逆転人生ipod

NHK 逆転人生[新]「特許裁判 巨大企業に勝った男」

昨晩NHKの新番組の第1回で齋藤憲彦さんが取り上げられていました。この番組は5日と8日に再放送もあるそうです。

特許裁判でアップルに勝ち、賠償金を手にした日本唯一の男、個人発明家の齋藤憲彦さん。発明したあるアイデアが、世界中で大ヒットした音楽プレーヤーiPodに、知らぬ間に使われていたのだ。齋藤さんは裁判所を舞台にアップルと争うが、形勢は不利、訴訟費用もかさみ、食うにも困る極貧状態に陥った。それでも8年に及ぶ裁判を戦いぬき、最後に逆転勝利を手にする。貧乏発明家が巨大企業を打ち負かしたドラマチックな逆転裁判。

私自身も特許に関わっているので番組全体が興味深かったわけです。中でもアップルと訴訟になった際に、知財裁判所の裁判官から盛んに和解を進められたエピソードなど。日本では判決に至らず和解が多いこと、和解が多い理由を出演した元特許庁長官の荒井寿光さんが説明されていましたが、「(裁判官は保身のために)判決文を書きたくない」というのも理由で、そうなの?!と言う感じでした。

また最終的に3億数千万円という判決を勝ち取ったわけですが、もし米国で特許が成立していて米国での判決であれば100億円程度らしく、知財裁判の判例でも米国は桁違いに高額なのですが、知財後進国と思われている中国に比べても日本は見劣りしているそうです。

このあたりについては下記でも、日本の知財司法の課題であると齋藤さんが指摘しています。
齋藤憲彦 × IPFbiz ~Appleに特許で勝った個人発明家~ (前編)クリックホイール発明秘話
齋藤憲彦 × IPFbiz ~Appleに特許で勝った個人発明家~ (後編)訴訟裏話と知財司法の課題

齋藤さんは現在VR関連の発明に取り組んでいるそうです。頑張ってください。

元号も改まる今年、クールフライヤーも事業として芽を出し成長できるように頑張りたいと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

2018年11月に3件目の特許を出願、自信を深め、事業化へ向けて情報発信を始めました。事業の進捗などを書いていきます。 ホームページは http://coolfryer.co.jp/ FaceBookは→ https://www.facebook.com/kyamada.cf1

ヤッター!励みになります。
3
揚げ調理を研究してきました。全くと言って良いほど油ハネせず、油交換なしで油を新鮮に保つフライヤー開発に成功。2020年秋の発売を目指しています。応援お願い致します!写真は調理中に油中を落下する水滴の様子です。 ホームページはこちら→http://coolfryer.co.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。