見出し画像

「ChatGPT」にSF小説を書いてもらったら恐ろしいくらい普通に面白い作品ができてしまった

梶谷健人 / Kent Kajitani

Open AIがリリースした対話型AI「Chat GPT」凄すぎますよね。

幅広い質問に答えてくれたり分からないコードを教えてくれたりと、すでにその完成度の高さが話題になっていますが、試しにSF小説を作ってとお願いしてみたら想像以上にちゃんとした小説が出来上がって衝撃を受けました…。

このnoteではChat GPTが実際に生成した小説と、それを制作するまでのChat GPTとのびっくりするくらい自然なやり取りを紹介します。

Chat GPTが実際に生成した小説作品

第1章 「最初の殺人」

街はいつもの喧騒で活気に満ちていた。人々は頭を下げて通りを歩き、ARの仮想世界に没頭していた。そこは何でもありの世界であり、現実は思いのままになる世界だ。

ジョン・ジョンソン刑事にとっては、それは単なる仕事の1日に過ぎなかった。彼はある目的を持って混雑した通りを歩き、その目はトラブルの兆候を探すために人混みをスキャンしていた。彼は長年刑事をしており、この街のことは熟知していた。

彼はある事件現場に向かっていた。この街を震撼させた謎の殺人事件の新しい事件現場である。被害者はすべて同じ方法で殺され、死体は誰もが見られるように路上に放置されていた。犯人は手がかりも目撃者も、何も残していない。

現場に到着すると、法医学の専門家チームと大勢の報道陣が彼を出迎えた。彼はバッジを高く掲げ、群衆の中を突き進んだ。彼は刑事であり、使命感に燃えていた。

彼は歩道の血だまりの中に横たわる死体へ向かった。被害者は若い女性で、その顔は恐怖の表情で固まっていた。彼女は喉を耳から耳まで切り裂かれ、無残に殺害されていた。

ジョンソン刑事は死体のそばにひざまずき、細部まで目を凝らした。彼は経験豊かな捜査官であり、これまで多くの恐怖を目にしてきた。しかし、「これは何か違う、何か不吉だ」と彼は思った。

彼は立ち上がり、法医学チームに向き直った。「犯人を見つけなければならない。そして、それを迅速に行う必要がある。」


第2章 「ハッカー」

殺人事件の捜査が進むにつれ、ジョンソン刑事は行き詰まりを感じていた。犯人は手がかりも目撃者も何も残していなかった。まるで、存在しないかのように。

しかし、そんな時、どこからともなく、昔の知り合いから電話がかかってきた。それはジェイク・ジョーンズというハッカーで、むかしある事件でジョンソン刑事に捕まるまで、違法なハッカーとして働いていたのだ。

「やあ、ジョンソン」 ジェイクは不機嫌そうな声で言った。「殺人事件のことは聞いたよ。力になれると思うんだ」

ジョンソン刑事は半信半疑だった。ジェイクのハッカーとしての評判は知っていたが、彼の犯罪歴も知っていた。「見返りは?」と聞くと

「自分の名誉を回復する機会が欲しい」とジェイクは言った。「自分のスキルを良いことに使いたい」と。

ジョンソン刑事はためらった。彼はジェイクを信用していなかったが、彼は得られるすべての助けを必要としていることも自覚していた。「わかった」と、彼は最終的に言った。「だが、おまえが裏切ったときは、俺はおまえを厳しく罰するぞ」

ジェイクはニヤリと笑った。「後悔はさせないよ、ジョンソン。犯人の手がかりをつかんだ。彼は高度なAR技術を使って痕跡を消しているんだ」。

ジョンソン刑事は目を細めた。「どうしてわかるんだ?」

「情報源はある」とジェイクは言った。「おれたちは迅速に行動しなければならない 犯人は捕まるまで止まらない。」

第3章 「追跡」

ジェイクの協力で、ジョンソン刑事は犯人の居場所を突き止めることができた。彼は郊外の廃倉庫に潜んでおり、高度なAR技術を使って精巧なイリュージョンと変装をしていたのだ。

ジョンソン刑事とジェイクは、銃を抜きながら倉庫に到着した。二人は暗闇に足を取られながら、倉庫の中に入っていった。犯人の声は、物陰の奥から低くささやくように聞こえてきた。

「見えてるぞ、ジョンソン」殺人犯は言った、彼の声は嘲笑している。「お前は決して私を捕えることはできないだろう。私はARの達人だ」

ジョンソン刑事とジェイクは視線を交わした。彼らは注意しなければならないことを知っていた。犯人は危険で、しかも高度な技術で正体を隠している。

二人は銃を構え、忍び足で進んだ。倉庫の端にたどり着き、犯人が物陰に立っているのを発見した。彼はバーチャルな変装を施しており、顔は闇のマスクで隠されていた。

犯人の声は冷たく、威圧的であった。「私には計画がある。何人にも邪魔はさせない。」

ジョンソン刑事は毅然とした声で「お前を逮捕する」と言った。「武器を捨て、降伏しろ・」

犯人は笑った。「私を止められると思うのか?私はARの達人なんだ。どんな現実でも作り出せる。お前らはただの駒に過ぎない。」

しかし、犯人が何かする前に、ジェイクは前に出た。彼は手を伸ばし、その手のひらから光線が放たれた。犯人の変装は消え、素顔があらわになった。

それは、ジョンソン刑事が知っている顔だった。かつての同僚であり、信頼し、尊敬していた人物の顔だった。しかし、今、彼は真実を見た。その男は裏切り者であり、自分の権力に溺れた狂人だったのだ。

ジョンソン刑事は、嫌悪感に満ちた声で「あなたを逮捕します」と言った。「我々と一緒に来るんだ」。

犯人は不敵に笑った。「勝ったと思っているんだろうが、それは間違いだ。私には同盟者がいる。彼らは私が自由になるまで休むことはないだろう。

なんとここでChatGPTがエラーになってしまいました笑
ジョンソン刑事とジェイクのこのあとの活躍がめっちゃ気になる!w


Chat GPTとのやり取り

ここからは実際にChat GPTとどのようなやり取りをして上記の小説を作成したかをお見せします。

基本Chat GPTは英語でやり取りした方が精度が高いので英語で入出力しています。(上記の小説はDeepLと一部手動で翻訳しました)

DeepLの翻訳と合わせてやり取りをご覧ください。




こんな感じのやり取りをずっと続けていって上記の作品が出来上がっていきました。

「Chat GPT」ちょっとやばすぎないですか?笑

あまりに凄いし面白いツールなので、これからも色々と触ってみようと思います。

ちなみに

これだけ優秀な対話AIや、Stable Diffusionのような画像生成AIが出てきている中で、芸術の価値や意義はどう変わるんだろうなーと思ってChat GPT先生に聞いたら、めっちゃくちゃ納得感のある回答が返ってきました笑


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
梶谷健人 / Kent Kajitani

XRを中心にテクノロジー、サービスデザイン・グロースについて考えをTwitterで日々発信しています。 👉 https://twitter.com/kajikent