Takeshi Kameda

デジタルメディア研究所の亀田です。 高齢草野球チームの一員です。平均年齢 そろそろ70歳に突入。 写真の中央は 漫画とエッセイの東海林さだおさん 日本全国まわって仕事をしています。明治時代の実用書を現代語訳してみたり最近は 食と地域に関して いろいろと動いてます。次は宇宙だな~~

Takeshi Kameda

デジタルメディア研究所の亀田です。 高齢草野球チームの一員です。平均年齢 そろそろ70歳に突入。 写真の中央は 漫画とエッセイの東海林さだおさん 日本全国まわって仕事をしています。明治時代の実用書を現代語訳してみたり最近は 食と地域に関して いろいろと動いてます。次は宇宙だな~~

    マガジン

    • 橘川幸夫アーカイブ

      橘川幸夫の過去の原稿などをまとめていきます。

    • 亀田武嗣の日本全国うまいもの塾

      年間100日を日本各地に出向いて、地域の課題解決の相談にのっていた亀田武嗣(デジタルメディア研究所・主任研究員)による、足で探し、人と交流しながら得た情報。ネットでは探せないおいしい情報が満載。

    • 美味しい話 コロナが過ぎたら絶対に行く!!

      コロナ禍で出歩けない、地方に行けない、そんな時代に思うのは、あそこで食べたあれ。懐かしいと言うか、意地汚いというか、大好きな各地の食事を思いだしひたすら記録してます。

    • 奥村繁次郎 「諸国漬物法」

      大正七年五月四日印刷   大倉書店発行

    • 「国民日常大鑑」代表者 石黒専之助   題字 子爵 渋沢栄一

      発行者 国民教育会  大正十四年十月九日 発行 題字・序文 法学博士高田早苗 題字 前司法大臣  小川平吉

      • 橘川幸夫アーカイブ

      • 亀田武嗣の日本全国うまいもの塾

      • 美味しい話 コロナが過ぎたら絶対に行く!!

      • 奥村繁次郎 「諸国漬物法」

      • 「国民日常大鑑」代表者 石黒専之助   題字 子爵 渋沢栄一

    最近の記事

    美味しい話  果物  加工と生食

    以前大規模トマト農家を経営しているトマトの神様と話をしたことがある。毎朝圃場の土を食べて足りない肥料を確認する。糖度と酸味のバランスを調整して、仕入れ希望価格に合わせた「甘さ」のトマトを育成する。糖度を上げると面積単位の収穫量が少なくなるので価格が上昇する。しかし相手の希望仕入れ価格はそこまで高くない。糖度をそこまで上げなくても、酸味を調整することで「甘さ」を引き立てることができる。 そんなトマトの神様 以前欧州にトマトを持参し、こんな甘いトマトが日本では作れるんだぞと意気

      • 美味しい話 肉団子の甘酢あん

        子供の頃から肉団子が好きだった。甘酢あんの肉団子。 酢豚よりも肉団子。肉団子と焼き飯の組み合わせが本当に好きだった。   子供の頃食べに行っていたのが銀座にあった揚子江。ここの中華は冷やし中華のタレも、甘酢も結構甘みが強かったと思う。1960年代、70年代は中華といえば銀座揚子江だった。 その後は銀座中華第一楼。銀座松屋の道を隔てた反対側の地下にあった中華料理屋。ここの肉団子も好きだった。 そして銀座アスターもお気に入りだった。   銀座揚子江が無くなり、銀座中華第一楼も味が

        • 美味しい話 少しだけ気になる 03 大和堆

          この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

          • 美味しい話 少しだけ気になる 02 Doyenné du Comice

            天皇の料理番 秋山徳蔵シェフが1962年頃出版した 「味と舌」で有名になったのが幻の洋梨と言われるDoyenné du Comice ドワイエンヌ・デュ・コミス(カタカナ表記はいくつかあります)。通称コミス  「コミスの、あの品のある味」 「一片を口に入れる。とたんに、何ともいえない芳香と、トロリとした舌ざわりと、上品な甘さが、口いっぱいに拡がる。かす一つ残さず、アイスクリームのように溶けてしまう。実に素晴らしい逸品であった。」 洋梨の中でも古い品種で明治時代には日本で

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 橘川幸夫アーカイブ
            橘川幸夫 他
            ¥1,000 / 月
          • 亀田武嗣の日本全国うまいもの塾
            橘川幸夫 他
            ¥5,000 / 月
          • 美味しい話 コロナが過ぎたら絶対に行く!!
            Takeshi Kameda
          • 奥村繁次郎 「諸国漬物法」
            Takeshi Kameda
          • 「国民日常大鑑」代表者 石黒専之助   題字 子爵 渋沢栄一
            Takeshi Kameda
          • 孫六銭話 谷孫六著 大日本雄弁会講談社版
            Takeshi Kameda

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            楽しみ

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

            美味しい話 少しだけ気になる 01  特産品って

            WIKIを検索してみると 「特産品(とくさんひん)とは、ある特定の国や地域でのみ生産されたり、収穫される物品のことで、その地域を代表し、その土地の気候風土を生かした物品のことをいう。特産物(とくさんぶつ)、名産品(めいさんひん)、名物(めいぶつ)ともいう。」   たとえば鯵の干物がその土地の特産品と銘打っていたら、その土地で水揚げされた鯵を加工した商品だと思うわけです。しかし原材料を確認すると他の地域で水揚げされた鯵を使用している。これはその土地の特産品んまのだろうか? そう

            美味しい話 コロナが過ぎたら絶対に行く!! 32  ライオンズのピザ

            コロナ禍で無観客試合という時期があったプロ野球。そして客数制限を経て今シーズンは観客数制限無しの試合が開催されるまでになった。 昨日(2022年10月2日)は、シビレタ。10.02パ・リーグ決戦。ホークス対マリーンズとバファローズ対イーグルス戦を忙しなくチェックし、タモンズの「オリの晩酌」生配信をチェック。最後の最後まで目が離せない2試合だった。 ファイターズファンにとっては、その裏で試合が進んでいた、おそらく話題にならないであろう ライオンズ戦もチェックしないといけないの

            美味しい話 コロナが過ぎたら絶対に行く!! 31  三国甘海老

            「甘エビは1959年頃、初めて三国港で水揚げされたといわれており、カニ漁を行っていた漁師の網に偶然甘エビが入ってきたのを見た漁師が、海底の深くに生息しているのではないかと調査を開始。海底500mほどのところに生息していることを突き止めた。」 https://shun-gate.com/roots/roots_98/   昔から甘海老は食べられていた訳では無い。三国の甘海老漁と同年代の自分が子供の頃、甘海老の存在は知らなかった。大人になってから知ったのだと思う。一番初めに甘海老

            美味しい話 コロナが過ぎたら絶対に行く!! 30  日本全国ワンプレート洋食

            長崎名物トルコライス、全国でも有名なご当地グルメ。基本はピラフ・ナポリタン・豚カツの三種類盛りが一つの皿に載っている。豚カツがハンバーグになったりエビフライになったり、ピラフがドライカレーになったりチキンライスになったり様々なバリエーションがある。 長崎県のお隣、佐賀県には「シシリアンライス」がある、これも一つの皿に料理が全て乗っているタイプ。薄切り牛肉と玉ねぎがご飯の上に乗せてあり、その上にレタスやトマト、きゅうり、そして仕上げにマヨネーズ。 日本全国に、トルコライス的

            美味しい話 コロナが過ぎたら絶対に行く!! 29  青森県八戸市ままや

            日本全国出張をしていると、その町で落ち着いて飲みたい、食べたいと思うようになる。地元の人達と賑やかに飲むのもいいけれど、たまには一人でゆっくりとしたくなる。 何度も訪れる街では、そういう店を探すことになる。 八戸の中心街 八戸の屋台村「みろく横丁」に隣接している商業ビル「いわとくパルコ」の二階にある ままや はそんな店の一つ。 小さな店でカウンターと揚座敷がいっぱいになっても15名が限界という店。 ままやにはメニューがない。大皿料理が数種類ならんでいるが、基本は ままやの

            美味しい話 コロナが過ぎたら絶対に行く!! 28  青森県八戸市1虎鯖 谷口板長

            虎鯖 谷口板長 青森県八戸市は縁があって 何度も訪問している。八戸市を中心に近隣の南部町もお気に入りの場所。 八戸で初めて仕事をした際に知り合ったのが八戸ニューシティーホテルの谷口板長。15年ほど前のこと。当時板長はしめ鯖の商品化を考えていました。 八戸は、しめ鯖の生産量が日本一。日本全国どこに行ってもスーパーで売っているしめ鯖はほとんど八戸産。まあ名物ではあります。そんな中で板長のしめ鯖が勝ち残っていけるのか?疑問がありました。そこで食品のプロに相談。百貨店の催事担当者

            美味しい話 コロナが過ぎたら絶対に行く!! 27  高知県は美味しい5 高知県四万十市江川崎チャイルド地元のソウルフード チキンナゲット

            高知から電車で西に向かう。途中でJR四国予土線と、土佐くろしお鉄道中村線に分かれる。 土佐くろしお鉄道には中村駅がある。旧中村市、現在は土佐清水市。中村駅が昔から憧れの駅だった。映画「祭りの準備」のラストシーン。何回観ても泣いてしまうラストシーン。初めて中村駅を訪れた時は本当に感動した。 JR四国予土線で江川崎駅まで行く。四万十市西土佐での仕事はこの江川崎駅が起点となる。 江川崎駅近くの四万十牛本舗焼肉よこやまは、わざわざ愛媛県からも食べにくるお客がいるほど人気のお店。

             美味しい話 コロナが過ぎたら絶対に行く!! 26  高知県は美味しい5 高知県を西に向かう 土佐清水、宿毛、大月

            高知県の西 足摺岬の付け根に土佐清水市がある。清水さばとジョン万次郎で有名な土佐清水。 清水さばは、刺身で食べるのが美味しい。高知市内でも食べられるし、土佐清水なら足摺黒潮市場で食べることもできる。 そして大岐の浜のはまぐり。あまり知られていないが大岐の浜はまぐりは、大きい。本当に大きい。 足摺岬では接岸する黒潮を見ることができたりする。あまり知られていないが、足摺岬には「唐人駄場巨石群」がある。ここは奇怪な場所で、宇宙人やらピラミッドの空想や妄想が広がる謎の空間。 土佐清

            美味しい話 コロナが過ぎたら絶対に行く!! 25  高知県は美味しい4 高知県吾川郡いの町 あおぎお食事処・喫茶  とんびがやってくる

            高知には一級河川が4本ある。東から 物部川、吉野川、仁淀川、そして四万十川。 吉野川の河口は徳島県になるので、高知県内に河口がある一級河川は3本。 一番有名なのが四万十川だろう。ダムのない天然河川、沈下橋、カヤック等々話題が豊富。 個人的に好きなのが仁淀川。上流の仁淀川町には仕事で何度も訪問させてもらっている。 高知の名酒 司牡丹はこの仁淀川の美味しい水で作られている。 仁淀川の上流にあるいの町には瀧嵐の酒蔵 高知酒造がある。瀧嵐は仁淀川に行くと地元の人がいつも勧め

            美味しい話 コロナが過ぎたら絶対に行く!! 24  高知県は美味しい3 高知県高知市 帯屋町 レストラン コックドール 銀座の洋食

            以前 東京 銀座にあった洋食屋 コックドールの話を書いた。晴海の公団住宅に住んでいた子供時代の思い出の味。 https://note.com/kameda/n/n7144138b9ccd?magazine_key=m1dd7cf8dadeb 高知のひろめ市場近くに同じ名前の洋食屋がある。懐かしい名前。思わず入ってみた。 上品な洋食屋、静かな店内。高齢の女性が席に案内してくれた。 カニコロッケを食べたが、いかにも洋食らしくて素敵な味だった。好きな味。 高知のコックドー

            美味しい話 コロナが過ぎたら絶対に行く!! 23  高知県は美味しい2  馬次郎

            高知県は農作物の種類が豊富。野菜はもちろん果物栽培も多種多様だ。 高知の特産品に新高梨がある。 やたらとデカイ梨。新潟と高知の梨を掛け合わせて新高梨と伝えられていたが、どうやら違うらしい。 高知の針木地区は梨の産地で有名。霧の出る寒暖の差が大きい地区なのでおいしい果物がでいるとのこと。 針木地区にある 植田省三梨園は、植田さんがご夫婦で梨を育てている小さな農園。のんびりした風景がとてもいい。  植田さんの梨園では馬次郎を食用として栽培している。 馬次郎は古い梨の品種