マガジンのカバー画像

少女の聖域

19
オンライン開催 霧とリボン企画 高柳カヨ子プロデュース《少女の聖域》|2020.7.19〜25 *7/22(水)休|少女とはなにか。少女であるとはどういうことか。あらゆる時代と時… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

《少女の聖域》展のご案内

 霧とリボン オンライン・ギャラリー「MAUVE CABINET」で開催する7月の展覧会《少女の聖域》は、精神科医・少女評論家の高柳カヨ子先生をプロデューサーとしてお迎えし、「少女性」をテーマに、美術からモードまで多彩な作家さまが集います。  高柳先生は、霧とリボンが運営する会員制社交クラブ《菫色連盟》にてトークサロン「少女の聖域」を主宰。これまで、スリリングな視点から「少女」について広く深く読み解き、発信を続けてきました。  本展では、展覧会風景や各作家さまの作品紹介はも

スキ
15

《少女の聖域》展|開催方法と作品販売

オンライン開催日 2020年7月19日(日)〜25日(土) *7/22(水)休 →展覧会のご案内はこちら 霧とリボン 実店舗「Private Cabinet(吉祥寺)」に作品を展示、会場の様子や各作品の紹介を主に写真・スライドショーと文章で、会期中、毎日オンライン配信致します(7/22休)。当サイト更新も含めた最新情報は霧とリボン ツイッターをご覧下さい。*実店舗にご入場頂くことはできません。 通信販売のみで行います。会期中はプレビュー期間となり、会期終了翌日の7月2

スキ
14

少女の聖域|トレヴァー・ブラウン|リボン同盟ふたたび

Text: Kayoko Takayanagi girls are: a source of wonder and a source of inspiration  .....trevor brown  少女が優しく儚いなんて、誰が言い出したのだろう。もちろんそれもあっていい。可憐で繊細な側面もまた、少女ならではの特徴のひとつだ。少女は確かに壊れやすく傷つきやすい存在である。だからこそ少女が少女たり得るためには、強靭で柔軟な精神性と凶暴な感性が必要なのだ。  少女は年齢

スキ
14

少女の聖域|Karte|傷は傷のままに

Text: Kayoko Takayanagi わたしはいつも絵を描くとき、子どものわたしをイメージしますが、少女たちはわたし自身ではありません。 少女たちはわたしが目を逸らしたくなるような悲しみや寂しさを共に見つめ、あるときは寄り添うように悲しみの表情で、あるときは退屈そうな顔で、あるときはただまっすぐわたしを見つめ返して... 少女たちのその自由さがわたしを救い、癒してくれるのです。 『少女の聖域』では自らの傷を見つめる小さなシェルターのような、そんな場所を彼女らと共に

スキ
5

少女の聖域|DAY 1

《少女の聖域》へようこそ。 菫色の小部屋に現れた扉をくぐれば、そこは不在の少女の秘密の花園です。 まずはじめに目にとまるのは、澄み切った寒色が印象的なトレヴァー・ブラウンの「少女」。 今回の展覧会のメインビジュアルを飾る彼女は、少女の象徴とも言えるリボンを包帯にして、あなたの傷の手当てをしてくれます。 そして瞬きもせずにじっとこちらを見つめるKarteの「少女」も、子供部屋を彩る懐かしい思い出とともに迎えてくれるでしょう。 ベテランと若手、キャリアは異なりますが、痛みを抱え

スキ
8

少女の聖域|Miss Moppet Dolls|薔薇色の結晶

Text: Kayoko Takayanagi 紫のすみれ、少女の象徴のような花。 儚くつつましいイメージとともに、たくましく強く、野に咲く花でもあります。  .....Miss Moppet Dolls  硬く冷たく、壊れやすい。  少女はビスクドールによく似ている。  19世紀末にジュモーやブリュといったブランドを中心に黄金時代を迎えたビスクドール。磁器で作られた顔や手足は磁器であるが故に、落とすなどの過度な衝撃が加わると割れてしまう。西洋のアンティークだったビスク

スキ
15

少女の聖域|永見由子|余白に迷う

Text: Kayoko Takayanagi 私にとって「少女」とは、「途中」に立つ存在です。 昨日と今日の途中、こちら側とあちら側の世界の途中に立つ存在、そして通り過ぎるものとしての少女像を思い、絵にあらわしています。  .....永見由子 少女には隙がある。 完全な少女など存在しない。少女は常に余白を抱えている。 隙間からそっと外の世界を覗いたり、余白に何を書き込むか夢想したりしながら、少女は迷う。 不完全であるから、隙があるから、どこへ行くか迷うことができる。 大

スキ
6

少女の聖域|DAY 2

2日目の扉が開きました。 本日の聖域に流れているのは、微睡みの時間。 Miss Moppet Dollsの菫色の「少女」は、ビスクの頬を薔薇色に染めて物憂げに佇んでいます。 硬く冷んやりとしたその肌合いの中に、あたたかな少女性を秘めて。 白詰草や金魚草に囲まれた永見由子の「少女」も、眠りと覚醒、幻想と現実の狭間でどちらに行こうか躊躇している様子。 優しい表情の奥には毅然とした決意が隠されているのかもしれません。 いたいけで可愛いことだけが「少女」に許された資質だと思い込ん

スキ
12

少女の聖域|ruff|VGSCへようこそ

Text: Kayoko Takayanagi 少女について—— 小さな囲いと秘密を好む。相手の宝物が知りたくてお互いにこっそりと見せ合う事で絆を繋いだり繋がれたりする様な、曖昧な事で特別感を楽しむ時期という印象があります。 今回の作品はそんなイメージから、菫色の少女秘密倶楽部というテーマで制作しました。  .....ruff  少女は可愛いだけではない。  もちろんここで言う可愛いは姿形について述べているわけではないと断っておく。誰でも、性別を問わず年齢を問わず、少女で

スキ
8

少女の聖域|白玉ゆり|三つ編みの逡巡

Text: Kayoko Takayanagi お別れの言葉を選びましょう お別れの合図を決めましょう お別れの印しをつけましょう もう出逢うことがないのなら もう触れることがないのなら 最後にここで みつあみをほどいて * みつあみをした幼さの残る少女。 或る日少女は知ります。 この聖域の外に世界があることを。 好奇心を抑えることの出来ない少女は ここから抜け出すことを決めるのです。  …Yuri Shiratama  少女は迷う。ここにとどまるべきか、それとも出てゆく

スキ
10

少女の聖域|DAY 3

「少女」で在るには格好良さも必要です。 守られる存在ではなく、守る存在としての少女。 規範や定義を押し付けて小さな枠に囲い込もうとする外圧に抗い、世界と対峙すること。 そんな戦う「少女」たちのための秘密倶楽部を、ruffが聖域の中に創造してくれました。 一角獣が守るその場所へは、あなたの中の不在の少女が案内してくれます。 まだ少女でいることに迷っているのならば、白玉ゆりの「少女」のように、三つ編みをほどいてみますか。 髪が長くても短くても、前髪が切りそろえられていなくても、

スキ
10

少女の聖域|きむらももこ|永遠の黒

Text: Kayoko Takayanagi 未だ見ぬあの少女に会うために、私は描きつづける。 どこにもいない、存在しない少女。 誰かに似ていることを許されない少女。 禁じられた少女。 それが私の想い描く少女である。  .....Momoko Kimura  愛想笑いという言葉ほど、少女に似つかわしくないものはない。  もちろん少女だって楽しければ笑うし、自然に微笑みがこぼれることだってある。しかしその笑顔はあくまでも自分のものだ。誰かのご機嫌をとるために楽しくもないの

スキ
7

少女の聖域|monomerone|ある少女の肖像

Text: Kayoko Takayanagi Sacred Heartは宗教的な祈りとお守りに代表されるモチーフです。炎の灯った心臓を表現したこの形は聖なる花である薔薇や百合が装飾されておりますが、この小さな聖心には元の持ち主である少女の心が表現され、心を護るお守りとしての祈りが込められています。  .....monomerone  Sacred Heart、聖心。  キリスト教で、イエスの人類に対する愛の象徴である心臓を表す言葉である。表徴としては、槍が突き刺さり茨の

スキ
6

少女の聖域|DAY 4

再び聖域の扉が開きました。 菫色の小部屋にまた不在の少女が現れます。 光の下でも暗闇の中でも、きむらももこが描く「少女」の漆黒の瞳は揺らぎません。 なにかを堪えているように、なにかに耐えているように、じっとあなたを見つめる永遠の少女たち。 もしかしたらそれは何時か何処かで出会ったことがある少女かもしれません。 monomeroneが創る聖心も、かつて存在したかもしれない「少女」の御守りでした。 それはいまも変わりなくあなたに寄り添ってくれるはずです。  .....Kayo

スキ
3