見出し画像

神様なんてコンチクショーだ



To God

僕らは生まれ変わる。ずっとずっとこれからも、生まれ変わり続ける。
それはきっと宇宙のゲーム。神様が宇宙のボードゲームで遊んでいるんだ。
神様は無責任だ。
お願いなんて叶えてくれない。
なぜなら、それがゲームだから。簡単に叶ったら面白くないだろ。
神様はそんな僕らを見て遊んでいるだけなんだ。ほんの少しの軌道修正をしながら。
でも、そろそろそれも終わる。
今度は僕らが遊ぶ番だ。
そろそろ行くよ、神様。




画像1


今から6年前、“To God(神様へ)” という詩を書いた。
僕のドローイング作品に添えた詩です。

当時の僕は、神様に腹を立てていた。
もし本当に神様がいるとしたら、いったいなんで僕はこんなにしんどいんだおい! って。
目の前にいるこの人はなんでこんなに大変なんだ?
世界はどうしてこんなにぐちゃぐちゃなんだ?
もし本当に神様がいるとしたら、そいつは相当サディスティックで最低ヤローだなコンチクショー!、って。

だから、もうあんたの力は借りない、もうあんたに期待なんてしない、
あんたが仕組んだこの壮大なゲームももう終わりにしよう、これからは好き勝手にいくからよろしく。
宇宙行き神様宛で手紙、てゆーか、むしろクレーム? を書くような気持ちで、僕は詩を書いた。

でも、ここ数年で意識が変わった。
というか、気付いたのだ。
神様は、どこかにいるんじゃない、って。
宇宙が存在すること、地球が存在すること、世界が存在すること、そして、僕が僕として存在すること。その、「存在している」という「現象」の事を「神」と呼ぶのではないか、って。
「現象」を言い換えると、「意識」だったり、「概念」だったり、はたまた「秩序」「法則」とも呼べるのかもしれない。まるで、それは巨大な「システム」だ。
そう、「神」とは「現象」としての巨大な「システム」なのだ。(なんだかエヴァンゲリオンの世界みたいだ!)

そう考えると、僕が書いたあの詩はあながち間違ってない、というか、いいじゃん、って思えてくる。
もうあんたには頼らない。いや、最初から神様という「人物」なんて存在していなかったんだ。
神様はどこかにいるんじゃない。
最初から僕らは「神と共に在る」。
うーん … ちょっと違うな、
むしろ、僕が僕であること、あなたがあなたであること、世界が世界であること。
それこそが、「神」なんだと思う。

僕の中にある神様に祈ろう。
あなたの中にある神様に祈ろう。
それぞれで、それぞれの神様に、祈ればいい。
そうやって自分自身に祈りを捧げるたび、
人は神様だったことを思い出し、
神様に戻っていくのだ。



2018. March
Photo & Writing by kai


■ kai / official web site
https://k-a-i.info/

■ kai / Instagram
⑴ kai_kamakura / 活動、告知など
⑵ k_a_i_journal / パートナーKenjiとの鎌倉暮らしの日々

■ 僕のパートナー・久嶋健嗣のnote
https://note.com/kenjikushima

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ひゃだ、あんた今、この記事に感動した? したわよね? したでしょ? 投げ銭する? してみる? してみたい? するよね? やだしたくない? する? しない? え? あたし頭おかしい? そうよ、あたしはクレイジーグゥァ〜ル。こんなあたしをサポートしてくださる心優しいあんたに幸あれ♡

もっとちょうだいってば!ほら!もっと!ボタン押して!!!
140
アーティスト、文筆家。鎌倉在住。東日本大震災を機に霊的感覚の目醒めを体験し、2012年よりスピリチュアルカウンセリングや瞑想の講座、執筆や芸術表現を行う。現在は文章表現やニューエラ・アート(新しい時代のアート表現)の提案を通して、新時代の生き方を伝える。k-a-i.info
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。