巷で話題の「KPIマネジメント」入門
KPI入門

巷で話題の「KPIマネジメント」入門

損をしたときの判断が遅れる
データはあるけど活かし方がわからない
本当に目標達成に近づいているのか知りたい

そんな要望に叶える、数字を用いるマネジメント手法が「KPIマネジメント」です。

今回は、「KPIマネジメント入門」ということで、KPIとは何かといったことや、KPIのポイントについて、以下の書籍を参考に解説していきたいと思います。

KPIとは?

KPIとはKey Performance Indicatorの略で、つまり

事業成功のカギを数値目標で表したもの

のことです。

ポイントは2つ。

・目標自体ではなく、その達成の「鍵」に着目していること
・数字で曖昧さなく表していること

具体例を見て確認してみましょう。

例えば、30%売上を上げることが目標だとしましょう。このとき、以下の式が成り立つとします。

売上=平均単価×購買者数

売上を上げたいとしたら、平均単価か購買者を上げたいわけですが

平均単価→購買者数への影響が大きい
購買者数→まだ上げる余地がある

ということで、平均単価は上げずに、購買者を30%増、つまり○○人に増やそう…と考えたときの○○人がKPIです。

今回の例はかなり簡略化していますが、このように具体的な数字を用いて、それによって経営判断等をするのがKPIマネジメントです。

KPIマネジメントを行う上で時に注意すべきポイントを2つ紹介します。

1つの指標

KPIマネジメントの最大のメリットの一つは、KPIが明確な判断基準となることです。

ちゃんとしたKPIを設定できれば、それを達成することを目指せばいいわけですし、達成できなさそうかどうかも一目でわかります。

この明確さが、判断の速さとなり、変化の激しいこの時代でも迅速に対応できるようになるわけです。

ですので、KPIをたくさん設定してはいけません。

「このKPIにはプラスに働くけど、こっちのKPIにはマイナスだな…」と判断に迷ってしまう可能性があるからです。

たった一つのKPIのように「シンプルなルール」こそ、マネジメントには必要で、それについてはこちらで詳しく解説しているので、ご興味があれば読んでみてください。


パーセンテージの罠

KPIを設定する際に気をつけるべきことがあります。これも具体例でまずは見ていきましょう。

例えば、「購買率」をKPIとして設定したとします。今回は営業をかけた人数を全体として「買った人/営業をかけた人数」で考えていきます。

***

購買率が今順調なAさん。今月の購買率は順調で、チームのトップにもなりそうな勢いだし、営業の訪問数のノルマもすでに達成している。

ここでAさんは気づいてしまった。

「あれ、目標達成してるんだからもう営業しなくていいじゃん」

この事実に気づいてしまったAさんは、月末はいつもカフェで時間をつぶしているのであった…。

***

ということで、このようにKPIの設定を誤ってしまうと、売り上げにつながらない行動がKPI向上につながる事態になってしまいます。

特に気をつけるべきは今回のような「%」でKPIが表されている場合。

分母である「営業をかけた人数」は減れば減るほどKPIが上がる仕組みになっています。

このようなことが起こらないようにするために、気をつけましょう。

KPIマネジメントの10のステップ

ということで、KPIについての簡単な説明は以上になります。

・KPI=事業成功のカギを数値目標で表したもの
・KPIはシンプルルールに
・KPIを%にするときは注意

の3点はぜひ覚えていってください。

今回は入門ということで、ざっくりKPIとは? ということについて話していきましたが、もっと詳しく知りたい方は、参考書籍としてあげた本をぜひ読んでみてください。

例えば、「KPIマネジメントの10のステップ」が書いてあって、とりあえずこれを読めば十分にKPIマネジメントを行える、という内容になっています。

参考書籍

ps

マネジメントなんて遠い話…と思っている方、そんなことはありません。

人生を楽しむためには、自分自身のマネジメントが必要不可欠だからです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
知識定着のためにただただOutputしていくブログ。 読んだ本から得たものを「知識」というマガジンに集めてます。 趣味が高じてエンジニアになりました。 https://kotabrog.com