認定NPO法人 野生生物保全論研究会

1990年からずーっと野生生物と共に生きる未来を考え続けている会。国際会議の参加報告や研究会の成果など、一般向きじゃないからと発信されないことを、あえて発信します。 https://www.jwcs.org/

WHO等に世界のNGOから野生動物の取引停止を求める公開書簡を送付

2月11日、JWCSを含む200を超える世界のNGO・個人は、WHO(世界保健機関 )、OIE(国際獣疫事務...

3月3日 世界野生生物の日

3月3日が世界野生生物の日と決まったのは、2013年12月の国連総会です。1973年3月3日にワシント...

なぜ日本の象牙市場閉鎖が求められているのでしょうか

なぜ日本の象牙国内市場の閉鎖が世界から求められているのでしょうか。2019年8月にスイスで開...

シンポジウム「サメの世界を知る―絶滅のおそれのあるサメ」記録集

ワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物種の国際取引に関する条約、CITES)では、条約...

サメシンポジウム「香港でのフカヒレ取引と規制」

1人当たりの水産物の消費が突出して多い香港。しかし「持続可能な水産物」に向けての官民挙げ...

サメシンポジウム 「魚の物語:サメ、漁業、そして未来」

なぜサメが絶滅の危機にあるのかをその生態と漁業の現状から解説します。またなぜワシントン条...