見出し画像

noteの使い方、機能紹介

noteは、クリエイターが文章やマンガ、写真、音声を投稿することができ、ユーザーはそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。

だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。プロもアマも混ざり合って、好きなものを見つけたり、おもしろい人に出会えたりするチャンスが広がっています。

つくった作品(記事)は、通常のブログやSNSなどと同様に無料で公開することもできますし、販売することも可能です。

・新作を発表して読者やファンと交流する
・とびっきりの自信作の記事を売る
・あこがれのクリエイターの記事を買う

クリエイターとファンの、まったくあたらしい交流のかたちをお楽しみいただければ幸いです。

5つの投稿形式

スクリーンショット 2020-04-30 12.31.05

noteでは、さまざまな用途に使える、5つの投稿形式の記事がつくれます。以下に、それぞれの使い方を説明します。


画像2

▲ つぶやき
フォロワーのみんなと楽しく会話をするための投稿形式です。 短文テキストと画像が投稿できます。

画像3

▲ 画像
写真やイラストを手軽に投稿するための投稿形式です。 無料で公開するだけでなく、販売することも可能です。

画像4

▲ テキスト
これ以上なくかんたんに、美しい記事を作成できます。 無料で公開するだけでなく、記事の販売も可能です。

画像5

▲ 音声
オリジナルの音楽を、多くの人に公開できます。オンラインでも試聴できますし、販売も可能です。

画像6

▲ 動画
動画を投稿するために使います。YouTubeやVimeoなどと手軽に連携できます。

マガジンについて

画像7

マガジンを使うと、複数の記事をたばねることができます。自分の記事をたばねて、カテゴリー別に分類したり、売り物だけまとめることもできます。また、他の人の作成した記事をたばねて、キュレーションメディアを作ることも可能です。  

画像8

マガジンに記事を追加するには、タイムラインに表示される「マガジン」ボタンを使います。

テキストの場合は、公開直後に追加することもできます。

画像9

マガジンのもうひとつの特長は、フォローできることです。フォローしているマガジンに記事が追加されたときは、自分のタイムラインに表示されます。必要な情報を逃さずに見ることが可能です。  

画像10


画像11


記事・マガジンの販売について

記事やマガジンを有料で販売するときは、税込み100円〜10,000円で好きな価格を設定していただけます。

noteは、売上金額から決済手数料を引いた額の10%を、手数料として申し受けます。決済手数料は、クレジットカード決済では売上金額の5%、携帯キャリア決済では売上金額の15%です。

※表示価格はすべて税込み表示です。


売上金額のお振り込みについて

前月末までの未振り込みの売上金額が合計1,000円以上の場合、ご登録いただいた銀行口座へのお振り込みが可能となります。

毎月25日までにお振り込みを申請いただくと、前月末までの未振り込み分の売上金額から決済手数料・プラットフォーム利用料を引いた額をすべて、指定の口座にご入金させていただきます(その際、お振込手数料として260円を差し引かせていただきます)。

スキ、ありがとうございます☺️
1741
ミッションは、「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」。noteの最新情報や機能カイゼンを紹介していきます。 note編集部 : https://note.com/notemag || noteイベント情報 : https://note.com/events

この記事が入っているマガジン

一般noteユーザーが集めるnoteマガジン
一般noteユーザーが集めるnoteマガジン
  • 1432本

noteの素敵さや可能性を集めています!共同運営なので、興味のある方は招待します!どんどんnoteに関する記事を集めましょう!