御瀧カオル プロフィール
見出し画像

御瀧カオル プロフィール

愛と優しさ幸せの相対性理論 提唱者
愛と優しさ幸せの論理論 提唱者

企劃構成創造 小滝 合同会社 代表
株式会社 ビジネスモデル 代表取締役
株式会社 起業共済 代表取締役
株式会社 日本水素 代表取締役
社団法人 水素研究学会 理事長
株式会社 データチャレンジ 代表取締役
アイディアラジオ マルチタレント
LINE集客攻略専門学校
ラインスクールオンライン 理事長
インフルエンサー構築学校
インフルエンサーオンラインスクール 理事長
ビジネスモデル N.MLM LINK商法 開発者
エンジェルコネクト 開発進行中

ホームページ
https://www.kotakikaoru.com

公式LINE@kotakikaoru
https://line.me/R/ti/p/@535bicvc

メールアドレス
kotakikaoru@gmail.com

好きな言葉
アインシュタインの言葉で
馬鹿馬鹿しいと思える様なアイディアでないと
将来性はないに等しい。

『一笑楽生』
一つ笑って楽しく生きよう。

『不動先苦動先幸』
動かない先には苦しみしかない
動く先に幸せがある。

【プロフィール】

御瀧カオル  kotAkI⌒∠⌒kAoRU

愛を中心に、安心、安全、信頼、信用を第一に考え、
本当の、本来の社会貢献に繋げるを考え
企劃し、構成し、創造するを理念としている。

夢は世界平和ノーベル賞

本名 小滝 馨 コタキカオル

大阪府大東市生まれ 
1966年3月生まれの丙午の牡羊座

2021年現在55歳 A型 

結婚5回
離婚5回

23歳の時、某ネットワーク 売り上げ日本一獲得
29歳の時、某化粧品メーカー 売り上げ日本一獲得

色々な事情から各地を点々とした後、
2017年に大阪府東大阪市に事務所を構える。

〔学歴〕 
1979年3月 豊中市立庄内小学校卒業
1979年4月 豊中市立第六中学校入学
1982年3月 豊中市立第六中学校卒業
1982年4月 大阪府立大手前高校夜学部 1週間で中退

現在 愛と優しい心の幸せ人生学校 在学中

所謂、中卒。
学は小学生レベル。
学歴社会の中、それで良かったと思えている。
じゃないと今の自分は形成、人間形成されていなかった。

幼少期から考える事が得意で
何も無いところから有るものをつくる事に
目覚めていく。

高校へ進学するも、
居場所はここじゃ無いと思い中退を決意。

その後、ありとあらゆる業界で働き
様々な方々と出会い、知識と経験値を上げる。

様々な方々と出会っていく中で
僕の考えやアイディアを高く評価してくれ、
札束と共に、「それをやってみろ!」と
全てを任せてくれる方との出会いがいくつかあり、
その中で
困難な状況であっても
何をどう考えるかで困難を味方につけられる
という事に気付く。

この頃、一から手掛けて誕生したのが
ピンクの軽トラの『おいものプーさん』。
ピンクの軽トラが楽しげに颯爽と走る。
人々の笑顔と笑い声がピンクの軽トラの周りにはあった。

マスコミやメディアに取り上げられて
費用対効果は500万で3億に。

その時期に、
ダイエットイヤリングの特許を取得
そこから、特許関係の研究が始まる。

人生、山あり谷ありが当たり前。
その山は遥か高く、谷は奈落の底のように
どちらに行っても茨の道しかなかった。
心が折れた事も、挫折した事も
絶望に打ちひしがれる事も何度もあった。

しかし、転機が訪れた。
このままでいいのか?
嫌だ!このまま終わってなるものか!
周りを変えるのではなく、
自分が変わらないと、なにも変わらないと
気づいた。
変わってやる!

その思いから、ありとあらゆる勉強をした。

ただ人生を生きたい
このループから抜け出したいと願い
がむしゃらに思いつく限りの努力をした。

その努力は確実に身についた。

特許関係に詳しくなり、特許取得。
法律に精通し、
弁護士とも対等に張り合えるほどにまでなった。

考え方で困難が味方になる!
アイデア次第!
見る角度を変える事で沢山の気付きを得るも
その後も、山あり谷ありの
茨の道に迷い込んでしまい
助けて!
抜け出したい!
そう強く思うほどに茨が絡みつき
もがけばもがくほど、体に心に棘が突き刺さる。

2021年。
新たに水素の研究を始める。

平穏。
苦しみ、悲しみ、絶望。
繰り返す中で、手にする事が出来た答え。

やっと見つけた!
俺が俺として生きる意味を。
それが使命だということを。

『愛と優しさ幸せの相対性理論』
『愛と優しさと幸せの論理論』
 提唱者

全て筋道がある。その事をわかりやすく説明している。

・・・・・・

小学生の時に
「この子は人が知っている事を知らなくて
人が知らない事を知っっている。」と言われた事を今でもはっきりと覚えています。

その時は、何のことか分かりませんでした。

僕の幼少期を振り返ると、複雑な家庭環境だったので
おそらく先生は「他の子達は家族の愛を受けながら生活しているけど、あなたは他の子が経験できない貴重な経験をして、他の子では知る事が出来ない世界を知っている」
という意味だったのかな…と思います。

某ネットワーク、某化粧品メーカーで
それぞれ売り上げ日本一になった事、
企業家が、僕のスタンスを気に入ってくれて
一から手掛けて始めた事業が上手くいき、
その事業が注目を浴びるという経験をし、
やはり、アイディア、企画、行動で困難は変えていける
という自信になりました。
僕の人生の中において大きな出来事ですね。

僕は周りの方々から、変わっていると言われます。
僕は全くそう思わなくて、逆に真っ当だと思っていました。

でも、最近になって「あれ?僕って変わってるんだ」と
自覚する様になりました。

それで良いと確信しています。
逆にみんなと同じじゃ、、、なんかね、、、。
みんな違ってそれで良い!

そして、僕には
誰にも負けない愛と優しさがあります!
勝負しましょう!

本物が勝つのがドラマですよね。
それがHappy Endですよね。

・・・・・・・・・

私はこれまで、良い生き方をしてきた訳ではありません。
詳細はタイミングが来たら、包み隠さず、お話しします。

ここにきてやっと、
このままではいけない!
変えるんだ!
自分が変わらないと!

そう強く本気で思い、意を決して動き出しました。

動き出した時、僕は気を抜くと崩れてしまいそうになる程に弱っていました。

でも、そこで崩れていては今までと同じなので
何度も何度も
変えるんだ!
自分が変わらないと何も変わらない!
実際に行動するんだ!
今ここでやらないと、全てを失ってしまう!
もうこれは、使命なんだ!
僕がやるべき事なんだ!
そう自分を奮い立たせました。

その中で、縁、愛、優しさ、人間、命、などについての
考えが自分の中で、より確かなものになってきて、
そこに使命を感じ、確信となったのですが
確信した途端に、今まで見えなかった事も見え出して
今まで点だったことがどんどん繋がっていき、
驚くほどのスピードで、沢山のご縁をいただくようになり、協力してくれる方々がどんどんどんどん増えてきて、
僕がやろうとしている事は間違って無いんだ!
これが僕の使命なんだ!と、納得できたんです。

やっと自分を見つけた!感じですね。

今、進行させている事業体がいくつもあります。
そのどれもが僕の使命なので
命を使っています。命をかけています。

ご安心ください。
何かありましたら、
命を持って償います。

しかし、
勘違いしないでくださいね!

自死をしてという話ではありません。

人生、必ず終わりが来ます。
僕にも、必ず終わりが来ます。

その時に、保険金でお支払いします!
今の僕にできる保証を考えたら、これくらいしかありません。

でも、そうならないんですけどね!

僕は僕とチャンネル(周波数帯)が合い、ご縁の出来た方に全力で向き合い、その方の夢、希望、目的を達成するために僕の命を使います!

僕が創造する全てには、
僕が提唱する『論理論(ろんりろん)』があります。

論理、理論が成立しています。
端的に筋道が成り立っていると言うことです。

なので、デメリットが発生する物事や
失敗する物事は進めません。

全ての企画において
『僕』ではなく、『皆様』が主役なのです!

皆様のメリットを先行し、
優先されたものしか動かしません。

そして、
お金ありきではなく、
愛と優しさを基本形とし、全ての
ベクトルとスパイラルを創り出しています。

妻が著作の『馬鹿武将』でのノンフィクション ドキュメント として

僕のことを赤裸々に綴っていますので

そちらをご覧いただければと思います。

『馬鹿武将』小滝実代著作 https://note.com/kotakimiyo

最後に、
あなたに協力ができるのなら、
僕でよければやりますよ❣️

僕は、本物としか付き合いたくありません。
よろしくお願いいたしますね。

さぁ❣️
これからが本番ですよ❣️

ヨーイ、スタート❣️

企劃構成創造 小滝 
代表 御瀧カオル  kotAkI⌒∠⌒kAoRU

まったね〜❤️

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
また、見てください。ありがとうございます。
公式LINE @kotakikaoru https://liff.line.me/1645278921-kWRPP32q/?accountId=kotakikaoru www.kotakikaoru.com 優しく楽しいをあなたへ 御瀧カオル kotAkI⌒∠⌒kAoRU