当時の主治医から「妊娠は諦めた方が良い」と告げられ、失意と悲しみに暮れながら闘病。 それでも「海外で仕事をする」という夢を新たに持ち、退院後は毎日の通院と仕事を両立させながら英会話教室へ通いました。 その後現

          編み造形師「光恵」のあらまし

          今までのあゆみをまとめてみました。 色んなことをさせて頂いてます。 様々な経験・体験をしております。 (決してよいことばかりではなく、血がにじむくらい唇をかみしめ、 涙するような悔しく残念なことも、幾度となくありましたが) こちらを見て、「編み物でこんな活動ができるんだ!」「あみぐるみでこんな仕事があるんだ!」と知って頂き、あなたの何かになれば嬉しいです。 あわよくば「ワークショップに参加してみたいな!」「話を聞いてみたいな!」「仕事を頼んでみたいな!」と思って頂けたら幸

          オランの森の妖精、名前決定しました!

          7月26日からはじまる「東京渋谷手づくり博」に出品する新作の名前を、わたしの全SNSで募集していました。 この子達は「オランの森の妖精」です。 名前の候補は3つ。 ①緑呼(みどりこ) ②うーた ③もり丸 すると、Twitterで質問がきました! 『それぞれどのような意味が込められているのですか?』 意味に大差はなくとも、こうしてお尋ねくださったお陰で、改めて言葉にするよい機会になりました。 そして昨夜、三日間の投票期間が終わりました。 それでは!結っ果発っ表おぉーー

          逆「みにくいアヒルの子」

          さて、前回できなかった「私の妄想物語り」をお話しましょう! 今回のFANTANIMA in KANSAI出品作品 白鳥のお母さん「鵠姫」 黄色いからだの「ひな子」たち そして、1羽だけ色の違う「幸子」 実は… 「鵠姫」の実子は、「幸子」だけ 「ひな子」たちは、継子なのです。 「あれ?」って思った方、いらっしゃいますか? ここでタイトルを見てください。 そうなんです。 アンデルセン童話「みにくいアヒルの子」をモデルに、逆の家族をつくってみました。 「本作ではいじめる側

          FANTANIMA in KANSAI 2022

          5月26日からはじまったFANTANIMA in KANSAI 大阪の2会場、アラビクさんと乙女屋さんでは盛り上がっているようですね 納品直前、ゲリラライブで出品作品を紹介しました https://www.instagram.com/tv/Cd2ElLvp8J-/?igshid=YmMyMTA2M2Y= 最初に登場したのは「ひな子」4姉妹 さらに、1羽だけ青いひな「幸子」 ひな子たちの妹、5女の設定です 青い鳥=幸せを呼ぶ、で幸子と名付けました そして、母鳥の白鳥「鵠

          【書籍HOPE】Kindle期間限定無料キャンペーン!(更新記事)

          【2022.8.19 ㊗国際オランウータンの日】 【2022.5.20~22 届け!オランの声よ、世界へ】 5月20日㈮~22日㈰の三日間、電子書籍版「HOPE」を無料でダウンロードいただけるキャンペーン「届け!オランの声よ、世界へ」をいたします。 無料にした目的は、キャンペーンのタイトルの通り。 翻訳をお願いした石原さんと、石原さんのお友達Tylerさんに全文を翻訳するという大変な作業をお願いしのは、世界の人々に伝えたかったからです! ご協力くださったお二人に、心よ

          【書籍 HOPE】オランの声を届けたい!図書館献本プロジェクト(更新記事)

          はじめに 「オランの声をお一人でも多くの方に届けたい!」という思いで、図書館へHOPEの献本活動を行っています。 まずは、出版のルールで国立国会図書館へいの一番に納めました。その後は私自身に所縁のあるところからご相談させて頂いています。ただし図書館によっては、蔵書目的の相違で断られるところもあります。献本報告は、#HOPE献本 のハッシュタグでSNSに随時投稿中。 献本には、なるべく自分の足でオランと共に訪れたいと思っています。職員の方や利用者の皆さんと、オランの交流も

          【書籍 HOPE】電子書籍版、Kindleで出版!!

          分からないことだらけで根を上げ、放置してしまっていた電子書籍の制作。でも先月のHOPEトークショーでテンションが上がり、その勢いに乗って再び困難な作業と向き合うことができました。 そして娘のお誕生日であり、夫と出会った日でもある5月8日。 お天気もお日柄(大安)もよかった昨日。 電子書籍版「HOPE」を発売いたしました! オランは愛犬ゴン太が亡くなった日に生み出しましたが、今回は娘を出産した日に新たな作品(電子書籍ですが)を生み出すことができました。オランの時とはまた違っ

          【書籍 HOPE】出版記念トークイベント開催決定!!

          今年2月に発売された「HOPE ~編み物でちょっと地球にいいことを。~」の出版を記念して、トークイベントの開催が決定いたしました! 著者であるわたくし光恵(あみぐるみ作家/編み造形師)と、寄稿者の大月ヒロ子さん(イデア代表取締役)、そしてなんとニューヨークから池澤崇さん(RESOBOX創設者/CEO)も駆けつけてくださいます。 お二人に囲まれ、制作秘話や今のリアルなアメリカのことなど、本書にまつわるあれこれをたっぷり語って頂きます。もちろんオランもやってきますよ!ぜひお越

          【書籍 HOPE】岡山経済新聞で紹介されました

          ご無沙汰している間に桜が満開となりました。HOPEをお求めくださった方は楽しく読んで頂けているでしょうか?ご感想は、SNSのダイレクトメール等からいつでも有難く頂戴いたします。私やオランはもちろんのこと、この本に関わってくださった日本とアメリカの多くの方が喜ばれます。ぜひお聞かせくださいね! さて先月25日、岡山経済新聞さんでHOPEの紹介記事が公開されました。 編集長さん自ら取材してくださるとのことで緊張もしていたのですが、慣れた場所からオランと共にオンラインでリラック

          【書籍 HOPE】ECO-COTTON里帰りプロジェクト

          『HOPE 編み物でちょっと地球にいいことを。』 2月14日の発売以来、想像以上の反応を頂き、それに伴う作業に明け暮れていました。販売冊数も発売日から三日目で100冊を超え、寄付金は最初の目標である5万円を達成しています。お買い求めくださった皆様に心より感謝申し上げます。 さて、このHOPE。本の制作を考えていた頃から、販売サイトを見るだけでも楽しんでもらいたくて、多種多様なセット商品を考えてみようと。特に編み物をする人に喜んでもらえる内容のものを充実させたい、と2020年

          【書籍 HOPE】目次公開!

          構想から二年と少し、紆余曲折の末なんとか完成に至りました「HOPE」。いよいよ発売の日が近づいてきました。 ■Twitterスペース発売前夜の2月13日(日) 21:30~Twitterスペースで、編みキノコ作家の横山起也さんと再びお話をさせて頂きます。前回の内容などは #どこにもないHOPEスペース で検索してみてくださいね! 第2回目は、2020年にNYへご一緒したみちよさんと奈美ちゃんがゲスト出演してくださいます。今までお話しきれていない現地での出来事や体験をさらに