クロミミ(村木千 むらきゆき)

文章だと老けてるらしい26歳。正規図書館司書。 生きるために、ずっと小説を書き続けています。 インスタ→ https://www.instagram.com/kuromimi31/ はてなブログ→ https://kuromimi.hatenablog.com/archive

クロミミ(村木千 むらきゆき)

文章だと老けてるらしい26歳。正規図書館司書。 生きるために、ずっと小説を書き続けています。 インスタ→ https://www.instagram.com/kuromimi31/ はてなブログ→ https://kuromimi.hatenablog.com/archive

    マガジン

    最近の記事

    • 固定された記事

    小説・海のなか(1)

    第零話   プロローグ あれからもう随分と永いあいだここにいるような気がしている。 いまが一体いつなのか、もうわからない。 それほど時間が経ったのだ。あの時から。すべてを曖昧にさせるほどの永い、永い時が。 わからないことだらけだ。 私は誰なのか。 私の名前はなにか。 私を知っている人はいるのか。 そして、私は生きているのか。 ここに来る前に私は多くのものを失ったように思う。失ったものについて考えるたび奇妙で空虚な喪失感がどこかで渦を巻く。でも、それだけだ。この胸には悲し

      • 学校図書館司書の仕事。その3 図書管理システムの導入について。

        今年に入って、こんなご質問を学校の先生方からよく伺います。 「図書管理システムを導入するメリットはなんですか?」 と。そんなわけで、今回は図書管理システムを導入するメリットデメリットに関して語っていきたい。今回は、学校図書館限定でお届けします。 次回は、公共図書館におけるメリットデメリットを考えてみたい。 ーーーー図書管理システムとはなんぞや。ーーー 近年は、パソコン(インターネット上)にて蔵書を管理するのが一般的。大量の本を管理するための専用システムをパソコンに入

        • 学校図書館司書の仕事 その2 蔵書整理編

          どうも。 クロミミです。 今回は学校図書館司書の一つのお仕事に絞って詳しくご紹介。 今回から少し専門的なお話になります。 なかなかどんな仕事をしているのか分かりづらい部分が多い司書という仕事。この機会に知っていただければ幸いです。 今回取り扱うのは「蔵書整理」 一口で言うと、蔵書を並べて整え、利用しやすくすること、です。 なんだただの整理整頓じゃねーか。と思ったそこのあなた。舐めてんじゃねぇぞ。 これが難しい。 そしてめちゃめちゃ大変。 どうして大変なのか、これ

          • 司書による、楽しい読書のすすめ。

            どうも。クロミミです。 最近他の司書さんの書いている文章を読むのにハマっているのですが、noteで気になった記事がありました。 この中で、「もともとゆっくり読むのが好きで、作業的に読むことに疲れて本を読むのが嫌になった」 と言うような内容があり、引っ掛かりを覚えたのです。 元々読むのゆっくり→わかる!! 作業的に読むのに疲れて読書が嫌に→???? という感じで、脳みそがフリーズした。 いや。言っていることはわかるし、そうなるのが自然なような気もする。 わたしも元々

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 図書館と司書
            クロミミ(村木千 むらきゆき)
          • 素敵なnote
            クロミミ(村木千 むらきゆき)
          • 読書感想文
            クロミミ(村木千 むらきゆき)
          • 短編集
            クロミミ(村木千 むらきゆき)
          • エッセイ
            クロミミ(村木千 むらきゆき)
          • 生き方
            クロミミ(村木千 むらきゆき)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            公共図書館司書ってこんな仕事。 その1

            どうも。ご無沙汰してます。 クロミミです。 いやはや。休みは多いはずの今月、なぜかバテバテでやばかったです。連載小説もネリネリだけはしているのになかなか形にならず。終わりまで見通しを立ててから書きたいところなので、まだしばらくかかりそうです。 さて。 以前こちらの記事を書きましたが。 今回は公共図書館司書のお仕事についてざっくりとまとめてみたいと思います。 わたし、今は学校図書館で働いてますが、実は去年までは公共図書館で働いてたんですよね。 ●カウンター業務 ●書架

            本をなぜ愛するか、と言う問題。

            もう既にご存知の方もいらっしゃるかとは思うが、私は司書を生業としている。 色々あって今は、学校図書館司書だ。 今日、三つある兼務校のうちの一つで働いていると、小学生にこんなことを尋ねられた。 「どうしてそんなに本を大切にするの?」 と。 私は言葉に詰まった。なぜならそこに理由なんかなかったから。 私にとっては「なぜ飯を食い、排泄するのか」と問われるのとほとんど変わらなかった。 そこに理由などない。 「読書」は生きると言う行為と直結している。 いつから始めたかも

            エッセイ・「わたしとコロナ」

            最近そろそろコロナ禍に終わりが見えてきた。コロナの感染者が増えてもなんだか以前のような緊迫感はない。大方の予想通り、コロナは第二のインフルエンザと化しはじめている。  だからこそ言えるのだが、わたしはこの数年コロナ禍で困ったことがあまり多くない、たぶん。もちろん、マスクは鬱陶しいし帰省や旅行はしづらくなった。でも、それだけだ。1番きつかったのは実家の猫に会える頻度が落ちたことくらいか。(禁断症状を免れなかった)  元々インドアな性質のわたしは大概必要な時以外はほぼ外に出ない。

            学校司書ってこんな仕事 その1

            どうも。お久しぶりです。クロミミです。 現在司書として働いている私ですが、司書についての記事を書くと読んでくれる人が多いみたいだな〜と最近しみじみ感じます。司書というお仕事に興味を持ってくれている人がそれだけ多いということでしょうか。嬉しい限りです。 そんなわけで今宵は、ずっと話したかった司書という仕事の内容についてかいつまんで語りたいと思います。 じつは、学校司書と公共図書館司書って全然違う仕事なんですよ…。もはや同じ職業じゃないと言ってもいい。 次回は学校図書館司

            ときどき、何にイライラしているのかわからないときがある。今日もそうだ。 そういう時は、紙に不安を書き出してみる。すると大抵、原因は一つだったりするんだけど。そうすると大体スッキリして、私って大したことない人間だよな。深く悩むだけ無駄無駄って気になる。 この作業に結構救われてる。

            いいから「ヨルムンガンド」を語らせろ。

            どうも。クロミミです。 わたしには昔から大好きな作品がありまして。 それが、ヨルムンガンド。 作者は高橋慶太郎です。 あらすじは、 戦争と武器を憎む少年兵ヨナは、ある出来事をきっかけにココ・ヘクマティアルという女武器商人の私兵となることに。ヨナはココに付き従い、仲間たちと共に世界のあちこちを旅することとなり…。 わたしが中学生の頃にアニメ化したこちら。 忘れもしません。高校一年の夏休みは、こいつに塗りつぶされていたことを…。 思い出すだに衝撃的な作品で、今まで何百

            九州旅行 最終日 帰りがけおやつ

            今日は朝イチで帰る前にナガタパンに寄り道。 かわいいがすぎるぞ!!! 買ったパンを我慢できなくてつまみ食いしたけど、うまい…! 帰り道食べながら帰ります。 ああ。 お休みが終わってしまう。 ツラ…。 クロミミははてなブログにて、「KUROMIMIには本が足りない。」を更新中。昨日、新しいエッセイ「無口の余白にあるもの。」を更新しました。結構いい感じにかけた。よろしければ、ご一読ください。 #ナガタパン#パン屋 #福岡グルメ

            九州旅行 三日目 晩御飯

            映画の後の晩ごはん。 居酒屋のラーメンを食べました。 食べたのは、 大重食堂のサイフォンラーメン。 うまい…! このお汁いくらでもいける!! コシコシの細麺とうまいチャーシューがたまらん〜。 高いだけあるな!一杯1000円だからなっ! 圧倒的うどん派だけど、これはまた食べたい。さっぱりとした味わいのラーメンです。 クロミミははてなブログにて、「KUROMIMIには本が足りない。」を更新中。昨日、新しいエッセイ「無口の余白にあるもの。」を更新しました。結構いい感じ

            九州旅行 三日目 映画

            この日はレイトショーを見ました。 むっっちゃ最高におもしろかった。 「リコリス・ピザ」 ポール・トーマス・アンダーソン監督作品。 10歳差の男女の恋愛を描く本作。 ギャグも盛り盛りで常時爆笑してた。 とにかく演技がうますぎて、2時間以上あったのにのめり込んでみちゃった。 設定は結構ベタなはずなんだけど、全然既視感がない。映画久々だけど、超当たり引いたわ〜。まじでもう一回見たい。 クロミミははてなブログにて、「KUROMIMIには本が足りない。」を更新中。昨日、新

            九州旅行 三日目 お昼その2

            お昼ご飯をこの日は2回食べたw 食べたのは天神の「ル・ブルトン」 ものっっすごい絶品でした。 パフェとガレットをいただきました。 特にパフェ!! もう一個食べたい。是非次も来店せねば。クリームたっぷりなのに全然重くないピスタチオクリームにクッキーとクランベリーとパイ生地がたまらん。マリアージュ✨ 今生で食べたパフェで1番美味しかったわ…(恍惚) クロミミははてなブログにて、「KUROMIMIには本が足りない。」を更新中。昨日、新しいエッセイ「無口の余白にあるもの。

            九州旅行 三日目 昼食。

            旅行三日目は福岡。天神に行く前に牧のうどんで一杯。 福岡のうどんはプワプワで汁をたっぷり吸っています。 いつも食べるけどやっぱりおいしい。 上に乗せたごぼうの天ぷらもカリッとおいしい…。 クロミミははてなブログにて、「KUROMIMIには本が足りない。」を更新中。昨日、新しいエッセイ「無口の余白にあるもの。」を更新しました。結構いい感じにかけた。よろしければ、ご一読ください。 #うどん#牧のうどん #九州うどん#ごぼううどん#福岡グルメ

            九州の猫たち(湯布院と別府)

            九州旅行 番外 九州の猫たち(湯布院と別府) お触りオッケーでうちの猫より愛想いいやついるんですが…。 (複雑な気分) 猫成分が順調に補給されている。 いいかお前らよく聞け。 人が生きていくのに必要なのはビタミンなんかじゃねぇ。猫という必須栄養素なんだよ。わかるだろ?????(禁断症状で目が血走る) クロミミははてなブログにて、「KUROMIMIには本が足りない。」を更新中。昨日、新しいエッセイ「無口の余白にあるもの。」を更新しました。結構いい感じにかけた。よろしけ