英会話能力ゼロで、海外ひとり旅に行って来た話 -デンマーク編その4*チボリ公園-|#45
見出し画像

英会話能力ゼロで、海外ひとり旅に行って来た話 -デンマーク編その4*チボリ公園-|#45

こひまる [kohimaru]

こんばんは。こひまるです。
そろそろ海外旅行noteも大詰め!あと2回で終わってしまうのもなんだか寂しい気も…
本日は、最後に回った観光地、チボリ公園についてご紹介していきます。

前回はデンマークのカナルツアー様子をnoteにしましたので、まだご覧になっていない方はぜひ!


チボリ公園は、ディズニーランドの原型だった?

みんな大好きディズニーランド。ウォルト・ディズニーがかの世界的に有名なテーマパークを手がけるにあたり、モデルとしたとも言われるこのチボリ公園。

デンマークはコペンハーゲンにあり、朝から夜遅くまで解放している、市民に愛されるテーマパークとなっています。

また、デンマーク出身の童話作家、ハンス・クリスチャン・アンデルセンもこの場所を愛していたのだそう。公園を眺めるような銅像もありました。

ひとり旅でのテーマパークはハードルが高い…と思いましたが、コペンハーゲンは楽しいことづくめだったので記念に立ち寄ってきました!今回も例が如く、お写真多めでご紹介をしていきます。

◆チボリ公園の基本情報
・1843年にオープンした世界最古のテーマパーク
・現在もなお、年間約350万人が訪れている人気観光スポット。
(デンマークの人口は560万人。ここと比較すると凄すぎる…!)

・料金は、入場料と乗り放題チケットと別購入。
 入場料のみ、135DKK(日本円で約2,000円、8歳以上)。
 乗り放題チケットは、245DKK(日本円で約4,000円、8歳以上)。
・季節によるが、11:00〜21:00-23:00の営業時間。
(私が訪れた際は、23:00まで営業していました。)


夜のチボリ公園は、ライトアップが見所!アトラクションに乗らなくても十分楽しめるおすすめスポット!

画像1

一番正面と思われるゲートからイン!
外から見た感じでも、笑えないぐらいの絶叫が多かったため、今回は入場料のみを支払い、楽しんできました。

画像3

画像2

少し道なりに歩いて行くと、最も目立つ王宮のようなものが。

画像58

正面はこんな感じ。
時期的には、ハロウィンの直前だったため、ハロウィン仕様。
カボチャやゾンビ、蜘蛛の巣など結構こだわった装飾が多かったです。可愛い感じというよりかは、ちょっとグロかったりも。


アトラクションは、絶叫系は多めの印象。絶叫大得意な私でも尻込むぐらいのレベル感。

印象では、子供向け3割、大人向け7割といったところでしょうか。子供でもあんなの乗れるのかな…と不安になるほどのスケールの大きい乗り物がたくさんありました。

プーさんのハニーハント的な乗り物?

画像5

画像6

画像7

園外からも見ることができた、高さ80m、360度回転の足ぶらりん系回転ブランコ『ザ・スターフライヤー』。正直、正気の沙汰ではない。笑

画像22

こちらはまだ子供用に近いぐるぐる系のアトラクション。

画像24

たしかこれも結構な速さで回っていた気が…。

画像34

メリーゴーランドにはキリン!これは乗りたかった…!

画像37

魔法のじゅうたんのような乗り物に、

画像38

それをキチガイが如く巨大化した360度回転のアトラクションも。

突如現れた中国っぽいエリアでは、名物の『ザ・デーモン』という回転式のジェットコースターもありました。

画像28

画像41

画像29

画像33

龍をイメージして作られているであろうこのジェットコースター。こんなに頭上近くをぐるぐると回るというだけで恐怖を感じます…。


アトラクション以外でも楽しめる要素がたくさん!

射的や、ボールゲームなど、ミニゲームのあるお店がたくさんあるので、絶叫系に乗ることができない方でも多いに楽しめます。

画像9

画像10

画像12

カーズ…?

画像8

ちょっとだけ疲れたご様子の孔雀。

ゲームセンターや、18歳未満入店禁止のミニカジノ的なお店も。

画像16

遊び方の検討がつかないゲーム。

画像14

このチケットを集めると、人形か何かに交換できるのか…?

画像23

ハロウィン向けのお菓子が山盛り!

画像13

景品はとにかくカラフルでキラキラしているものが多め。
キャラクターものというより、動物とか全人類共通してわかるような景品が多かった気がします。ディズニー系もちらっとだけ見かけました。


画像19

画像20

本物のデンマーククローネ(硬貨)。

画像25

おそらくこれは日本の機械?
金額上限設定付きと思われる、夢と希望が詰まったゲーム。

画像21

休憩中のパンダに遭遇。お茶目な人が園内にいたと思われる痕跡。


売店はこんな感じ。

画像43

画像17

画像39

画像46

お店ひとつを取っても、建物や売られているものコンセプトをしっかりと感じます。

画像30

画像47

勇者の剣…?

画像44

画像32

これは、ガーデニング用品に当たるのかしら。

画像31

絶対的王者ピカチュウ様の耳ピコの被り物も。


とにかく可愛い街並み!ひとり旅でも一見の価値あり!

画像26

園内を歩くごとに、いろんな発見があります。

画像11

画像35

画像36

画像18

画像40

画像27


画像50

画像42

画像48

画像57

画像49

画像51

画像52

画像53

画像55

素敵な夢の時間も終了!
回転ドアすら可愛く見えてしまう魔法の時間でした!

画像56

画像54

画像59

以上、チボリ公園のご紹介でした。いかがでしたでしょうか?
見所がいっぱいあって、ずっとシャッターを切っていたので、今度はアトラクション乗ってみたいなあと思うこひまるなのでした。まずは富士急で心構えをしなくては。

ということで、本日のnoteは以上です!
明日は旅noteラストの帰国編をご紹介します〜!ではまた明日!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
私もスキ!
こひまる [kohimaru]
青森県出身。自然・デザイン・映画をこよなく愛すアラサー未婚女性。 SNSでは一番Twitter (@kohimaru_lab)が好み。 noteでは日々の呟き、ひらめきを細々と綴っています。毎日更新中! ※無言フォローすみません🙇‍♂️フォローはお気軽にどうぞ!