漣の果てに。

20

漣の果てに。 第1話

平穏な水面は一つの滴でざわめく。──波紋。 揺れる。わずかに揺れる。 それは不規則に、静か…

漣の果てに。 第2話

「ナイスショット!」 伝統ある名コース箱根カントリークラブは、外輪山、内輪山に囲まれた…

漣の果てに。 第3話

高校二年時の同級生だった親友、大川佑の結婚式に出席した。附属高校だったため、大学も必然…

漣の果てに。 第4話

土砂降りの雨の音──雨はキライだ。 理由の一つに「傘」がある。差してても濡れるんだもん…

漣の果てに。 第5話

親父からの電話ですっかり目が覚めてしまった。おふくろが死んでもう一年になる。結局、おふ…

漣の果てに。 第6話

おふくろの一周忌。縁も所縁もないが、鎌倉の寺で一周忌法要を行うこととなった。寒さ厳しい…

漣の果てに。 第7話

赤坂。TBSのオールスター感謝祭で芸能人が走り回っていた街。正直それぐらいしか印象にない…

漣の果てに。 第8話

しばしの沈黙を破ろうと親父がもごもごと何かを言ったとき、廊下でスッスッともトコトコとも…

漣の果てに。 第9話

トイレの小便器に向かい、並んで用を済ませる。男の性(さが)でこの瞬間は無言だ。上品かつ清…

漣の果てに。 第10話

家に帰ってシャワーを浴びる。ネットで海外サッカーの情報を軽くチェック。もうすぐヨーロッ…