見出し画像

どう思われるかではなくて、あなたはどう思う?

わたしがわたしであるということ。
魂と肉体という観点でも同じなんだな、と感じた。

表面上の優しさではなく、真の優しさ。
自己犠牲ではなくてね。

聞こえのいいカタチにまとめるのではなく、
魂の声と身体の声を一致させること。


愛とは、理解すること。
結局はここに繋がるんだよね。


どう思われるか
ではなくて、
自分自身がどう思うか。

自分を責めるのは簡単で、
でもそれは自分自身を傷つけてる。


まずは自分自身を理解すること。
それが自分自身を愛すること。

大野百合子さんのお話会へ行ってきました。

世界は5つ星レストラン。
欲しい!と思ったものは手に入らざるを得ない。

百合子さんがおっしゃっていたこと。

そう、やっぱり世界は鏡なんだよね。
いろいろなことの再確認ができた。


そして、あの時間は
魂がずっと抵抗してることにハッキリ気付いた時間だった。

何に、どうして抵抗してる?
本当はわかってるのに見ようとしないわたし(苦笑)

無意識はまだそうしていたいんだよね。
でも一部のわたしはもう充分だと感じていて、
そろそろそこからもう一段上がりたい。

無意識が納得して(諦めて?)くれるのを待ってるとこです。
どうやらわたしは、相手の魂の声と肉体の声のズレがわかるらしいよ(笑)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

❤ありがとうございます。わたしの中のこびとも喜んでいます。
5
生家の環境、複雑な家族関係、人間関係、子育てで悩んだ日々。 NLP、魔法の質問、アドラー心理学、仮面心理学に出会い、少しずつ自分を生き直しています。 (ほぼ)毎朝、漢字カード一枚引きをしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。