ウザ02

ウザ強ヨシヤのサクセスストーリー 「大学の4年間はキックばかりで僧侶みたいな生活。でもムエタイの試合で鼻を折られて病院送りになった 『すべらない話』が就活でウケて、テレビ局の内定が貰えました」(REBELS.59 2018年12月5日)

キックボクシング&ムエタイプロモーション
REBELS(レベルス)

オフィシャルインタビュー
ウザ強ヨシヤ(うざつよ・よしや)

ヨシヤ君のサクセスストーリー
「大学の4年間はキックばっかりで僧侶みたいな生活。
でもムエタイの試合で鼻を折られて病院送りになった
『すべらない話』が就活でものすごくウケて、
テレビ局の内定が貰えました」

 12月5日(水)、東京・後楽園ホールで開催される「REBELS.59」に異色の現役大学生ファイターが参戦する。
 REBELS-MUAYTHAIライト級次期挑戦者決定戦で大谷翔司(スクランブル渋谷)と戦う、ウザ強ヨシヤ(テッサイジム)である。
 ウザ強は、今年7月のRIZINに出場。計量日前夜の緊急オファーに応えて「中量級日本最強」海人(TEAM F.O.D)と戦った。結果は2RKO負けだったものの、無茶苦茶なオファーを受けて大舞台に上がった度胸と、珍しいリングネームで、一躍、格闘技ファンに知られる存在となった。
 日大2年の時にREBELSでプロデビューし、現在4年生。「大谷戦に勝ち、来年2月のタイトルマッチにも勝って、REBELSのチャンピオンになる」と語る一方で「もし大谷さんに負けたら、きっぱりとキックはあきらめて、残りの大学生活は目一杯遊びます(笑)」という。
 「人と殴り合って倒すとか、全然好きじゃない」というウザ強。
彼はいかにしてキックボクシングにハマり、ムエタイの試合で鼻を折られたエピソードを「スベらない話」に練り上げて就活に臨み、超難関のテレビ局の内定を勝ち取ったのか。

↑ 写真は左から小磯哲史会長、ウザ強ヨシヤ、原島モルモット佑治。

*追記:12.5 REBELS.59で大谷翔司に判定負けしてベルト獲得の夢は絶たれた。だが転んでもタダでは起きない男は、12.31 「RIZINやれんのか!」に「テッサイジム/team REBELS」として 白鳥大珠(TEAM TEPPEN)と対戦。計量や試合での「らしい」、いや「ウザい」パフォーマンスに注目!!

**さらに追記 : 12.31「やれんのか」では「イケメンキック王子」白鳥大珠に2ダウンを奪われてKO負け寸前から、起死回生のカウンターでダウンを奪い返して会場は熱狂。飛び膝蹴りでKO負けしたがしっかりつめ跡は残した!  が、観客が一番驚いたのは煽りVTRで「来春、フジテレビ入社」が明かされたことかもしれない。そう、インタビュー公開時はフジテレビ人事部のチェックで「大手メディア企業」としたが、実はウザ強が超難関を突破して掴んだ内定先はフジテレビだ(「すべらない話」で示唆するのはOKだったw)。キックで培った「転んでもタダでは起きないたくましさ」という素晴らしい才能を発揮して、ぜひキックボクシングの地上波放送実現を! もちろん、実現した時は史上初の「テレビ局員ファイター」として参戦だー!!


プロフィール
ウザ強ヨシヤ
(うざつよ・よしや)
所  属:テッサイジム
生年月日:1996年10月15日生まれ、22歳
出  身:東京都世田谷区
身  長:169cm
戦  績:6戦4勝1敗1分(2018年11月現在)
2017年度J-NETWORKライト級新人王

聞き手・撮影 茂田浩司


格闘技大嫌い、目立つのは大好きなチャラい少年は、
アマチュアで「勝つ喜びと負ける悔しさ」を味わい、
キックボクシングにのめり込んだ。

 SNSでユニークなプロモーションを続けるテッサイジム。REBELS.59に出場する原島モルモット佑治とウザ強ヨシヤには「5分間耐久フリートーク」が課された。

「5分間耐久フリートーク/原島"モルモット"佑治」

*追記:「REBELSのアイコン?」原島モルモットは2018年2月17日、新木場スタジオコースト「PANCRASE REBELS RING.1」第一部に出場決定!!


「5分間耐久フリートーク/ウザ強ヨシヤ」

 「格闘技を始めたきっかけは、可愛い彼女と付き合ってたらイカつい野球部に目を付けられて身の危険を感じ、護身のためにテッサイジムに入門したこと」だという。

「子供の頃は格闘技が大嫌いだったんです。親父は格闘技大好きで、年末は必ず格闘技番組を観るんですけど『変えてくれ。殴り合うなんて可哀想』って思ってました(笑)。
 親父は昔、喧嘩がめっちゃ強かったみたいで、俺のファイトスタイルは好きじゃなくて『もっと殴り倒せよな』って。厳しく言われることはないんですけど、那須川天心のお父さんみたいな人だったら絶対にスタイルを変えられてるでしょうね(笑)」

 父は会社役員、母は専業主婦で一人っ子。中学受験し、日大三中、日大三高、日大とエスカレーターで上がってきたが、学校生活では結構な「波」を経験した。

「中2まではホントにダメな子だったんです。サッカー部は練習がキツすぎて仮入部で辞めて、成績も悪くてプー太郎みたいな生活してて(笑)。でも学校から『このままだと上がれない』と言われて、そこから変わりました。個人塾に行って勉強したら成績が上がって、目立つのが大好きなんでバンドのボーカルをやって文化祭に出たり、可愛い彼女と付き合い出して、バラ色の生活をしてたんです(笑)。
 だけど、高校に行ったら、アイドル的な人気のあった彼女と付き合っていることで、野球部のイカツいやつらに『チャラい』って目を付けられて。先輩を間違えて後輩だと思って暴言を吐いちゃったりもして『これ、ヤバいぞ』と思って(苦笑)」

 身の危険を感じて「強くなろう」と近所のテッサイジムに入門。しかし、最初はキックにも身が入らなかった。

「高2の夏に入ったんですけど、1、2か月サンドバッグを叩いてたらプー太郎気質が出ちゃって(笑)。部活の陸上部もあったんで休会して、そうしたら高3の夏にテッサイジムの小磯会長から『アマチュアの試合に出ないか?』って連絡が来たんです。部活も引退して、日大への進学も決まってたんで『出てみようかな』と」

 軽い気持ちで出場したアマチュアの試合で、本気で何かに打ち込んだことのなかったウザ強は、初めて「勝つ喜びと、負ける悔しさ」を経験する。これが人生のターニングポイントとなった。

「最初の試合で、たまたま出したバックブローが当たって勝っちゃったんです。『俺、才能あるだろ。キックボクシングいけんじゃね?』と思って(笑)、次にJ-NETWORKのクラスBトーナメントに出たら相手が強くて(苦笑)。『やべえ』と思って時計を見たらまだ開始40秒で、心が折れた瞬間にボコボコにされました(苦笑)。それで『負けると悔しいな!』と思って。アマチュアでいきなり勝った時の喜びと負けた時の悲しみと悔しさ、その両方を味わってキックボクシングのトリコになっちゃいました(笑)。高3の10月からは毎月アマチュアの試合に出ましたね」

 大学入学後は、新歓にも行かず、教室では誰とも喋らずに、授業が終わると真っすぐジムに向かう生活をした。

「家、学校、ジムを回るだけの僧侶みたいな生活です(笑)。高校のキャラで『お前、どうせ大学で遊ぶんだろ?』ってすげえ言われて、そういう視線も感じてて。『いやいや、俺はお前らより頑張ってるんだよ』と心の中で思いながら『見返してやろう』と思って練習してるうちに強くなっていったんですよね」

 『ウザ強ヨシヤ』の名づけ親、小磯会長はアマチュア時代のウザ強をこう振り返る。
「本当にウザかった(苦笑)。下手くそなのにパワーだけはあって、手加減もできないんでスパーで相手を怪我ばかりさせるし、ミット持ちの金的打ったり背中蹴ったり。で、練習後は『俺、どうでした? 俺、どうでした?』ってみんなにしつこく聞いて回る(苦笑)。
 アマチュアの試合に出たら出たで、リングに上がった途端に偉そうな態度になって、試合中に舌を出して挑発して相手をイラつかせたり。だけど、練習は本当に熱心で、ぐんぐん強くなっていくので『ウザヨシヤ』ではなく『ウザ強ヨシヤ』にしました」

↑ 11月15日のREBELS記者会見。写真撮影になると、ウザい感じで大谷翔司(左)を挑発するウザ強ヨシヤ


キックボクシングで味わった壮絶な経験を「就活の最終兵器」に練り上げて、超難関企業の内定を勝ち取った!


 2016年7月、大学2年の時にREBELSでプロデビュー。その翌年、ウザ強は「プロで試合をした証」を勝ち取るべく、J-NETWORKの新人王トーナメントにエントリーする。
 何かの肩書きを得て、就活を有利にするためだ。

「大学3年の時が一番キックボクシングに夢中で、いろんな欲も無くなってましたけど、就活だけは意識してましたね(笑)。
 まずJ-NETWORKで新人王になって、その後にREBELSに出ようと思ったんです。J-NETWORKからは最初『4人トーナメントだから3月と5月で終わる』と聞いてて、春休みにタイに1か月行って練習して帰ってきて、1回戦を勝ったら『もう1ブロック追加して8人トーナメントにする』って(苦笑)。ふざけんなよって思ったんですけど、2回戦も勝って、その後、タイに行ってまた1か月練習して。その時にタイで試合して鼻を折られて。結果的にはこれ(鼻に出来た骨折のあと)が就活でめっちゃ使えたんで(笑)今思えば超ラッキーでしたけど」

 タイでは「試合が決まった」と言われ、慣れない土地で自己流の減量に入ったところ、体が栄養不足となってヒジに蜂窩織炎を発症。そんな苦労の甲斐もなく、計量3日前に突然「今回は計量なし」と告げられて、ガックリと肩を落とすことに。

「タイもひどいですよね(苦笑)。会場はアンバサダーホテルの屋上みたいなところのリングで、みんなビールを飲みながら見てるんですけど、試合はめちゃめちゃいい試合だったんですよ。鼻は折られましたけど5ラウンドまで戦って、日本だと『勝ってたかな?』ぐらいの感じで。相手は1階級上のタイ人で、後でFacebookをフォローしたらベルトを幾つも巻いてる写真が載ってました(笑)」

 鼻骨が折れたため、J-NETWORK新人王の決勝は12月に延期された。その試合前、ウザ強をかつてないプレッシャーが襲う。

「新人王を取るか取らないかで、就活で話した時の印象が全然違うぞ、と思ったら気持ちが入りすぎちゃって。オーバーワークになって、試合の10日前から寝れなくなりました(苦笑)。試合も、絶対に勝てると言われてた相手にすげえ苦戦して。だから、那須川天心とか凄いですよ。背負ってるものがもの凄くデカいし、年下ですけど尊敬してます。新人王になった時は『これ以上、上に行ったらもっと注目されてプレッシャーがキツいんだろ? 精神的に持たないぞ。もう一生やりたくない』って思いましたから」

 新人王を取り、ウザ強は就活を始める。第一志望はテレビ局だったが、志望者はもの凄く多く、採用数が少ない超難関。しかも、自分の個性に自信のある者ばかりが集まる激戦区だ。
 だが、そんな個性派大学生の中にあっても「プロキックボクサー・ウザ強ヨシヤ」はひときわ異彩を放った。

「就活では『タイで試合して、鼻骨を折られた話』を練って練って、どの角度からの質問にも『タイの話』が出来るようにしました。
 たとえば、喜怒哀楽、すべての質問をタイのエピソードに結びつけて話せるようしたんです。嬉しかった話なら『試合の後、海外のお客さんにめっちゃ喜ばれたのが嬉しかったです』、悔しかった話なら『鼻を折られてめちゃめちゃ悔しかったです』とか。タイの話を全面に出して、新人王の話はとっておく作戦だったんですけど、タイの話がめっちゃウケが良かったんですよ(笑)。
 俺は見た目が格闘家っぽくないんですよね。普通の大学生に見えるんで、それと『プロのキックボクサーで、タイで試合して鼻骨を折られた』というギャップも良かったのかな、って」

 プロキックボクサーとしての経験を最大限に生かし、超難関の面接を次々と突破。ウザ強は、第一志望の大手メディア企業の内定を勝ち取った。

 ウザ強の「強運ぶり」は、今年7月のRIZIN出場時にも発揮された。

「試合の話は偶然、聞いたんです。合同トレーニングしてたカズ・ジャンジラさんのところにRIZINからオファーがあったんです。それが計量前日だったんで、カズさんは『体重が落とせないから無理』と断ったんですよ。俺も『相手は海人ですか? それは止めた方がいいですよ』って言ってたら『お前、出れば?』って話になって(苦笑)。ジャンジラジムの人たちはノリがいいんで『出ろ、出ろ』って、それで断り切れなくなって出ることにしたんです(笑)。
 俺も、自信過剰じゃないんで『海人には勝てないだろう』とは思ってましたけど、試合直前のアップが終わったら動きもキレキレだし、ゾーンに入ってて『勝てる』って。動いて、ハイキックを当てるイメージが出来てて、一度ボディ打ってガードが落ちたところにハイキックを蹴ったんですけど、肩に当たってしまったんです。あれが当たってたら、と思いますけど、海人はデカかったですね。それに練習なら当たったと思うんですけど、試合ではちょっと硬くなってしまうんで。
 でも、海人も俺のことを知らないし、動いてくるとは思ってなかったみたいでやりにくそうでしたよ。俺も『やるしかねえ』って楽に試合が出来たんで、あれはあれで楽しかったです」

 今回のREBELS.59での大谷翔司戦に、ウザ強はキックボクサーとしての進退を賭けて臨む。

「負けるならここだな、と思うし、タイトルマッチに行けるならこの相手に勝ってだな、と思うし。
 大谷さんとはこれまで2回試合してますけど、常に強くなったきっかけの人なんです。アマチュアの時は、勝ち続けて『これ、プロでやれんじゃね?』と自信を付けた時に大谷さんに負けて。プロデビュー戦の時は、先にプロデビューした大谷さんが当時プロ無敗で。俺が勝ちましたけど、試合前は『デビュー戦でいきなりプロ無敗の大谷さんなのか』って思ってましたよ(苦笑)。

 今回は圧倒的な差を付けて勝ちたいです。デビュー戦の頃の俺とは違うぞっていうところを見せたいし、ここで勝てなかったらこの先もキックを続けていく自信はないです。
 2か月前からファイトクラブ428(しぶや)で、集中してタイ人トレーナーのミットを蹴ってきて、スパーリングの相手も増えてガッツリと練習してきました。今回はホントに練習環境が良くて、いい練習が出来てます。
 『格闘技が自分のすべて』という人はある意味、うらやましいですけど、俺にとって格闘技は人生の1ピース。ここで勝って、来年2月のタイトルマッチにも勝って、REBELSのチャンピオンベルトを巻けたら『その先』も見てみたい。だけど、負けたら『努力したけどここまでだった。しょうがない』と思える。残りの大学生活は、全然遊べなかった4年分、遊ぶつもりです(笑)。
 試合が本当に楽しみだし、観てる人にも楽しい試合をするんで、ぜひ会場に来てください」

「REBELS.59」 2018年12月5日(水)
17:00開場、17:20本戦開始
後楽園ホール http://www.tokyo-dome.co.jp/hall/

主 催 株式会社 Def Fellow
協 賛 株式会社ランドハウジング
株式会社エム・ティ・エム
株式会社Tカンパニー
株式会社OFFICE MIRAI
備長炭焼き鳥・駅
株式会社三和トラスト

チケット価格 VIP席:¥30,000(¥30,500)
SRS席:¥15,000(¥15,500)、S席  :¥10,000(¥10,500)
A席  :¥7,000(¥7,500)、B席  :¥5,000(¥5,500)
C席  :¥4,000(¥4,500) ※カッコ内は当日料金
※6歳未満は入場無料(小学生から有料、6歳未満でも座席を必要とする場合は有料)

<チケット販売所> e+(イープラス)
REBELS OFFICIAL SHOP
参加各ジム、参加各選手、後楽園ホールお問い合わせ 株式会社 Def Fellow REBELSプロモーション事業部
Tel : 03-6262-3760 Mail : inquiry@rebels.jp

<対戦カード>

メインイベント 第11試合 63kg契約、3分5回戦(延長なし)、REBELS-MUAYTHAIルール

スアレック・ルークカムイ(スタージス新宿ジム)REBELS-MUAYTHAI スーパーライト級王者

vs

宮越 慶二郎(拳粋会宮越道場)WBCムエタイ・インターナショナル・ライト級王者

セミファイナル 第10試合 

REBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級タイトルマッチ

3分5回戦(延長なし)、REBELS-MUAYTHAIルール

王者 老沼 隆斗(STRUGGLE)

vs

挑戦者 蓮沼 拓矢(ノーナクシンムエタイジム)

第9試合 ライト級、3分5回戦(延長なし)、REBELS-MUAYTHAIルール

梅野 源治(PHOENIX)元ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者

vs

ジョン・ギハン(韓国・RAON KICKBOXING ACADEMY)元KTK-60kg級王者

第8試合 63kg契約、3分3回戦(延長あり)、REBELSルール

潘 隆成(クロスポイント吉祥寺)元WPMF日本スーパーライト級王者

vs

丹羽 圭介(TEAM KSK)

第7試合 スーパーバンタム級3分3回戦(延長あり)、REBELS-MUAYTHAIルール

炎出丸(クロスポイント吉祥寺)元J-NETWORKスーパーバンタム級王者

vs

片島 聡志(クレイン)WPMF日本スーパーフライ級王者

第6試合 55kg級、3分3回戦(延長あり)、REBELSルール

小倉 尚也(スクランブル渋谷)

vs

佐藤 執斗(グラップリングシュートボクサーズ名古屋)

第5試合 REBELS-MUAYTHAIライト級 次期挑戦者決定戦 3分3回戦(延長あり)、REBELS-MUAYTHAIルール

大谷 翔司(スクランブル渋谷)vsウザ強ヨシヤ(テッサイジム)

第4試合 フェザー級、3分3回戦(延長なし)、REBELS-MUAYTHAIルール

浦林 幹(クロスポイント吉祥寺)vs原島 モルモット 佑治(テッサイジム)

第3試合 バンタム級、3分3回戦(延長なし)、REBELS-MUAYTHAIルール

工藤“red”玲央(TEAM TEPPEN)vs安達 浩平(team AKATSUKI)

第2試合 スーパーフライ級、3分3回戦(延長なし)、REBELS-MUAYTHAIルール

濱田 巧(team AKATSUKI)vs大﨑 草志(STRUGGLE)

第1試合 80kg級、3分2回戦(延長なし)、REBELSルール

吉野 友規(スタージス新宿ジム)vs今井 亮(Team KROSS×OVER/北眞舘)


最新の大会、対戦カード、チケット情報は、
REBELS公式ホームページ
http://rebels.jp


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます!😊
5
ライター。<もっと広く、もっと深く> 「棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えることができたのか」「終わりのない歌」「覚醒」「プロレスラーは観客に何を見せているのか」等。REBELS公式インタビュー担当。お問い合わせ https://twitter.com/shigeta_koji

こちらでもピックアップされています

REBELS59
REBELS59
  • 3本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。