suzuco

書くことが好きです。人生の後半、自分と向き合う時間を大切にしたくて始めました。まずは心の整理のために。そしていつか、心の温度が同じ方たちと繋がれたらいいなと思います。◇Panasonic×note「#あの失敗があったから」入賞

suzuco

書くことが好きです。人生の後半、自分と向き合う時間を大切にしたくて始めました。まずは心の整理のために。そしていつか、心の温度が同じ方たちと繋がれたらいいなと思います。◇Panasonic×note「#あの失敗があったから」入賞

    マガジン

    • 忘れられない言葉たち

      強く共感したもの。心を突き動かされたもの。また読みたいとふいに思い出す素敵なnoteを入れさせてもらいました。やわらかな言葉に、切なさに、激しさに、もう一度スキを。

    • 花束みたいな言葉たち

      優しく包んでくれるもの、道を照らしてくれるもの、心をあたためてくれるもの。私のこれからに力をくれた素敵な作品を集めさせてもらいました。

    • 読んでもらった言葉たち

      コンテストや企画に参加したものの中からピックアップ。時々入れ替えながら束ねています。贈っていただいた大切なコメントも一緒に。

      • 忘れられない言葉たち

      • 花束みたいな言葉たち

      • 読んでもらった言葉たち

    最近の記事

    固定された記事

    ありがとうを今、やっと

    サザンオールスターズのCDを6枚借りて車に乗った。懐かしいメロディが私を遠い昔に連れて行く。19歳、心の平熱が高く、悲しいはずの涙さえ輝いて見えてしまう年だった。 久しぶりに聴いてみようと思ったのには訳がある。5月初旬、今から出張でアメリカに行くというメッセージが届いて、心の一部が過去と繋がったからだ。日常が戻りつつあるうれしさに、渡米の不安をそっと混ぜこんだ文章。送り主は昔、軽音サークルでサザンオールスターズを歌っていた人だった。 センパイは大丈夫だよ。そう送ったメッセ

    スキ
    74
      • 真夜中にインターネットで祭りの続きを

        6月、noteもTwitterもゆっくり追う時間が取れず、いつも そわそわしていた。 そんな中、ぽのこさんのツイートを見つけたのは素晴らしい偶然だったと思っている。真夜中インター?なんだろう。山羊さん、野やぎさん、サラさんの名前も上がってきている。 その日は訳もわからずTwitterを閉じた。 同人誌が発行されると知ったのは数日後の夜中。あ、そういうことだったんだ。迷わず申し込んだ。 タイムラインをさかのぼると、多くの方が『真夜中インター』を話題にしていた。今更かもし

        スキ
        38
        • 哀が愛を連れてきた #呑みながら書きました

          こんばんは。お世話になります。suzucoです。 呑み書き、12回目なんですね!おめでとうございます。年4回dsから3年か…すごいなぁ。 マリナさん、いつもありがとうございます。筆が遅い私もこの企画の時はどんどん書き進められる。いい感じに息継ぎができるような感じがうれしくて、楽しませてもらっています♪ 今回は、8回目。こういう席だから、何か明るい話をなんmて考えていたんですけど、このところ心がドタバタ忙しくて。喜怒哀楽なんでもありということだから今日は「哀」を。めんどくさ

          スキ
          45
          • だから、あなたには同じものを

            朝9時、チャイムが鳴った。パソコンの前に座ったままモニターの向こうに視線を移す。レースカーテンの隙間から見えたのは白い軽のワンボックスで、ちょうどドライバーが荷物を運び出しているところだった。佐川急便のお兄さんじゃない。珍しいなと思いながらインターホンに出ると、「お荷物のお届けにまいりました」という女性の声が返ってきた。 ゆったりとした動きでゆうパックを手渡してくれる配送員。失礼だけど短時間に多くの荷物を届けるこの仕事は適職ではないようだ。けれど「大切な荷物を手渡す」という

            スキ
            76

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 忘れられない言葉たち

            • 226本

            強く共感したもの。心を突き動かされたもの。また読みたいとふいに思い出す素敵なnoteを入れさせてもらいました。やわらかな言葉に、切なさに、激しさに、もう一度スキを。

          • 花束みたいな言葉たち

            • 102本

            優しく包んでくれるもの、道を照らしてくれるもの、心をあたためてくれるもの。私のこれからに力をくれた素敵な作品を集めさせてもらいました。

          • 読んでもらった言葉たち

            • 53本

            コンテストや企画に参加したものの中からピックアップ。時々入れ替えながら束ねています。贈っていただいた大切なコメントも一緒に。

          • 忘れられない言葉たち

            • 226本

            強く共感したもの。心を突き動かされたもの。また読みたいとふいに思い出す素敵なnoteを入れさせてもらいました。やわらかな言葉に、切なさに、激しさに、もう一度スキを。

          • 花束みたいな言葉たち

            • 102本

            優しく包んでくれるもの、道を照らしてくれるもの、心をあたためてくれるもの。私のこれからに力をくれた素敵な作品を集めさせてもらいました。

          • 読んでもらった言葉たち

            • 53本

            コンテストや企画に参加したものの中からピックアップ。時々入れ替えながら束ねています。贈っていただいた大切なコメントも一緒に。

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • どこにいても、いつになっても、思い出せる人たちと

              昔から、年より若く見られることが多い。 人生を折り返した今でこそありがたみを感じているが、それが嫌な時期もあった。多感期は幼く見られることが物足らなく、社会に出てからは未熟だと言われているようで恥ずかしかった。 あの頃はそれでよかったのだと思う。でももし昔の私に会えるのなら、あなたは今、たくさんの選択肢を手にしているんだよと伝えたい。何を選ぶのも、選ばないのも自由。今ならどこにでも行けるから、と。 年を重ねるごとに実年齢との差が減ってきて、近年ではかろうじてというところ

              スキ
              40
              • 「甘い」 がわかるお年頃 #呑みながら書きました

                こんばんは! 呑み書き参加します。マリナさんありがとうございます。 ふわっとした気持ちで書けるこの企画にすごく救われてる一人です。 過去2回、ちょうど仕事でコーヒー参加だったんですけど、今日はアルコールです。飲みはじめつ前、ええ、呑み始める前にTwitter見ていたら おもちさんと同じお酒でした。おそろい〜。 6Pチーズが好きです。あとドライフルーツも好き。 あの、私いま実家にいるんですけど、ここにピアノがあるんです。小さい頃、おじいちゃんが買ってくれたアップライトピア

                スキ
                62
                • 80%の空が教えてくれたこと

                  今日を逃したらもうダメだ。 青空の下、洗濯物を干しながら思った。 このあと定期検診の母を病院に送り、父のお墓を掃除して、もう一度母を迎えに行く。残っているのは掃除機がけと食材の買い出し。あまり得意でない母とのおしゃべりも含めて妹に任せてもいいだろう。息子は部活があるから家に戻るのは5時過ぎ。急ぎの仕事はないし、要約筆記講座の課題は…まだ手もつけていないけれど、夜やればいい。 今日しかない。 * いろいろな事情が重なって、息子と私は今 実家で過ごしている。妹家族が同居中

                  スキ
                  285
                  • 自分のために、願わくば、まだ見ぬ人の笑顔のために

                    「たくさんチャレンジして失敗して悩みなさい」 冬休みが明ける直前、中1の息子宛に年賀状の返事が届いた。 去年、卒業式で男泣きしていた小学校時代の担任から。 近況を尋ね、自分の今を伝えるあたたかいメッセージの最後の一文。息子はハガキをみつめたまましばらく考えていたようだった。それについて確認はしなかったけれど、きっと心にストックしたのだろう。 大人と呼ばれるようになってから失敗を避けるようになった。どちらかといえば無鉄砲な性格の私は失敗に対する恐怖心は人より少ないと思う。

                    スキ
                    50
                    • 頼り、頼られ、生きていく

                      起き上がれない。 こんなことが自分におきるとは思っていなかった。 平日はいつも通り。なのに休日になると布団から出られなくなる。何もしたくない。お腹も空かない。音も受けつけない。 *** もう二十年近くも前のこと。有名メーカーの通販カタログ制作に携わった。職場は小さなデザイン事務所だったから、突然決まったその仕事は、会社の柱の一つとなった。 腕の良いクリエイターとはいえなかった私は、それまで、会社では保健係のような立ち位置だと自覚していた。社長からは他社とのパイプ役になる

                      スキ
                      40
                      • いつかサンタクロースになるきみへ #2021クリスマスアドベントカレンダーをつくろう

                        サンタさんっているのかな。 聞かれたのではなく、聞いてみたいんだ。 いつの日か息子に。 *** 「ママ、去年のことは気にしないでくださいって英語でどう書けばいいの?」 去年? そうだった。Switchの抽選に外れて、リクエスト通りのプレゼントを渡せなかったクリスマス。苦し紛れに手紙を準備した夜を思い出す。 息子がサンタクロースにお願いしたのはキャラクターケース付きのスペシャルなSwitchだった。小3へのプレゼントには高価すぎるかと悩んだけれど、結局 贈ることに

                        スキ
                        47
                        • 忘れられないオンナ #呑みながら書きました

                          こんばんは。suzucoと申します。 呑み書き10回記念なんですね。おめでとうございます! 私も今回で6回目の参加になりました。 マリナさん、あきらとさん、いつもありがとうございます。 実は今日は、以前kaoruさんが選んでくれた日本酒を思い切って開けてみようかと思ってたんです。(でもホント、ステキだなぁ、自分の好きなことがみんなを幸せにできちゃうなんて) このとき紹介していただいたのは、黒いラベルのもっと大きいサイズだったんですけど、なかなか友達と呑んだりもできないし

                          スキ
                          40
                          • 心を巻き戻して

                            いつもと違う道を走っていたら、真っ白なガーデンフェンスにちょこんと座っているスノーマンと目があった。おはようと声をかけて慌てて振り返る。よかった、誰にも見られていない。 息子を学校に送り出して、そのまま近所を軽く走る。大忙しの日と天気の悪い日を除いて、そんなふうにスイッチを入れている。月を見ながら走るのも好きだったけれど、誰もいないと思っていた道で人に出くわしてから急に怖くなってしまった。試しに朝日を浴びて走ってみたら心地よくて、そのまま日課になった。時間を気にせずシャワー

                            スキ
                            36
                            • イライラにはごちそうを

                              想いを込めればきっと。 がんばって続ければきっと。 いまどき流行らないと言われそうだけれど、私はそういうものを信じて生きている。プライベートな部分に限って言えば、行動の軸にある思いは大抵の場合このふたつ。だから自分がやってきたことに対して多くの人に満点をつけてもらえるとは思っていない。 作り出すものに関しても同じ。自分が素敵だと思えば、いやもっと言えば、目的から外れず、確かな意思がそこにあれば、見た目の美しさだけにこだわったりしない。 例えばそう、 小さな子がにぎった

                              スキ
                              30
                              • あなたの夜に届きますように

                                眠れていますか? そんな書き出しで手紙を送りたい人がいる。 私は彼女の名前も顔も知らない。 *** 眠れていますか? あなたが記事を更新するのも、スキを押してくれるのも真夜中が多いから、私は何度もnoteを開いてはあなたを探してしまいます。そして新しい記事が流れてこないのを確認して “眠れているからだ“ と “書ける状況ではないのかも“ を行ったり来たりしています。 こういう形で手紙を書いていいのか、ずっと迷っていました。でも直接メッセージを送ってしまったら、あなた

                                スキ
                                75
                                • 息子と私は同級生

                                  習い事の帰りに立ち寄ったフードコートのアイスクリームショップ。 こんなにたくさんのフレーバーがあるというのに息子はバニラしか頼まない。なんだかもったいない気がして他のものを勧めるけれど首を縦に振ったことは一度もなく、じゃぁせめてとホイップ付きの割高なメニューをオーダーさせる。 反対にバニラだけは頼めない私はケースの前で迷い続ける。そうならないように前もってメニューを見ておいたのに、それでも迷う。新作のピスタチオと大好きなストロベリーの二択。そこまで絞っておいたのに実際にミド

                                  スキ
                                  41
                                  • 手放すなら思いを込めて

                                    手放す直前にもう一度輝くような感覚。 すごく昔にもあったな、なんて思いながら 悩むこと数日間。 いくら悩んだってやることは決まっている。 感染症の影響で延び延びになっていた縮毛矯正をかけること。 準備するのは5時間半の施術時間と3万円。 グズグズ悩んで、周りに励ましてもらって、やると決めたはずなのに。予約日前日、思いのほか満足のいくスタイリングができて気持ちが振り出しに戻ってしまう。なんて単純な思考回路。 私は何のために誰のために縮毛矯正をするんだっけ? 今が昭和 真

                                    スキ
                                    29