吉岡克眞(劇団皇帝ケチャップ)

主宰/劇作家/演出。日本劇作家協会、日本コメディ協会(2017年~2018年理事を務める)に所属。「どんなに辛いことがあっても笑えるうちはまだやれる」という意識のもと作劇を続けています。https://opus-e.com/profile

【小説】扉越しに囁いて

朝。ピピピと小さな電子音が聞こえて、枕の横に置いてある携帯の画面を見つめた。5時40分。誰かの目覚まし時計が鳴っているのだ。こんな時間にセットするなんて。 暫くし…

物語と王道について

別の意味でSNS疲れを起こしかけている今日このごろです。そういうときは文字を書いたり何かを創造したりという吐き出す作業をするのがよいようです個人的にですが。 結構…

延期公演について想う

本来であれば今週末が最終稽古で、来週の月曜日に小屋入り、水曜日には初日を迎える公演があった。そういう団体がこの数ヶ月ほんとに多くあったことだろうと思う。非日常が…

瑛美、由美、今日子、いつかの教室。

廊下側の窓から教室を眺めている瑛美。中には見るからにうるさそうな由美と今日子が立って話している。 ああ、入りたくない。と思うものの二人のせいで入れないのは癪に障…

戸川瑛美が背負った十字架

このキャラ紹介もラスト。実は彼女についてはそこまで触れていませんでした、気づかなかったでしょう? 本日楽日なわけですが、今出舞さんが演じる役の名前、それが戸川瑛…

関浩、一縷の希望にしがみつく

間もなく海チーム、2ステージ目の幕が上がります。そんな日に。(本当は小屋入りした日に書き始めたもののずるずると来てしまった、ごめんなさい) 関浩という名前は、新…